おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
<   2007年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧
SCHNITTKE/Symphony No.0, Nagasaki
c0039487_2111397.jpg

Hanneli Rupert(MS)
Owain Arwel Hughes/
Cape Town Opera Voice of Nation
Cape Philharmonic Orchestra
BIS/BIS-CD-1647



1957年に完成した「交響曲第0番」と、1958年に作られたオラトリオ「長崎」という、シュニトケの最初期の作品の、もちろんCDとしては初めての録音です。「交響曲」の方は完成した年にモスクワで演奏されていますが、「長崎」はラジオ放送用に録音されただけ(「1959年に日本で放送されたんですって」「ほう、そうですか」)で、このCDの録音と同時に行われた200611月のコンサートが、世界で初めての公開演奏となりました。そもそも、この2曲ともロンドンの「シュニトケ・アーカイブ」に残された自筆稿のコピー自体にかなり欠落や不明瞭な部分があったので、モスクワ音楽院や、モスクワ放送局のライブラリーで調査を行い、修復を施されて演奏可能な状態になったということです。
4楽章の古典的な形式を持つ交響曲は、殆どショスタコーヴィチの亜流のような印象を受けるもの、いかにも親しみやすいテーマが出現する各楽章は、難解さとは全く無縁のたたずまいを見せています。スケルツォ楽章である第2楽章のテーマは、一見複雑なリズムが出てきますが、それは十分に聴きやすさの範疇に収まっています。中間部のメロディアスなテーマも魅力的。そして、第3楽章の、まずファゴットのソロで提示されるしっとりとしたテーマも、なかなか深い味わいです。ショスタコーヴィチですと、それに続くフィナーレは華々しい迫力あふれるものになるところが、ここがシュニトケならではの個性が発揮されたところでしょうか、ちょっと斜に構えたテイストに仕上がっているのが面白いところです。
「長崎」は、もちろん長崎に落とされた原爆の惨状と、それを乗り越えてみんなで平和な世界を作り上げようというメッセージ(もちろん、冷戦時のアメリカに対する批判)が込められた、5楽章からなる大規模なカンタータです。テキストには、「ソ連」のプロパガンダ詩人アナトリー・ソフロノフのものと、島崎藤村、米田栄作という2人の日本人の詩のロシア語訳が用いられています。
メゾソプラノ独唱と混声合唱、それに大編成のオーケストラという大規模なオーケストレーションなのですが、単に木管楽器が4人ずつ(4管編成)という人数的なことだけではなく、ピアノ、チェレスタ、パイプオルガン、そしてなんとテルミンまで用いられているというユニークさには圧倒されます。第1楽章や第2楽章などは、単調なリズムに乗って、華やかな金管楽器が彩りを添えるという、まるでオルフの「カルミナ・ブラーナ」のような壮大なストレートさで迫るものです。ロシア語の歌詞の中にあって、「ナガサキ」という響きは、何度も何度も繰り返されて、いやでも耳に染みついてしまいます。
しかし、第3楽章では、かなり前衛的な扱いが見られ、そこまでとはひと味違う、緊張感が走ります。そして、次の第4楽章が、音楽的には最も実りが多いと感じられた部分です。薄目のオーケストレーションの中で、注意深く新しい響きを作り出しているあたりが、シュニトケのアイデンティティのあらわれのように聞こえます。最後の楽章でも、高らかに歌い上げられてはいても、なにか醒めたものが感じられるのは、ソフロノフの詩には決して共感してはいなかった作曲者の創作姿勢のあらわれなのでしょうか。
南アフリカ共和国には2つしかないプロのオーケストラの一つ、ケープ・フィルは、管楽器を中心に色彩的で力にあふれたサウンドを披露してくれています。ただ、写真で見ると弦楽器の人数がかなり少なめなのが気になります。実際の録音でも弦楽器には豊かさというものがまるで感じられない薄っぺらなものでした。「長崎」で頻出する変拍子にも、ちょっとした甘さが感じられてしょうがありません。合唱は言葉を失うほどのひどさ。いくらロシアの曲だといっても、ここまで音程がないとただの叫びになってしまいます。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2007-07-30 21:12 | 合唱 | Comments(0)
Toppan Hall
 「コール青葉」の今年3回目となる演奏会に参加するために、週末は東京でした。きのうは五反田でのリハーサルだったのですが、その会場というのが今まで何度となく通ったあの「キャッツ・シアター」のすぐ向かい、日野学園という新しく出来た小中一貫校でした。地の利はありますから五反田駅から歩きますが。暑いのなんのって。東京のこの暑さは、間違いなく異常、過剰な冷房が招いた人工的な暑さに違いありません。快適な生活を求めていたつもりが、そのツケが都市全体に及んでしまったという愚かな成り行きです。こんな都市には絶対に住みたくないと、改めて再確認するのでした。
 その日野学園ですが、練習に使う場所が「地下2階」という案内でした。入ってみたら職員の人がいて、「エレベーターで行って下さい」と言っています。そこは、体育館と武道場が丸ごと入っているという巨大な空間(なんでも、地下1階は温水プールだとか)、もちろん冷房完備の快適な場所です。これが、品川区の公立の学校なんですって。
c0039487_0142335.jpg

 今日の本番は小石川のトッパンホールです。永田音響設計が手がけたシューボックス、よく録音などにも使われるよい響きのホールだということで、楽しみにしていました。確かに、小振りでシンプルな造り、余計な残響がない心地よい音がするような感じです。朝の9時からみっちりリハーサル、今回なぜか私は最前列に立つことになってしまったので、音楽面だけではなく「見栄え」にも貢献できるように心がけてみました。最も気をつけたのはズボンのファスナー、ではなくて、楽譜の持ち方です。あたかも全曲暗譜しているにもかかわらず、他の人が持っているのでそれに合わせて持ってみました、みたいな「見た目」を演じよう、という心がけです。
c0039487_0143736.jpg

 ただ、当日になって予想外のハプニングが発生してしまいました。コンサートの前半は森さんが安野さんと一緒にトークを披露するという予定だったものが、突然安野さんが来られないことになってしまったのです。過労か何か、体力的なことだそうですが、森さんは急遽1人で仕切らなければならなくなり、かなり「動揺」されてしまったそうです。しかし、後半には「童謡」を歌って頑張ろう、なんて駄洒落をとばしていましたから、まず大丈夫でしょう。
 後半の合唱のステージ、もう何回も歌ってきた「津和野」ですが、今回はいつもボイトレをなさっているプロの歌手の方が、一緒に合唱の中に入って歌ってくださいました。たまにソロが入るので、それを担当して頂くというのが当初の目論見だったのですが、彼らは合唱に実によくはまって、しっかり核になるような声を出してくれていました。そのせいもあって、おそらく今までで最高の出来の「津和野」になったのではないでしょうか。客席はほぼ満席、やはり、たくさんのお客さんの前で演奏するのはいいものです。
 打ち上げにはこんな有名な方もいらっしゃって、盛り上がりましたよ。
c0039487_0145189.jpg

 もちろん、最後の締めはこれでなくっちゃ。
c0039487_015385.jpg

[PR]
by jurassic_oyaji | 2007-07-30 00:15 | 禁断 | Comments(0)
DURUFLÉ/Requiem
c0039487_2356597.jpg
加納悦子(MS)、三原剛(Bar)
鈴木雅明(Org)
堀俊輔/
東響コーラス、NHK東京児童合唱団
東京交響楽団

LIVE NOTES/WWCC-7556



デュリュフレのレクイエムには、オリジナルのフル・オーケストラ・バージョンの他に、オルガン・バージョンと室内オーケストラ・バージョンがあります。最近は手軽なオルガン・バージョンがよく演奏されているようで、CDの種類もこれが最も多くなっています。確かに、合唱だけを見てみればこのオルガン・バージョンには素晴らしい演奏が多いのは事実、まさに理想的とも言える素晴らしい合唱を聴かせてくれているCDがたくさんありますから、この曲に関しては殆どこのバージョンだけで満足してしまう人が多いことでしょう。
しかし、いくら合唱の水準が高くても、オルガンだけの伴奏ではなにか足らないような気がしてならないのは、例えばデュリュフレの自作自演盤(ERATO)などで、この曲の色彩あふれる肌触りと、大オーケストラならではのダイナミック・レンジの広さを体験してしまっているせいなのでしょうか。一度これを味わってしまうと、オルガン版はいかにも平板に聞こえてしまいますし、殆どの管楽器のパートをオルガンに置き換えた室内オーケストラ・バージョンも、大差ないように思えてしまいます。
この「おやぢの部屋」が始まって以来ずっと新譜がなかったというほどに待望久しいオリジナル・バージョンが、なんと日本人の演奏で登場しました。2006年の10月に東京オペラシティコンサートホールで行われたコンサートのライブ録音、はたして、この曲の色彩感を存分に味わうことは出来るのでしょうか。
演奏している東京交響楽団は、素晴らしい演奏を聴かせてくれています。そういえば、明日は選挙ですね(投票交響楽団)。最近の日本のオーケストラの水準の高さには驚かされますが、以前は(何十年も前のことですが)なんとも冴えないものだと思っていたこの中堅オケは、いつの間にかちょっとした外国のオーケストラなど軽く凌駕するほどの実力を備えるようになっていたのですね。特に木管楽器のしなやかな音色は、とても満足のいくものでした。久しぶりに味わえたフル・オケならではのテクスチャー、同じ音符であっても、オルガンのパイプからは決して生まれない、人間が吹いているからこそ味わえる微妙な音のエンヴェロープを、しっかり楽しむことが出来ました。まさに、こんなところにこんな楽器が入っていたのだという新鮮な驚きを随所で体験できた喜び。「In Paradisum」の最初の部分の神秘的な響きは完璧です。
それに比べると、合唱に関してはちょっと不満が残ります。メインはこのオーケストラの付属の合唱団として作られた混声合唱団、もちろんアマチュアですが、一人一人の能力はおそらくかなり高いものがあるはずです。しかし、この日のコンサートに臨んでのトレーニングは、必ずしも万全ではなかったような気がしてなりません。なにしろ、冒頭の「Kyrie」で出てくる男声のピッチが恐ろしく暗め、それだけでがっかりしてしまいました。それを受ける女声も、音程こそ美しいのですが特にソプラノの過剰なビブラートは、この曲との違和感を募らせるものでしかありませんでした。最後の2曲に登場する児童合唱も、変に大人びた発声でなじめません。
そうは言っても、今まで出ていたこのバージョンのCDで、合唱もオケも満足のいくものなどは皆無でした。そのようなものが聴けるのは、先の楽しみとしてとっておくことにしましょう。この演奏でも、実際に会場で聴けば十分に感動的なものだったはずです。最後の音が消えてから10秒近く聴衆が凍り付いたようになっていた事実が、そのことを物語っています。
カップリングとして演奏されたのが、デュリュフレその人に師事したただ一人の日本人作曲家、尾高惇忠の「オルガンとオーケストラのための幻想曲」です。多少冗長なところはありますが、時折師匠のフレーズが見え隠れするという粋な曲です。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2007-07-28 01:57 | 合唱 | Comments(0)
MOZART/Symphonies Nos. 40 & 41
c0039487_2019280.jpg


Bruno Weil/
Tafelmusik Orchestra
DHM/82876-89504-2
(輸入盤)
BMG
ジャパン/BVCD-34040(国内盤)


このCD、「レコ芸」の最新号に国内盤のレビューが載っていたのですが、ちょっと気になることが書いてあったので、珍しいことに輸入盤ではなく国内盤をゲットです。そこには、「41番」の楽譜にミスがあることを、指揮者のヴァイルが発見した(確かに、国内盤の帯にはそのことがセールスポイントであるかのように、大々的に記載されています)、ということと同時に、それだけメーカーが力を入れているポイントにもかかわらず、日本語のライナーノーツではそれに対する反論が述べられているということが書いてあったではありませんか。これはぜひとも現物を読んでみなければなりません。
まず、ヴァイルの主張を一緒に掲載されてある楽譜を見ながら読んでみると、確かに彼の言うとおりにファゴットの音が3度ずれているような気になってきます。実際、このまま演奏するととんでもないクラスター(レミファソという「和音」)が生じてしまいますから、モーツァルトの作品としてはちょっと気持ち悪い響きにならざるを得ません。実際は今まで何回もこの部分を聴いていながら何も感じることはありませんでしたし、今回改めて楽譜通り演奏しているものを聴き直してみても特段の違和感はありませんから、そんなに目立つものではありません。ただ、ヴァイルたちは、管楽器だけの分奏の時にこれを発見したということ、確かにここだけ抜き出して吹いてみれば、明らかに「間違っている」という思いを、耳の良い演奏家でしたら確実に抱くに違いありません。
ですから、国内盤のライナーでわざわざ「反論」を述べている安田和信さんという方の論旨には、学術的な正当性だけを問題にして、ヴァイルの提案からは微妙に目をそらせているような態度が感じられてなりません。楽器で音を出しさえすれば、この部分は「おかしい」と感じるのが、まっとうな音楽家だと思うのですが、どうでしょう。もう一つ不思議なのは、こんな反論の掲載を許した日本のメーカーの姿勢です。いかに「と」であっても、自社のアーティストが主張していることなのですから、それを販売するのなら一蓮托生の覚悟で臨むのが、メーカーとしてのあるべき姿なのではないのでしょうかねえ。マイカーはやめるとか(それは、「一円タクシー」)。
ヴァイルが率いるターフェルムジーク・オーケストラは、しなやかさという点ではモダンオーケストラとも十分に拮抗出来るほどのものを身につけています。中でも木管セクションは、ヴァイルがまちがいに気づいたというのも頷けるほど、ひところのオリジナル楽器とは隔世の感のある精緻な音程をみせつけてくれています。クラリネットが入っていない第1稿による「40番」では、その引き締まった音色で存在をアピール、指揮者の求めたキビキビとしたスタイルによく応えています。アンダンテ楽章がいかに軽快なテンポで進もうと、彼らは決して浮き足立ったりせず、インテンポの音楽を誠実に作り上げていきます。
41番」になると、うってかわって華やかな、殆ど脳天気というほどの音楽が繰り広げられます。ここでも基本はインテンポ、軟弱なリタルダンドなどは見せずに小気味よく走り続ける軽快さは素敵です。この演奏がもたらす爽快感は、モーツァルトの音楽には過剰の思い入れなど全く必要ではないことを教えてくれています。鬼の首を取ったように声高にまちがいを指摘するのも、本当は必要のないことなのかもしれません。もちろん、それに対する反論などは、矮小極まりないものです。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2007-07-26 20:20 | オーケストラ | Comments(0)
The Magic Flute
c0039487_21582023.jpg

 ケネス・ブラナーが作った「魔笛」は、かなり地味な公開体制のようです。東京でさえ上映しているのは2館だけ、「ハリー・ポッター」のような派手な展開は望むべくもありません。しかし、幸いなことにここ仙台でも東京より1週間遅れで上映(もちろん単館)が始まりましたから、まだまだ捨てたものではありません。
 もちろん、私はこの映画が、音楽に関してはモーツァルトのオリジナルをそのまま使っているということを聞いてからというもの、心待ちにしていたものでした。言葉が英語だというのも、この作品でしたらそれほど障害にはならないでしょうし。
 実際に見終わってみると、その「英語」にこだわったことが、実は非常に重要な意味を持っていたことに気づくことになります。この映画は、シカネーダーのプロットを下敷きにはしているものの、ほとんど原形をとどめぬほどにストーリーを変えて、全く新しいメッセージを込めたというものだったのです。それが一体どんなものだったのかということを知るためには、実際にご覧になって頂くのが一番です。正直、エンディングの壮大なシーンには涙さえ誘うものがありました。
 非常に興味があるのは、原作の「魔笛」を見たり聴いたりしたことのない人がこの映画を見た時のリアクションです。残念ながら、すでにこの作品についてはさまざまな体験を通じて隅々まで知り尽くしてしまっている私には、どんなシミュレーションを試みても、「初めて『魔笛』を見る」という状況を作り出すことは不可能です。それを承知で想像してみると、そういう人はおそらくあちこちで「?」が浮かんでくることでしょう。そもそもタミーノの目的はなんだったのか、とか、3人の少年がいつの間にかザラストロの側についているのはなぜ?とかね。「水の試練を受けてみよ!」といって濁流に流されるのも一体どんな意味なのか、分かる人はいるのでしょうか。
 でも、客席でまわりの人の反応を観察していると、「パ・パ・パ」あたりではみんな素直に喜んでいましたね。あれはあれでコミカルさと、ちょっとしたエロティックさがストレートに状況を超えて伝わってくるのでしょう。
 おそらく、「オペラ」としてこの映画を見る人は少数派であるに違いありません。本来は「弁者」が最初にタミーノの前に現れて「ほんとはザラストロっていい人なんだよ」と語るはずのところで、いきなりザラストロ役のルネ・パーペがそのナンバーを歌っているのに出会えば、この人の顔を数々のオペラで見慣れている私達はその仕掛けに気づき、そのあとで彼が正体を現した時にタミーノに向けたウィンクが、実は私達のようなごく少数の観客に向けられたものであることに気づくことが出来るのです。
 もっとオペラを知っている人であれば、夜の女王役のリューボフ・ペトロヴァが2003年のグラインドボーン音楽祭での「こうもり」で圧倒的なアデーレを演じていたことをおぼえており、したがって、パンフレットにある「2006年のグラインドボーン音楽祭」という経歴が間違いであることに気づくことでしょう。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2007-07-25 21:58 | 禁断 | Comments(0)
MOZART
c0039487_22502438.jpg
Bernd Weikl(Il Conte di Almaviva)
Gundula Janowitz(La Contessa)
Hermann Prey(Figaro)
Lucia Popp(Susanna)
Agnes Baltsa(Cherubino)
Jean-Pierre Ponnelle(Dir)
Karl Böhm/
Chor und Orchester der Wiener Staatsoper
NHK/NSDS-9492(DVD)



1980年に日本公演を行ったウィーン国立歌劇場の演目のうちのNHKによって収録されていた「フィガロ」がDVDとなりました。演出はジャン・ピエール・ポネル(元の演出はポネルですが、ここでは「ツアー演出」ということでヘルゲ・トーマがクレジットされています)、歌手もプライ、ポップ、ヤノヴィッツ、バルツァ、ヴァイクルという当時の最高級品が取り揃えられたという、超豪華版。しかし、何と言っても最大の目玉は、この公演の翌年には他界してしまうことになる指揮のカール・ベームに違いありません。まさに最晩年のベームの映像、これを涙なくして見ることなど出来るでしょうか。
当時の撮影スタッフも、そのあたりは十分に承知していたことでしょう、序曲の間中、カメラはベームの姿だけを執拗に撮り続けます。極端に力の抜けた、殆ど流れに身を任せているかのような指揮ぶりは、彼がたどり着いた究極の境地でしょうか。そこから導き出される音楽は、もはやあれこれ言うような次元を超えた、おおらかな広がりを持ったものでした。それは、この時代の少し後にモーツァルトの演奏に襲いかかる革命の波などは全く知らない世界の、ある意味幸福な時代の産物には違いありません。しかし、そのどこにも無理のない、ひたすら美しい姿だけをさらけ出している音楽には、何の抵抗もなく引き込まれてしまう力がありました。
中でも絶品は、第3幕の伯爵夫人のアリア「楽しい思い出はどこへDovo sono i bei momenti」と、第4幕のスザンナのアリア「恋人よ、早くここへDeh vieni, non tardar, o gioia bella」でしょう。今にして思えば信じられないほど遅いテンポで迫ってくるものは、確かにこの上ない陶酔の世界です。それは、後者のアリアが婚約者にやきもちを焼かせるという屈折した意味を持っていることなど忘れさせてくれるほどの魅力を持ったものです。モーツァルトの演奏における一つの時代を、ここでは確かに感じることが出来るはずです。
演奏とともに、オペラの上演のあり方についても、このDVDは示唆に富んだ記録として捉えることが出来ます。この当時はおそらくホールの中に日本語の字幕が掲示されるというようなサービスはなかったはずです。オペラを見ようと思ったら、台本の対訳を見ながらレコードを聴いて、音楽と物語をしっかり頭の中に入れておかなければ、満足に鑑賞は出来なかった時代です。そこには、最高の演奏者と、高度に修練を積んだ聴衆との間の息詰まるような緊張感が存在していたはずです。したがって、アリアが終わって扉の陰に退場した歌い手であっても、あえて物語の流れを断ち切って聴衆の強烈な拍手に応えるためだけに、再度登場するようなことも許されるのです。ただ、ヤノヴィッツだけは、目の奥にあからさまな嫌悪感をたたえていたことは、注目に値するでしょう。
収録されたビデオテープのマスターは、おそらくもう廃棄されており、放送時に挿入された字幕などがそのまま残った「完パケ」しか残ってはいないのでしょう。ここでは格段に大きなフォントのスーパーが目を引きます(当時の標準は14インチのブラウン管でしょうか)。その対訳に携わった方がライナーに文章を寄せていますが、当時のディレクターだったその方のお名前は武石英夫。イタリア語をそのままの語順で訳したために、日本語としては笑うしかないようなお粗末な対訳で(あんこがしっぽまで入っていません・・・それは「たいやき」)、一目見ればこの方が作ったことが分かってしまうスーパーをあちこちで披露している武石さんは、NHKの職員だったのですね。もしかしたら、これが分かったことが、9000円以上という大枚をはたいてこのDVDを入手した最大の収穫だったのかもしれません。ほんと、2枚組のオペラのDVDがこんな値段だなんて、完全に消費者をなめてます。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2007-07-24 22:51 | オペラ | Comments(0)
Sgt. Hetfield's Motor Breath Pub Band
c0039487_21522083.jpg




Beatallica
OGLIO/OGL89144-2



ご存じ「ザ・ビートルズ」ほど、その楽曲が多くの人にカバーされているバンドもありません。「Yesterday」などは、軽く100を超えるカバーバージョンが存在するのだとか。こうなると殆ど「名曲」としての扱い、もっと言えば「パブリック・ドメイン」と言っても差しつかえないほどの浸透ぶりなのではないでしょうか。もちろん、彼らの著作権が「パブリック」の所有物になることは当分あり得ませんから、その権利を巡ってはすさまじい争奪戦が繰り広げられていたようです。かつてマイケル・ジャクソンが所有していたほぼ全曲分の権利は、今ではソニー・レコードに移っているのだとか。「名曲」がビジネスとして売り買いされるのを見ているのは、なにか辛いものがあります。
「名曲」ゆえに、彼らの曲はクラシック関係でも多くのカバーや編曲作品を産んでいます。通奏低音付きの弦楽合奏という、あたかもバロック音楽のような編成で典雅に演奏される「Let It Be」などは、その元ネタであるパッヒェルベルのカノンすらも押しのけて、殆どヒーリング・ナンバーの定番としての地位を獲得しているかに見えます。あるいは、単旋律のユニゾンで歌われれば、それはグレゴリオ聖歌と寸分違わない静謐な姿を現すのです。
これらのカバーは、ビートルズの曲の持つメロディアスな面を強調して作られていますから、私たちはもっぱら「ビートルズもクラシックと変わらないきれいな曲なのよね」という印象を持つことになります。たとえそこからは強烈なビートや歌詞に込められた屈折したメッセージが何も伝わってこなくても、「きれいな音楽」としてのクラシックの仲間に取り込んで、ひとときの満足感に浸るのでしょう。
そのような軟弱なアプローチとは正反対のベクトルで、ビートルズをカバーしたバンドが現れました。それは、元来ロックバンドであったはずのビートルズを、より「ロック」としてデフォルメする試みです。そのために、そのバンドはギンギンのヘビメタ・バンドである「メタリカ」のテイストで、ビートルズをカバーしたのです。当然のようにそのバンドの名前は「ビータリカ」となりました。これほどベタなネーミングも、直球勝負のヘビメタならではのものでしょう。田中星児がヴォーカルだと「ヤンチャリカ」。
そもそも彼らがこのような活動を始めたのは5年以上前のことです。もっぱらインターネットからのダウンロードという形で楽曲を公開、広範な支持を得てライブなども行っています。それこそ「権利」を巡っての横やりから、サイトは一時閉鎖されたものの、今では復活、このように堂々とパッケージとしてのCDを出すに至ったということです。もちろん、このCDにはネット配信されていた音源ではなく、2006年から2007にかけて新たに録音されたテイクが収録されています。
単にアレンジだけではなく、曲のタイトルや歌詞までも、彼らは「メタリカ風」に変えています。タイトル曲はもちろん「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」、ヴォーカルがポールより1オクターブ低いドスのきいた声で歌い始めれば、いやでもおどろおどろしいヘビメタの世界へ誘われないわけにはいきません。しっかりオリジナル通り、次の曲へのブリッジまで演奏しているのが憎いところ。
A Garage Dayz Nite(=A Hard Day's Night)」では、彼らの「ヘビメタ化」の方法論が明らかになります。この曲のリリカルさを象徴しているのが「And when I'm get home to you」という歌詞の部分の半音進行のメロディです。さらにこのメロディが並行3度のハーモニーに彩られて、そのリリカルさは際立ちます。ビータリカが行ったのは、その前半、アウフタクトの「And when I'm」の部分を丸ごとカットするということでした。その結果、この曲はリリシズムのかけらもないヘビメタへと変貌したのです。
Helvester Of Skelter(=Helter Slelter)」はビートルズ自身がヘビメタを目指して作った曲。ビータリカはその先輩に向かって、「ヘビメタって、本当はこうやるんだぜ」と意気込んでいるように聞こえます。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2007-07-22 21:53 | ポップス | Comments(0)
Tsuwano for Mixed Chorus
 3月に行われたオペラシティのコンサートで世界初演された合唱組曲「津和野」は、カワイ出版から出版されることが決まったそうですね。安野光雅さんの郷愁を誘う味わい深い詞に、森ミドリさんが素直なメロディで曲を付けたものを、混声合唱用に編曲したものです。その1週間後には、はるばる津和野まで出かけていって、その組曲の題材のあふれる町の中でこの曲を演奏したんでしたっけね。その時の「濃い」思い出は、今でも鮮やかに思い出すことが出来ます。
 あれから4ヶ月たって、今度は再度東京で、「津和野」だけのコンサートが開かれることになりました。もちろん、安野さんと森さんも出演されます。安野さんはお話だけですが、森さんは津和野でのコンサートに続いてピアノ伴奏を担当されます。そして、すでにCDを何枚も出されているチェレスタの演奏も。
 それだけではなく、そのコンサートでは安野-森コンビの新しい曲が披露されます。「新しい」とは言っても、じつは「雲の歌 風の曲」という絵本の中で、すでにメロディだけは発表されていた曲を、この合唱団のヴォイス・トレーナーをやって下さっている4人の歌手(オペラ歌手です)のために編曲したものなのです。そして、そのバックを私達の合唱団が務めます。
 そのコンサートは、7月29日に飯田橋のトッパンホールで行われます。これがそのチラシ。
c0039487_065613.jpg
 なんでも、このチケットが、まだ多少ですが残っているということなのです。「ぴあ」などでは扱っていず、全て森さんを通しての直接販売なので、あまり知られていないのかもしれません。もし興味がおありでしたら、これからでも間に合うはずですので、森さんのサイトの案内にしたがってチケットを入手してみて下さい(当日券もあります)。
 「津和野」はすでに2回本番を体験していますので、楽勝だと思いきや、さらに掘り下げるべくみっちり練習をやっているところです。というのは東京での話、わたしたち仙台のメンバーは、いまだに録音を聴いて必死に思い出そうとしているというレベルです。コンサートの前の日に合同練習がありますので、それまでには東京のレベルについていけるように自主練習が続くことでしょう。もちろん私も出演しますので、お時間のある方はぜひ。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2007-07-21 00:06 | 禁断 | Comments(0)
And on Earth, Peace
c0039487_21114460.jpg




Chanticleer
WARNER/8122-79984-4



クレジットを見て気が付いたのですが、このシャンティクリアの最新アルバムのレーベルは、「WARNER」とともに「RHINO(ライノ)」という名前が併記されています。RHINOといえば、かつては信じられないほど音の良いオールディーズのリマスター盤を出していたことで知られていた、クラシックとはまず縁のないレーベルだったはずですが、いつの間にかWARNERの傘下に入って、こんな風にクラシックも扱うぐらいのことをやるようにもなっていたのですね。
果たしてシャンティクリアが「クラシック」かどうかというのは議論の分かれるところですが、このアルバムに関しては紛う方なきクラシックでしょう。何しろこれは「シャンティクリア・ミサ」というタイトルの「ミサ」なのですからね。この団体の創設者であるルイス・ボットが亡くなって10年経つことを機会に、5人の作曲家にミサのそれぞれのパートを分担して委嘱したというものです。そして、そのオリジナルの曲の間に、昔からの曲、たとえばアンドレア・ガブリエリやジェズアルドの作品を挟み込んで、最終的には演奏に1時間15分を要する立派なミサ曲に仕立て上げました。
最初に聞こえてくるのは、グレゴリオ聖歌の単旋律の世界です。まず印象的なのは、録音場所であるジョージ・ルーカスの「スカイウォーカー・サウンド」の、とても芳醇な残響です。ただ、その芳醇さには石造りのチャペルなどで味わえるものとはかなり肌触りの異なる、なにか人工的なものが伴います。それは、もしかしたら過去のミサ曲からの決別を知らしめるための、意図した処理だったのかもしれません。
Kyrie」は、「Sex And The City」という人気テレビドラマの音楽など幅広い分野で活躍しているアメリカのダグラス・クオモが作りました。導入にいきなりシュプレッヒ・ゲザンクっぽいものが現れるのには驚きますが、「Kyrie eleison」の部分は先ほどのプレーン・チャントのようなものをソロが歌い、合唱がそれに応えるというシンプルなものです。中間部の「Christe eleison」ではうってかわって不安な和声とリズムに支配されるのが、アクセントになっています。
トルコ系のカムラン・インスが作った「Gloria」は、普通この曲が持っている華やかさが一切排除された、淡々とした音楽です。イスラム教のテキストを英語に訳したものが、オリエンタルな音階に乗って果てしなく続くというものです。ただ、「Moslems and Christians and Jews raising their
hands to the sky
」という歌詞の部分で力強さが感じられるのは、ここにある種のメッセージが込められているせいなのでしょうか。
シュラミット・ランの「Credo」は、ヘブライ語のテキストで始まります。おそらくこの「ミサ」の中では最もダイナミックな構成を持つ、いかにも主張するところの多い「合唱曲」という趣です。後半に英語で歌われる部分では、やはりメッセージ性の高いテキストが語られます。
Sanctus」を作ったイヴァン・ムーディはギリシャ正教などの東方教会に多くの影響を受けた人。ここでもギリシャ語のテキストで「東方」っぽく迫ります。
Agnus Dei」は、ケルト語で歌われます。ダブリン生まれのマイケル・マグリンの音楽は、独特の節回しと歌い方を持った、まさにケルト音楽そのものです。しかし、後半のラテン語のテキストの部分になると、それがもろミニマル・ミュージックに変わります。同じフレーズが果てしなく繰り返される「Dona nobis pacem」での長~いフェイド・アウトの果てに、冒頭のプレーン・チャントが、今度はハーモニーを伴って現れる頃には、「我らに平和を与え給え」というメッセージは体中に染み渡っていることでしょう。
さまざまなバックボーンを拠り所に作られていても、訴えるものは一つ、それが現代における「ミサ」の一つの形なのかもしれません。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2007-07-20 21:12 | 合唱 | Comments(0)
LANSKY/Etudes and Parodies
c0039487_19543325.jpg
William Purvis(Hr)
Curtis Macomber(Vn)
Mihae Lee(Pf)
David Starobin(Guit)
The brentano Quartet
BRIDGE/BRIDGE 9222



ポール・ランスキーという、1944年生まれのアメリカの作曲家の名前は、こちらで馴染みがありました。ここでは「電子音楽」という範疇の作品が集められていたのですが、ランスキーのトラックではサンプリングをした女声を重ねた、心地よいコーラスのようなものがエントリーされていたのです。それは、決して「電子音楽」と言われて想像されるような頭でっかちな音楽ではない、すんなり心に入り込んでくるものでした。
このアルバムは、そんなランスキーの最近の作品が収められたものです。コンピューターなどを駆使して作曲を行っていた彼も、50歳を迎える頃から普通に五線紙に書いていく音楽を作るようになったといいますが、ここにはそんなアコースティックな編成の曲が集められています。
彼は、このレーベルから多くのアルバムを出してきましたが、そのジャケットがなかなか魅力的、これもなかなか味のあるものです。収録されている曲に使われている楽器をすべて合成したような不思議な楽器が目を引きます。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、ギターのネックのそばには作曲家の不気味な笑い顔が。
1曲目は、ホルン、ヴァイオリン、ピアノという、ブラームスあたりが好みそうな編成による「エチュードとパロディ」という曲です。小さな曲が7つほど集まっていますが、その1曲目でやはりブラームスのパロディが聞こえてきたのには、嬉しくなってしまいました。さまざまな曲想のものがその後に続きますが、リズムのはっきりしたロックのようなテイストの曲も多く見られます。このあたり、作曲者の「地」の趣味が反映しているのかもしれません。最後の曲が「パヴァーヌ・ノワール」というタイトル。ホルンで「パヴァーヌ」といえばこれしかないという、ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」の、見事なパロディになっています。
パロディというコンセプトは、他の曲の中にも貫かれています。2曲目はギター・ソロのための「セミ・スイートSemi-Suite」。「ちょっとした組曲」といった趣でしょうが、もちろん「Semi-Sweet」とかけていることは明らかです。ビキニの女性は出てきませんが(それは「セミ・ヌード」)。これはもろバッハのギター(リュート)組曲のような雰囲気を醸し出している曲です。それぞれのタイトルが、又ちょっと人を食ったもの、「うわさの前奏曲」、「でたらめなアリア」、「いびつなクーラント」、「ハレンチなサラバンド」、「ぶざまなアルマンド」、「ある意味パヴァーヌ」といった具合です。とは言っても、音楽としてはとても爽やかなギター(もちろん、クラシックギター)の音色と相まって、しっかりとしたエモーションを受け取ることの出来る内容の濃いものです。中でも「サラバンド」の「甘い」美しさといったら。ちなみに、演奏しているスタロビンは、このレーベルのオーナーです。
最後は弦楽四重奏による「リチェルカーレ・プラス」です。最初は「リチェルカーレ」だけが作られましたが、後に「プレリュード」と「ポストリュード」を前後に加えて、このようなタイトルに改作されたものです。その後から作られた部分は、おそらくアルヴォ・ペルトのパロディなのでしょう、ビブラートをたっぷりかけた弦楽器が、神秘的な和音をとうとうと奏でるさまはとても印象的な仕上がりです。もしかしたら、ランスキーがかつて見せていたサンプリングの確かな延長上にあるのかもしれないこの部分は、ストイックな「リチェルカーレ」と見事な対象を形作っています。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2007-07-18 19:56 | 現代音楽 | Comments(0)