おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:オルガン( 34 )
MESSIAEN/Complete Organ Works
c0039487_2216135.jpg




Willem Tanke(Org)
BRILLIANT/8639



1908年に生まれ1992年に亡くなったオリヴィエ・メシアンは、パリの聖トリニテ教会のオルガニストでもあり、生涯にわたってオルガンのための作品を書き続けた作曲家でした。何しろ、彼の最初に出版された曲というのが、1928年に作られた「天上の宴Le Banquet céleste」なのですからね。続いて1930年には「二枚折りの絵Diptyque」、そして有名な「永遠の教会の出現Apparition de l'Église éternelle」(1932)、「キリストの昇天L'Ascension」(1934)、「主の降誕La Ntivité du Seigneur」(1935)、「栄光に輝く体Les Corps glorieux」(1939)などが1930年代に作られ、いったんオルガンのための創作からは遠のくことになります。ここまでが、言ってみれば彼のオルガン作品における「第1期」でしょうか。
第二次世界大戦後の1950年になると、「精霊降誕祭のミサMesse de la Pentecôte」で、再びオルガン曲が作られるようになります。翌1951年の「オルガンの書Livre d'orgue」、1960年の「献堂式のためのヴェルセVerset pour la fète de la Dédicace」とともに、「第2期」を形作っています。
「第3期」には、9曲から成る「聖なる三位一体の神秘への瞑想Méditations sur le mystère
de la Sainte Trinité
」(1969)とCD2枚分、18曲から成る最後のオルガン曲「聖体の秘蹟の書Liver du Saint Sacrement」(1984)という2つの大作が含まれます。
実は、これ以外にも出版されていないものなど数曲あることはありますが、とりあえずこれだけのものを収録した8枚組の「全集」が、買い方によっては4000円以下で入手できるという破格の値段でリリースされました。このレーベルは、かつては出所不明の得体の知れない音源でさまざまな「全集」を出していたものですが、最近では録音データなども明記したれっきとした自前の録音で、なかなか渋いレパートリーを出すようになっていますので、侮るわけにはいきません。これは、オランダのオルガニスト、ウィレム・タンケが1994年にハールレムの教会で録音したものです。セッションは10日ちょっとしかありませんでした。せっかちだったんですね(それは「タンキ」)。4段鍵盤のフランス風の大オルガンは、メシアンの曲に欠かせない多彩なリード管や澄み切った倍音管を備えており、優秀な録音(2007年に新たにリマスターされています)と相まって起伏に富んだ音色を楽しめます。そもそもメシアンのオルガン曲全集で現在入手できるものは殆どありませんから、これはファンであれば絶対に買っておいて損はないもののはずですよ。
この全集の特徴は、ほぼ作曲順に収録されているということ、1枚目から聴いて行けば自ずとメシアンの作曲技法や様式の変遷がうかがえるようになっています。ただ、いちおう彼の場合「第1期」と「第2期」の間では大きな変化があったとされていますが、実際にこの8枚を連続して聴いていく時には、そんな変化はごく些細なものに過ぎないことにも気づかされてしまいます。おおざっぱな言い方をすれば、彼が描き出した世界というものは生涯変わることはなかったのだという印象が、ここからははっきり浮かび上がってきます。敢えてその「世界」を1つだけ挙げるとすれば、あたかも「憧れ」が込められたかのように聞こえてくる和声でしょうか。それは、最初からはっきりした形で示されることもありますし、もっと複雑で混沌とした響きの中から、まるでうめくように顔を出すこともあります。それは、もしかしたら「神」の言葉をオルガンで代弁しようとした作曲家の心の内のあらわれなのかもしれません。
私の一番のお気に入りは、「栄光に輝く体」の中の4曲目、「死と生の戦いCombat de la Mort et de la Vie」。前半に出てくるどす黒いイメージの「死」と、後半のまさに「癒し」の極地とも言うべき「生」との対比は、20世紀のオルガンの語法が到達した最高の世界です。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2007-08-23 22:17 | オルガン | Comments(0)
WAGNER/Der Ring





Hansjörg Albrecht(Org)
OEHMS/OC 612(hybrid SACD)



北ドイツ、シュレスヴィヒ・ホルスタイン州の州都キールにある聖ニコライ教会の大聖堂には、3段鍵盤、リュック・ポジティーフも備えた大オルガンと、その反対側に、小振りながら19世紀フランスの名工カヴァイエ・コルが制作したクワイア・オルガンが設置されています。フランスの楽器がなぜドイツに?とお思いでしょうが、このオルガンは元々はパリで作られ、後にフランス北部の町トゥルコアンの教会に移設されたものなのです。しかし、1995年にはもう使われなくなって倉庫に仕舞い込まれることになってしまいます。それが、2003年から2004年にかけて修復され、このキールの教会に設置されたのです。その際に、もとからあった大オルガンと同時に操作できるように、電動アクションによる演奏台も付け加えられました。もちろん、この歴史的な名器の手動アクションを生かすために、それは簡単に取り外しがきくようになっています。
その、ドイツオルガンとフランスオルガンという2台の楽器を同時に演奏して、ヴァーグナーの「リング」の世界を再現しようと考えたのが、オルガニストのハンスイェルク・アルブレヒトと、レコーディング・エンジニアのマーティン・フィッシャーという人でした。もちろん、実際に演奏するのはアルブレヒトだけ、フィッシャーの方は録音でその手腕を発揮する、といった、演奏に関しては「あぶれる人」(前にも使ったな)に徹したコラボレーションが展開されています。ただ、その「録音」がただ者ではなく、ポップミュージックの世界で日常的に使われている「多重録音」、つまり「オーバーダビング」の手法を積極的に使って、厚みのあるサウンドを作り上げることを試みているのです。さらに、フィッシャーが重視したのが、「サラウンド」による音場設計です。SACDのマルチチャンネルレイヤーのフォーマットをフルに活用した音作りが、ここではなされることになります。「5.1サラウンド」対応のシステムで聴けば、大オルガンとクワイア・オルガンとのちょうど真ん中に座っているような体験が味わえることでしょう。
このアルバムは、「ラインの黄金」の前奏曲、つまり「リング」全体のオープニングから始まります。その最初の低音のまさに「オルゲル・プンクト」が、ペダルによって奏されるのですから、これほどオルガンにふさわしい場面もありません。そこに、ホルンが入ってくる感じは、なかなかのもの、これこそオーバーダビングの勝利でしょう。つまり、普通にリアルタイムで録音した場合の障害となるストップの切り替えなどが、ここでは全く感じられないほどスムーズに聞こえてくるのです。「ヴァルキューレの騎行」では、そのメリットが最大限に発揮されています。トリルのテーマがまるで周囲を取り囲むように現れるのは、まさにサラウンドの醍醐味でしょうし、必要な声部を残らず演奏するのも、オーバーダビングなくしては出来なかったことに違いありません。しかし、ここで、そんな迫力いっぱいの音たちの中から、ひときわ力強く聞こえてきてほしい金管のフレーズに、全く精彩がないのはどうしたことでしょう。これは、おそらくパイプオルガンの宿命とも言うべきアタックの不明瞭さに起因しているのではないでしょうか。音の立ち上がりが鈍いことが、これほどのデメリットになっていたとは。
ですから、その様な迫力いっぱいのシーンよりは、「ジークフリート」の「森のささやき」のような繊細な部分の方が、より実りのある成果を上げていたのは、ちょっと皮肉なことです。このシーンでの幾重にも積み上げられた木の葉の描写のデリケートさには、特筆すべきものがあります。そして、森の小鳥の声が、おそらくカヴァイエ・コルの小さなオルガンによって演奏されているのでしょう、その繊細な音色は、このアルバムの中で最も美しいものでした。
最後は、「リング」の本当の最後、「神々の黄昏」のエンディング、「ブリュンヒルデの別れ」です。ここでも、最後の変ホ長調の和音がディミヌエンドしていく模様は、絶対に普通のオルガンの録音では出来ないこと、エンジニア、フィッシャーのこだわりは、ここで花開きました。同時に、「リング」を「最初から最後まで」1枚のアルバムに収録することにも、成功したのです。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2006-09-24 19:35 | オルガン | Comments(0)
BACH/Variations Goldberg





Erik Feller(Org)
ARION/ARN 68673



バッハの有名なクラヴィーア曲に付けられた「ゴルトベルク変奏曲」というタイトルは、言ってみればベートーヴェンの「運命」のように、後に付けられた俗称です。それぞれの変奏が「アイアン」とか「パター」だと(それは「ゴルフクラブ変奏曲」)。正式なタイトルは「クラヴィーア練習曲集:アリアと様々な変奏Klavierübung:Aria mit verschiedenen
Veränderungen
」という素っ気ないものです。ここで指定された楽器「クラヴィーア」というのは、現代では殆ど「ピアノ」と同義語になっていますが、本来は「鍵盤楽器」という意味、従って、バッハの時代には普通はチェンバロで演奏されました。もちろん、その他の鍵盤楽器、クラヴィコードや、あるいはその頃すでに作られていたフォルテピアノで演奏された機会もあったことでしょう。それから一歩進んで、同じ鍵盤楽器なのだから、オルガンで演奏しても良いじゃないか、という事で、録音されたのがこのCDです。元々の譜面は2段鍵盤のために書かれているものですから、それを2つの手鍵盤で演奏すれば、特に編曲などはしなくてもそのまま音になります。これは、ちょっと盲点をつかれた素晴らしいアイディアではないでしょうか。
という程度の軽い先入観で聴き始めたのですが、すぐさま、どうも状況はそんな単純なものではなかったことに気づかされることになります。「アリア」が、「Schwebunk」という、ビブラートのかかったストップで聞こえてきた時、それは紛れもないオルガン曲の響きを持っていたのです。ここで使われている楽器は、フライブルクの教会にある1735年にゴットフリート・ジルバーマンによって制作されたもの、もちろん、最近修復はされていますが、基本的な構造は変わっていませんから、「トラッカー・アクション」という、鍵盤からパイプを開閉させるまでのメカニックなシステムのノイズがかなり大きく聞こえます。そのノイズは、あたかも禁断の世界への入り口を開くパスワードであるかのように、私達をバッハの時代のオルガンの世界へと導いてくれたのです。バッハ自身がこの楽器を演奏したことはありませんが、そこにあったのはまさにバッハの時代の教会に於けるオルガンの響きそのもの。そう、雇い主の不眠症を解消するために作られたという穏やかなアリアは、オルガンで演奏されたことによって、まるで敬虔なコラールであるかのように聞こえてきたのです。
それに続く変奏には、ですから、オルガンならではの多彩な音色の変化を味わえる楽しみが待っています。まず、同じ変奏の中でも繰り返しで必ずストップを変えているのが素敵。第2変奏で出てくる「Vox Humana」というストップの鼻の詰まったような幾分ユーモラスな響きも、耳をひきます。第7変奏で現れる「トランペット」というリード管も、まるでフランス風のノエルのような軽快さを与えてくれます。第8変奏では「Vox Humana」と「Schwebunk」が一緒になって、ちょっと危うげなすすり泣きのような効果が出ています。次の第9変奏では、ペダルまで加えたフルオルガンによる壮麗な、まさに音の建造物といったスペクタクルサウンドが味わえますよ。かと思うと、第13変奏や第25変奏のような装飾的なメロディはまさにオルガンの独壇場。16変奏の「序曲」も、フルオルガンでチェンバロでは到底表現できない分厚い世界を見せてくれています。それと対照的な第21変奏のような静謐な世界。最後に「アリア」が再現される時にも、冒頭とは微妙に異なるレジスタリングで、楽しませてくれています。
まるで最初からオルガンのために作られたような顔を見せてくれた「ゴルトベルク」、ここでも、演奏される楽器を特定しなくても成り立つという、バッハの曲の持つ強固な普遍性が明らかになりました。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2006-03-15 19:59 | オルガン | Comments(0)
BUXTEHUDE/OEuvres pour Orgue





André Isoir(Org)
CALLIOPE/CAL 9725



フランス北部に、ロッシーニの「ランスへの旅」というオペラで有名なランスという都市があるざんす。そこにあるサン・レミ・バジリカ教会は、1000年以上の歴史を持つと言われている由緒ある教会です。もちろん、かつてここにはオルガンが設置されていましたが、1918年に戦災によって破壊されてしまっていました。1991年からはじめられたオルガン再建のプロジェクトは、ユネスコの世界遺産にも指定されているこの建物にいかに新しい楽器を調和させるか、という点に最大の注意をはらわれて進行することになります。その成果として、2000年にベルトラン・カティオーの手によって作られたオルガンは、あたかも一つの装飾品のように、礼拝堂の石造りの回廊の壁面に見事に溶け込んでいたのです。3段マニュアルとペダル、総ストップ数45というこの中規模の楽器は、教会内のアコースティックスにもマッチした、繊細で透明な響きを醸し出しています。
オルガンの録音では定評のあるCALLIOPEによって収録されたこのアルバムでは、バッハの先輩格にあたるブクステフーデの作品が、もはや「重鎮」と呼ぶにふさわしいオルガニスト、アンドレ・イゾワールによって演奏されています。ここで選ばれた曲目は、非常にバラエティに富むもので、ブクステフーデのオルガン作品の、ほぼ全てのスタイルを知ることが出来るようになっています。バッハ自身も大きな影響を受けたとされるブクステフーデですが、彼の作風は、しかし、後のバッハとは大きく異なっていることが、このラインナップを味わうことによって、実感されるのではないでしょうか。
曲目の大半を占めるのが、「コラール」です。教会で歌われる賛美歌をオルガンによって演奏するもの。ここでは、素のメロディーラインを生かしたきわめてシンプルな楽想が、心を打ちます。バッハで言えば「オルゲルビュヒライン」に見られるような可愛らしさ、そこには、「コラール・プレリュード」のような、肥大化された複雑な様相は見られません。さらに、「今ぞ来たれ、異邦人の救い主よ」BuxWV.211では、フランスの作曲家が好んで作った「ノエル」を思い起こさせられるほどの生き生きしたテイストが満ちあふれています。
「前奏曲とフーガ」という、バッハではおなじみのジャンルでも、その違いは際だっています。バッハの場合、「前奏曲」と「フーガ」は厳然と切り離されており、中でも頑強な建築物を思わせる「フーガ」の、ほとんど有無を言わせぬほどの威圧感には、誰しも圧倒されてしまいます。しかし、ブクステフーデでは、その両者は渾然一体となって、いとも軽やかに見え隠れしているのです。その結果現れるのが、瞬時に景色を変えるパースペクティブ、まるでプロモーション・ビデオのようにめまぐるしいそのカット割りは、バッハのある種押しつけがましい厳格さからは、決して見えては来ないものなのです。
「シャコンヌ」あるいは「パッサカリア」でも、やはりバッハのそれを連想することはあり得ない、軽妙さを味わえるはずです。このような際だった違い、もしかしたら、この演奏がフランス人によってフランスの楽器を使って行われたことと、無関係ではないのかもしれません。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2005-04-18 19:58 | オルガン | Comments(0)