おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
EŠENVALDS/The Doors of Heaven
c0039487_20564723.jpg




Ethan Sperry/
Portland State Chamber Choir
NAXOS/8.579008


エリクス・エシェンヴァルズは、1977年にラトヴィアに生まれた作曲家です。ラトヴィアは、エストニア、リトアニアとともに「バルト三国」と呼ばれ、合唱が盛んな国として知られています。このエシェンヴァルズもおもに合唱のための作品をたくさん作っているまさに「売れっ子」の作曲家です。
手元には、2010年に録音されたレイトン指揮のポリフォニー盤(HYPERION)と、2015年に録音されたクリャーヴァ指揮のラトヴィア放送合唱団盤(ONDINE)がありました。それらを聴いて、この作曲家の作品には、かなり惹かれていました。もはや「アヴァン・ギャルド」と呼ばれるような音楽とは無縁になっている世代ですから、技法的にはとてもオーソドックスなものなのですが、ハーモニーの表現ツールとしてかなり細分化された音の塊を扱う、まるでリゲティのようなところがあるのが魅力的でした。
ただ、それを歌う合唱団はかなりのポテンシャルを要求されるのではないか、という気はしました。この2枚のCDで歌っている団体は、どちらも非常に高水準のテクニックと音楽性を備えていましたから、そんなエシェンヴァルズの音楽を、それぞれに方向性は異なるものの、しっかりと聴く者に使えることに成功していました。と同時に、これはアマチュアが手を出したりするのはかなり危険なのではないか、という印象も強く持ちました。
今回、2016年に録音されたNAXOS盤では、アメリカのポートランド州立室内合唱団という合唱団が歌っています。フーゾクではありません(それは「ソープランド」)。設立されたのは1975年、ポートランド州立大学の優秀な学生だけをピックアップして、このような名前のハイレベルな合唱団が結成されたのです。それ以来、ロバート・ショーやエリック・エリクソンなどの大指揮者との共演もあり、この合唱団のレベルには一層の磨きがかけられ、多くのコンクールに入賞したり、世界的なツアーを敢行したりするほどになりました。ポートランドで生まれた合唱作曲家、ローリゼンにも絶賛されています。レコーディングも数多く行っており、その中にはあのトルミス直々に指名されて録音したものも有るのだそうです。凄いですね。
とは言っても、基本的にアマチュアの合唱団ですから、エシェンヴァルズでは、果たしてこれまでの合唱団と対等に渡り合えるほどの演奏を聴くことはできるのでしょうか。なんせ、このアルバムでは収録されている4曲中の3曲までが、すでにさっきの2枚のCDに収められているのですから、ハードルはかなり高くなります。
それ以前に、この「The Doors of Heaven」というアルバム・タイトルに、ちょっと引っかかります。これは、ここで演奏されている作品のタイトルではないんですね。調べてみると、「Rivers of Light」という曲の歌詞の一部だと分かりました。「冬の夜には空一面が光の川であふれ、天国への扉が開く」とオーロラに彩られた北欧の夜空が歌われています。そんな美しい光景をイメージしたタイトルだったのでしょう。たしかに、そんなカラフルなイメージは、この中のどの曲からも受け取ることはできます。
ただ、それだけには終わらない、もっと強靭なメッセージが彼の音楽には込められています。それは、このアルバム・タイトルの元では決して伝わって来ることはありません。
そんな風に思ってしまったのは、この学生合唱団のレベルが、明らかにこれまでのCDの団体よりも数段劣っていたからです。どちらにも入っていた「A Drop in the Ocean」では、後半になるとぼろぼろになっているのがはっきり分かりますからね。ここで初めて聴くことが出来た先ほどの「Rivers of Light」も、前の2つの団体だったらもっと精緻なハーモニーが味わえるのに、と思ってしまいます。テナーに、とても目立つ悪声の人がいるんですよね。プロだったらありえないことです。
その程度のものでも構わないのでは、と思ってこのようなタイトルを付けたのであれば、それは作曲家に対する冒涜以外の何物でもありません。

CD Artwork © Naxos Rights US, Inc.

[PR]
# by jurassic_oyaji | 2017-10-17 20:59 | 合唱 | Comments(0)
コンサートは2時間半
 エルガーの作品ばっかりを演奏するというニューフィルの定期演奏会が終わりました。まさか自分の手でエルガーを演奏するなんて思ってもみませんでしたが、確かにとても美しい曲であることが分かりました。しかし、なんとも演奏者としては戸惑いも感じられるような作品ではありました。なにしろ、本番の日になっても、まだ落とし穴がいっぱい残っているのですからね。いや、音は全然難しくないのに、なぜか突然自分の居場所が分からなくなってしまう、という、とても恐ろしい曲だということが、練習を重ねるにつれて分かってくるのですから、嫌になります。これを完全に克服するためには、もうあと何回かの納得のいく指揮者練習が欲しかったと思っています。なにしろ橘さんは忙しい方ですから、普通に6時間の練習を2日連続、ということがほとんどできなかったので、お互い何か踏み込んでいけないところが残ってしまったのでしょうね。もちろん、それをカバーできるほどの自主練習が出来れば問題はないのでしょうがね。
 今日の本番は、9時50分からゲネプロが始まるという予定なので、もう9時過ぎには次々と萩ホールにメンバーが集まってきましたが、会場は9時半にならないと使えないというので、しばらく外で待機です。結局9時20分には開けてもらえたので、さっそく音出しをしたかったのですが、まず私は録音の準備をしなければいけません。いつものようにD-100を持ち込んで、吊りマイクから録音させてもらうんですよね。ハイレゾで。
 ところが、ホールのスタッフにそのことをお願いすると、何も聞いていないというのですね。どうやら、団長の連絡ミスのようでした。その場ですぐケーブルを手配して接続してくれたのですが、レコーダーでモニターしても信号が来ていません。スタッフがあちこちいじって、やっとつながるようになりましたよ。そんなところで時間を食ってしまったので、そのままステージに荷物を持っていったままスタンバイ、ギリギリ練習開始に間に合いました。
 後半は降り番だったので、そのリハーサルの録音をモニターしながら、席取りです。このホールには、県民会館のようなまとまってお弁当を食べられる場所がないので(以前はあったのに、そこは今はカフェになってしまいました)、きのうから目を付けていた格好の場所を押さえておこうと思ったんですね。そこは誰でも座れる場所のようで、それこそニューフィルを聴きに早めにやってきたお客さんなんかも座っていたりしますが、なんとか4人分は獲得できたので、そこに陣取って録音を聴いたり、ちょっと外に行って写真を撮ったりしていました。
 やがてリハーサルも終わり、フルートパートはしっかりそこでお弁当を食べられましたが、他のパートの人たちはなんだか食べるところを探してウロウロしていたようでしたね。見事に私の予想が当たったようです。今頃探しても、もう遅いんですよ。
 お弁当を食べ終わる頃には、もう会場の前には列が出来ていました。開場間際に見に行ったら、
 長蛇の列でしたね。
 そろそろ開演の準備をしなければいけないので、レコーダーを元に戻してセットしてみると、電池が少なくなっています。そういえば、モニターの時には別の少なくなっていた電池に替えてあったのでした。ですから、元の電池に戻せばいいのですが、なぜか同じ種類のものがもう1セットありました。それに変えたら、相変わらず電池はなくなる手前、もう一つのでやっと満タンになってました。こんなことをやっていたので、あわてて着替えをしたらもう開演時間になっていましたよ。
 レコーダーの方は、まだ問題がありました。前半は大丈夫なのですが、後半は確実に1時間を超えてしまうので、ハイレゾで録音しているとファイルが途中で切れてしまうんですよ。音自体は途切れないのですが、そこをつなぐには、前のファイルを一旦分割して小さくしてから連結しないといけないんですよね。それが面倒で。
 ステージに出てみると、ホールの中は、1階席とバルコニーはほぼ満席でしたね。2階席はパラパラだったので、ちょっと1000人は無理かな、と思いましたが、結果は813人、前回ここで橘さんが「オケコン」をやった時は705人でしたから、これは「快挙」と呼べるのではないでしょうか。
 そして、奇跡は起こりました。出来上がった後半のファイルは、確かに2つになっていました。88分ほどかかったので、1時間のところで分割されていたんですね。しかし、その分割点は正確に第3楽章と第4楽章の間でした。つまり、何も手を加えなくても、理想的な場所で区切られていたのですよ。これは、最初に行った橘さんのトークが、絶妙の長さだったから。長すぎても短すぎても、このポイントで区切ることはできなかったのです。つまり、ホールで用意していたCDレコーダーでは、80分以上は録音できないので、これはまさにバックアップとしても役に立っていたのでした。その場で、そのままHさんに持って行ってもらいましたよ。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2017-10-15 23:49 | 禁断 | Comments(0)
BACH/Magnificat in E flat
c0039487_22590790.jpg



John Eliot Gardiner/
Monteverdi Choir
English Baroque Soloists
SDG/SDG728


最近、以前に録音していたバッハの大作を次々に録音し直しているガーディナーですが、今回はちょっと小さめの曲、「マニフィカート」です。ご存知のように、この曲にも受難曲同様、改訂された楽譜が存在しています。現在最も頻繁に演奏されるのは、その改訂稿のほう、というか、ただ「マニフィカート」と言った場合は、間違いなくそちらのことを指し示します。それに対して、改訂前のものには「第1稿」、もしくは「変ホ長調版」という但し書きが必要になります。そう、この曲は改訂の時に調性(キー)まで変えられてしまったのですね。改訂稿は半音低いニ長調になっているのです。
別に半音ぐらい違ったってそんなに違いはないのでは、と思われるかもしれませんが、それは平均律にどっぷりつかってしまった現代だから言えることです。早い話が、この曲が作られたバロック時代の横笛のフルートはニ長調で吹く時に最もよい響きがするように出来ていました。この頃のフルートは穴の数が少ないので、そのニ長調で吹く時には単に穴を1個ずつ開けていけば自然に音階が出来るのですが、半音高い変ホ長調になると、空いた穴の隣の穴をふさぐといった特殊な指使いをしないと、音階が吹けません。それは指使いが難しいだけではなく、音色そのものも濁ってしまいます。
ということで、変ホ長調の第1稿には、フルートは使われてはいませんでした。1曲だけ、「フラウト・ドルチェ」という名前の「フルート(フラウトはイタリア語でフルートのこと)」が2本使われているのですが、これは縦笛のフルート、つまり「リコーダー」で、オーボエ奏者が持ち替えで演奏していました。
さらに、これはバッハがライプツィヒに赴任した年、1723年のクリスマスのために作られたので、本来の「マニフィカート」のテキストの他に、4曲のクリスマスの聖歌が挿入されていました。しかし、その後、1730年代に、クリスマス以外の用途にも使えるようにその聖歌を「排除」して改訂を行ったのが、ニ長調の改訂稿です。第1稿は、現在の楽譜では、このようにその聖歌はきちんと場所が決められて印刷されていますが、バッハの自筆稿ではそれらは最後にまとめて書かれてあり、どこに挿入するかという指示が付け加えられていました。そういうことですから、これらを外すことも最初から想定していたのでしょうね。
ガーディナーがこの曲をPHILIPSに録音したのは、1983年でした。その時には「普通の」改訂版を演奏していましたが、今回、2016年のクリスマス近くに、おそらく教会で行われたコンサートと前後して録音されたものは、「第1稿」によるものでした。ですから、当然聖歌が歌われています。ただ、フルートは他の曲では使われるので、この曲でのリコーダーはオーボエ奏者ではなくフルート奏者が演奏しています。
新旧の録音には30年以上の隔たりがありますから、合唱もオーケストラもほぼ全員が他の人に入れ替わっているはずです。ですから、最近聴いた「ヨハネ」「ロ短調」「マタイ」、と同様、かなりの点で変化は見られます。最も強く感じたのが、今回の合唱のおおらかさ、でしょうか。旧録音では、合唱はとても厳しい姿勢で音楽に立ち向かっていたという印象がありました。メリスマなどはそれこそ正確無比の完璧さを聴かせていましたが、そのあまりの潔癖さには、ちょっと息が詰まるほどの圧迫感がありました。しかし、今回は見事に肩の力が抜けた、聴いていて気持ちの良いものに変わっていましたね。
オーケストラも、最後の「Gloria Patri」のトゥッティで楽譜上は付点音符のところを、以前は当然この時代の習慣に従って厳格に複付点音符できっちり合わせていたものが、今回はかなりユルめのリズムに変わっています。
そして、彼らの演奏で初めて聴いた聖歌が、やはりとても気持ちの良いものでした。特に3曲目の「Gloria in exelsis Deo」の軽やかさは、今まで聴いてきたどの演奏にも見られないものでした。

[PR]
# by jurassic_oyaji | 2017-10-14 23:01 | 合唱 | Comments(0)
ここの料金所は、近づきすぎると自動ブレーキがかかってしまいます
 きのうの最後の指揮者練習は、同時に新しい「かいほうげん」と日程表が出来た日なので、私はいつもの楽器が入ったカバンと普通のトートバッグ、それに、印刷物が入った小さめのトートと、3つ抱えて地下の駐車場から会場の交流ホールへ向かいました。着いたのは6時ちょっと前だったので、楽器は扉の前に運んでありましたが、まだ中に入れません。早めに来た人は、ロビーのソファーのような物(背もたれがありませんから)に座って待っていますが、そんな中にごく普通のたたずまいで座っている人が、指揮者の橘さんでした。スコアを広げていなければ、見慣れないエキストラさんのような感じで、すっかりなじんでいましたね。そこでさっそく出来立ての「かいほうげん」を1部進呈、橘さんが写っているページを教えてあげました。「いつも、素晴らしいですね」なんてお世辞を言われてしまいましたよ。
 今回の号では、写真にまつわる話題が豊富でしたね。まずは、団員に自己紹介のページで、いつも楽器を演奏している写真を撮っているのですが、今回はちょっと趣向を変えて、指揮練の時に実際に演奏しているところを撮ってみました。いつもはヤラセなんですよね。ホールの客席の一番後ろから望遠レンズで撮ったものをトリミングして、使ってあります。その、いかにも「盗撮」っぽいテイストを、ご本人はいたく気に入られたようで、Facebookのプロ写に使いたいというので、元の写真を送ってあげました。それをアップしたら、コメントで炎上してたようですね。
 それと、Iさんから頂いている原稿にも、チラシの写真などがたくさん載っているのですが、それを見た方が、「知り合いが載っているので、送ってあげたいです」というので、PDFにして送ってあげました。なかなか、楽しい出会いがありましたね。
 出会いでPDFというのは、この前のネタですが、あの新聞記事の件はなんだかいやな結果になってしまいましたね。一応記者さんにこんなことをやりたいのだということを伝えたら、非常に喜ばれたのですが、実際の著作権は新聞社の方にあるので、そちらに確認してくれ、と、さる部署のさる方をご紹介していただきました。さっそくその方に電話をしたら、電話口のその方はなんとも横柄な態度で、「どんな形でもネットに上げることは許してはいない」の一点張りなんですよ。私だってシロートではありませんから、そのあまりに人を小ばかにした態度には、完全にキレてしまいましたね。実は、以前職場のことを紹介してくれた雑誌があったので、それをやはりスキャンしてHPにアップするのはどうなのか、と聞いたことがありました。その時には、「次号が発行された後なら、OKですよ」と言ってくれていたのですね。ですから、職場のサイトからは、今でも自炊されたその雑誌の記事が堂々とリンクされていますよ。そんな感じで、実際の出版の現場では著作権の取り扱いを割とユルくとらえているところもあるのだ、ということを知っていました。ですから、このK新報さんのあまりに杓子定規な対応には、かなりの違和感がありましたね。なんでも、「切り抜きをコピーして個人に手渡す」のであれば、何の許諾もいらないんですって。だったら、文書を認証のかかったストレージからDLするのはどうなんだ、と聞いてみたい気もしましたが、おそらくこの方はその意味も分からないのでしょうから、それはやめました。そんなわけで、この件は「コピーを手渡し」的な方法で敢行することを考えています。
 そんな、実りの薄いむだな会話に時間を取られたせいなのか、きのうは間抜けなことばかりやってました。まず、さっきの橘さんとのやり取りの後、会場が開いたので荷物を持って中に入ってみると、手元に楽器のカバンがありません。これは車の中に置いてきたに違いないと、また地下まで降りて行って車の中を見ると、そこには何もありません。確かに積んだはずですよね。不思議に思って、また会場に戻って、さっき座っていたソファーもどきのそばを見たら、カバンはそこに横になっていました。あんな大きなものを見落とすなんて。
 さらに、練習が終わって駐車場から出ようと駐車券を取り出して機械に入れようとしたら、なんかのはずみでその駐車券が手から滑り落ちて、車の床の上に落ちてしまったようでした。あわてて下を見てみても、ちょっと薄暗いところなのでよく見えません。一旦外に出て椅子の陰などを見ても、ありません。焦りますね。とりあえず後ろの車に場所を譲って、広いところに車を置いてiPhoneのライトで見てみたら、やっと見つかりました。そのカードは、裏面全体に磁性体が塗布してあるタイプなので、裏側は茶色なんですね。それが黒い床の上にあったものですから、暗いところでは全く見えない状態になっていたのですよ。「保護色」ってやつですね。ああ疲れた!
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2017-10-13 23:30 | 禁断 | Comments(0)
DURUFLÉ/Requiem, RESPIGHI/Concerto gregoriano
c0039487_23380201.jpg

Henry Raudales(Vn)
Okka von der Damerau(MS), Ljubomir Puškaric(Bar)
Ivan Repušic/
Chor der Bayerischen Rundfunks(by Michael Glser)
Münchner Rundfunkorchester
BR/900320


デュリュフレの「レクイエム」のフル・オーケストラ・バージョンの最新録音、2017年の3月にミュンヘンのヘルツ・イエス教会で行われたコンサートのライブ録音です。オーケストラはミュンヘン放送管弦楽団、指揮は、1978年にクロアチアに生まれ、今年の秋にこのオーケストラの首席指揮者に就任したばかりのイヴァン・レプシッチです。合唱も、昨年の秋にやはり首席指揮者がダイクストラからハワード・アーマンに替わったばかりの、バイエルン放送合唱団です。
この「レクイエム」は演奏時間が30分ほどしかありませんから、CDの場合にはこれ1曲だけということはまずありません。そこで、多くの場合、カップリングとして演奏されているのが、デュリュフレが形式の上で参考にしたというフォーレの「レクイエム」です。これだと、ちょうどCD1枚としては適当な尺になるので、世の中にはこの組み合わせがたくさん存在しています。
しかし、今回のCDの元となったコンサートでは、思ってもみなかったような組み合わせがとられていました。ご存知のように、この「レクイエム」ではグレゴリオ聖歌の旋律がすべての楽章でテーマとして使われています。そこで、このコンサート自体もこの後にレスピーギの「コンチェルト・グレゴリアーノ」という、やはりグレゴリオ聖歌がモティーフとなっている作品が演奏されていたのです。
デュリュフレでは、このオーケストラ・バージョンの特性を最大限に生かした、とても幅広い表現力を持った音楽が広がります。まずは、合唱がとても渋い歌い方で、そこからはよく練り上げられた、まさに「大人の」表現が伝わってきます。そしてオーケストラは、おそらくこの指揮者の資質なのでしょう、いかにも聴かせどころを押さえた巧みな設計で、計算されつくした盛り上がりを用意してくれています。
常々、このオーケストラ・バージョンはダイナミック・レンジの変化があまりに唐突に感じられる個所(たとえば「Domine, Jesu Christe」の途中の「libera eas」からの部分など)があちこちにあって、ちょっと不自然な感じを抱いてしまうことがあるのですが、今回の演奏では何の違和感もなくそのようなクライマックスに対応できるのですね。聴く人を驚かすことなく、自然に場面転換を見せる術を、この指揮者は会得しているのでしょう。
ソリストも堂々とした押し出しで、この曲に必要なある種のパワーを示してくれています。こういう演奏を聴いてしまうと、作曲家が自ら作ったオルガンだけによるリダクション・バージョンには、このオーケストラ・バージョンとは全く別のベクトルを与えていたのではないか、という気になってしまいます。デュリュフレは、これらにカラー写真と白黒写真、いや、もしかしたら3D-IMAXとサイレント映画ほどの違いを込めていたのではないでしょうか。もちろん、それによってそれぞれの価値の優劣が問われることは決してありません。
レスピーギの「グレゴリア聖歌風ヴァイオリン協奏曲」は、3楽章形式でヴァイオリンのソロが大活躍をするごく普通の協奏曲の形をとっています。第1楽章は、レスピーギお得意の「シチリアーノ」のリズムが全体を支配する穏やかな音楽で、そこには「グレゴリア」の姿はありません。それがはっきり表れるのは、その楽章の最後に置かれた長大なカデンツァから、アタッカで次の楽章に入った瞬間です。どこかで聴いたことのあるような、ほのかに中世の雰囲気を湛えたその旋律は、のどかな安らぎを与えてくれます。ところが、最後の楽章になって出てきたのは、ドヴォルジャークの弦楽四重奏曲「アメリカ」のテーマに酷似した、なんとも俗っぽい東洋的なメロディです。正直、「グレゴリア」とは全く住む世界の違うように思える要素が混在するこの作品(なに?これは)、それでも、このデュリュフレを聴いた後ではあまり違和感がないのは、なぜなのでしょう。

CD Artwork © BRmedia Service GmbH

[PR]
# by jurassic_oyaji | 2017-10-12 23:40 | 合唱 | Comments(0)