おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
<   2009年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
ANDERSON/25 Great Melodies as Originally Composed for Piano Solo
c0039487_21562542.jpg




白石光隆(Pf)
TAMAYURA/KKCC 3024



昨年はルロイ・アンダーソンの「100周年」、NAXOSあたりは全集をリリースしてボロイ儲けがあったことでしょう。今年になってもその余波はまだ続いていて、こんな「珍盤」の登場です。これは、アンダーソン自身が、数々の名曲をピアノ独奏用に「作曲」した25曲をすべて録音したものです。このCDと同じタイトルの楽譜が出版されたのは1978年のことでしたが、なぜか、だれもそれを録音しようとはしなかったのでしょう、これが「世界初録音」だ、と、帯には書かれています。この楽譜はこちらで簡単に手に入るようですから、実際に弾いてみるのも一興でしょう。
c0039487_21584651.jpg

オーケストラの演奏によるオリジナルを聴き慣れている耳には、このピアノ版はなかなか新鮮に感じられます。その一つの要因は、リズムの滑らかさでしょうか。これは実際に楽譜がそうなっているのか、あるいは演奏している白石さんの表現なのかは分かりませんが、例えば「シンコペイテッド・クロック」などではほんの少しスウィングが入っていて、ちょっとびっくりさせられるほどです。それは、テーマが始まって2小節目のことですが、2拍目がオーケストラ版ではアンダーソン自身の演奏も含めて均等に八分音符二つになっているのに、ここでは前の音符が少し長目になっているのですよね。ただ4小節目の、ウッドブロックのリズムが本当に「シンコペイト」しているところでは、なぜかきっちり8ビートになっているあたりが、アバウトいえばアバウトなのですが。
もう一つ、「ブルー・タンゴ」という、まさにタンゴそのもののリズムを持った曲でも、ここではまるでバルカローレのような優雅なたたずまいを見せています。とてもステップを踏んで元気よく踊ることは出来そうもない、それはまるで子守唄のようなしっとりとした味わい深いものです。そんな中から、彼ならではのメロディ・ラインの美しさが浮かび上がってきます。
しかし、やはりアンダーソンの曲ではオーケストラの楽器や、普通はオーケストラでは使われないような楽器の特徴的な使い方によって強烈な印象が与えられる、というのが最大の楽しみです。そうなってくるとこのピアノ版のあまりにストイックな生真面目さからは、軽い失望が生まれるのも事実です。3本のトランペット(コルネット)が活躍する「ラッパ吹きの休日」あたりは、それがもっとも顕著にあらわれたものではないでしょうか。「ソ・ド・ミ・ソ」とか「ソ・シ・レ・ファ」といった和音を、ある時は3人が同時に鳴らしたり、ある時は前の奏者が吹いた上に順次音を積み重ねて作っていくという面白さが、ピアノでは全く同じ形になってしまって、面白くも何ともありません。しかも、2回目にはダブルタンギングで1つの音符を4つに割って吹いているのも、ピアノ版には全く反映されていませんし。
また、「フィドル・ファドル」は「常動曲」のパロディ、大人数のヴァイオリンが一糸乱れず細かい音符を弾くのが魅力なのですが、ピアノではあまりにも簡単すぎてなんだか・・・。
「サンドペーパー・バレエ」での紙ヤスリをこする音や、「タイプライター」のキーボードをたたく音などは、これらの曲にはもはや欠かせない要因であることには誰しもが気づくに違いありません。このピアノ版は、自分で演奏しながらそんな本来の音を想像して楽しむ、そんな使われ方が最も分相応なのではないでしょうか。
ですから、CDで楽しむのだったら本来のオーケストラ版を聴く方がずっと楽しいに決まってます。その音を知っているからこそ、ピアノ版でもそれなりに楽しめることになるわけで、最初からこんな不完全なものを聴く必要などはさらさらないのではないでしょうか。「世界初録音」と言ってはいますが、これがこんなに長い間録音されなかったのには、至極当然な理由があったのですよね。

CD Artwork © King International Inc.
[PR]
by jurassic_oyaji | 2009-08-31 21:59 | ピアノ | Comments(0)
SCHNITTKE/Concerto grosso No.1, Symphony No.9
c0039487_731329.jpg

Sharon Bezaly(Fl)
Christopher Cowie(Ob)
Owain Arwel Hughes/
Cape Philharmonic Orchestra
BIS/CD-1727



BISのシュニトケ・エディションもそろそろ30枚近くになるのでしょう、もうほとんどの作品が網羅されてきたのではないでしょうか。そこで、その最新作はちょっとした「寝業」で迫ってきました。彼の出世作である「コンチェルト・グロッソ第1番」の別バージョンと、「交響曲第9番」の「再構築版」という、言ってみれば「異稿集」です。さっそくこちらへ聴きに行こう
「コンチェルト・グロッソ」は、1977年に作られたときには2つのヴァイオリンとチェンバロ、プリペアド・ピアノと弦楽合奏という編成でした。それを、1988年に、オーボエ奏者のヴィアチェスラフ・ルパシェフのリクエストに応じて、ヴァイオリン・ソリのパートをフルートとオーボエに書き直したものが、ここで演奏されています。このバージョンはロシアでは何度となく演奏されているのだそうですが、録音としてはこれが世界初となりました。
この時代の作品ですから、普通「シュニトケ」というと思い出すような、さまざまな様式を取り込んだものを聴くことが出来ます。冒頭からプリペアド・ピアノのソロ、というのもなかなかユニーク、いかにもバロックの模倣といった感じの「トッカータ」や「ロンド」がかもし出す冗談っぽいテイストとの対比がたまりません。こういうものには、まさにベザリーはうってつけ。装飾的な音型をとても滑らかに、ブレスもしないで処理しています。
「交響曲第9番」というのは作曲家にとっての鬼門だ、という言い伝えは、シュニトケの場合も現実のものとなりました。彼の晩年は病魔との戦い、特に、1994年に脳卒中の発作を起こしてからは、殆ど運動機能が麻痺してしまうのです。この最後の交響曲も、左手だけを使ってやっと1997年に書き上げたということです。しかし、そんな、不自由な体で書いた譜面は殆ど判読不能、とてもそのままでは演奏することは不可能でしたから、1998年に行われた初演に際しては、指揮者のロジェストヴェンスキーはきちんとした譜面を作り上げる必要がありました。しかし、この時の楽譜は言ってみれば作曲者と指揮者による共同作業の産物のようなものでしたから、初演はされたもののシュニトケ自身はあまり気に入らなかったようで、ロジェストヴェンスキーに「もう二度と演奏しないでくれ」と頼んだということです。なんか、打楽器を派手に使ったり、チャイコフスキーの曲の引用があったりと、昔のシュニトケならいざ知らず、ちょっと許しがたいものがあったのでしょうね(事実、ロジェストヴェンスキーは、このスコアに交響曲第1番と同じテイストを盛り込んだということです)。
作曲者の死後に、この自筆稿にそれほどの変更を加えない楽譜を作ることになり、ニコライ・コルンドルフという作曲家がその任にあたります。しかし、その作業は難航、彼はその仕事を完成することなく2001年に亡くなってしまいます。結局、その後を継いだアレクサンドル・ラスカトフによって修復作業は終了し、2007年にデニス・ラッセル・デイヴィス指揮のドレスデン・フィルによって、ドレスデンで初演、出版もされました。
なんとも途方のない仕事の末に出来上がった「再構築版」ですが、果たしてこれが本当に作曲者が望んだ形だったのか、という疑問は残ります。彼が最後に到達した境地は、これほどまでに退屈なものだったのでしょうか。
前作ではあまり良い印象のなかったケープ・フィルですが、今回は録音のせいでしょうか、弦楽器のとても透明な響きが心にしみました。調べてみたら、録音会場が違っているんですね。写真で見るといかにも音響設計に配慮したというような新しいコンサートホール、やはり人数は少なめですが、ホールの響きに助けられて素晴らしい音に録音できたのでしょう。

CD Artwork © BIS Records AB
[PR]
by jurassic_oyaji | 2009-08-28 07:32 | 現代音楽 | Comments(0)
BERNSTEIN/Mass
c0039487_20534858.jpg


Randall Scarlata(Celebrant)
Kristjan Yärvi/
Tonkünstler-Orchester
CHANDOS/CHSA 5070(hybrid SACD)



c0039487_20543455.jpg


Jubilant Sykes(Celebrant)
Marin Alsop/
Baltimore Symphony Orchestra
NAXOS/8.559622-23



バーンスタインが1971年に作った「ミサ」は、作曲者自身が演奏したものが長い間唯一の録音でした。しかし、それから30年以上も経った頃、2003年にケント・ナガノがドイツのオーケストラを使ってこの曲を録音してからは、なぜか相次いで新しい録音が現れるようになりました。まず、今年になって市場に出てきたのは、2006年にクリスティアン・ヤルヴィによって録音されたCHANDOSです。
この曲の編成はかなり巨大です。声楽陣は、「司祭」と呼ばれるソリストが中心になって、ミサの式次、というよりは、このシアター・ピースの「物語」を進行させていきます。そこに男女のソリストが加わります。彼らは「ストリート・コーラス」という少人数のアンサンブルにも参加し、「ロック」や「ブルース」を歌います。その他に大編成の混声合唱と、児童合唱が加わります。器楽は、シンフォニー・オーケストラの中にロックのリズム・セクションが入るという大規模なものです。さらに、前もって録音された音源を、演奏会場を包み込むように配置されたスピーカーから流し、「サラウンド」体験を味わってもらうというのも、当時としては斬新なアイディアだったのでしょう。
おそらく、ナガノにしても、ヤルヴィにしても、この曲に対するアプローチは「バーンスタインが作ったクラシックの曲」というものだったのではないでしょうか。特に、大きな合唱や児童合唱(ヤルヴィ盤ではテルツ)にはどこから見ても「クラシック」の団体を使い、あくまで字義通りの「ミサ」、あるいは「カンタータ」といったくくりで、古典的な名曲と肩を並べるような格調の高さを求めているように思えます。ですから、その中で明らかに「クラシック」からは逸脱した性格を持っている「ストリート・コーラス」のパートが作り出す音楽は、あくまで「異質なもの」としてとらえているのでしょう。ある種、時代の香りを残すスパイスのようなものだ、と。
そんなコンセプトによるこの2種類の録音によって、この作品が「現代」でもなおかつ聴き続けられる理由が理解出来かけた頃、NAXOSからそれとは全く別なアプローチによるオールソップの2008年の録音がリリースされました。国内盤仕様はまだ発売されていないようですが、こちらですでに聴けますので、ワールド・リリースはされているはずです。
この演奏の特徴は、その演奏者、特に声楽陣の選定によってすでにはっきりあらわれています。まず、司祭役のサイクスのとてもクラシックの歌手とは思えないような自由な歌い方(あるいは話し方)はどうでしょう。これは、ケント盤のハドレーやヤルヴィ盤のスカルラータとは、まるで次元の違うパフォーマンス、あちらが変に力んだ嘘くさい「オペラ」だとすると、サイクスはまるで等身大の「ミュージカル」の世界です。最後の最後に歌われる長大なモノローグ「Things Get Broken」などは、まさに生身の人間の心情を吐露しているようなゾクゾクさせられるものでした。そして、「合唱」を担当しているのは、全て黒人のメンバーからなるゴスペル・グループ。彼らのグルーヴは、まさにクラシックの団体とは「別物」の躍動的な生命感を持つものでした。
そう、かつてはミュージカルの劇場のピットの中でも演奏したことのあるオールソップであれば、この作品をあたかも「ミュージカル」のような「非クラシック」ととらえるのはいとも簡単だったことでしょう。そういう視点に立つと、先の録音ではなんとも居心地の悪かった「ストリート・コーラス」のパートが、見事に作品の中のあるべき場所にしっかりはまっていることにも気づかされます。ケント盤を聴いてこの曲を「駄作」だと感じたのは、あくまでそれを「クラシック」だと思っていたからだったことに初めて気づきました。バーンスタインは、どこまで行っても超一流のミュージカル作曲家、決してそれ以上でもそれ以下でもなかったのですね。演歌も作っていますが(それは「与作」)。

SACD & CD Artwork © Chandos Record Ltd, Naxos Rights International Ltd.
[PR]
by jurassic_oyaji | 2009-08-26 20:55 | 合唱 | Comments(0)
MOZART/Symphonies Vol.7(1773)
c0039487_20274025.jpg



Adam Fischer/
The Danish National Chamber Orchestra
DACAPO/6.220542(hybrid SACD)



かつては「手堅い中堅指揮者」というイメージで、知名度に関しては弟のイヴァンに負けていたアダム・フィッシャーですが、2001年に、急逝したシノポリの代役としてバイロイトに登場したあたりからそれが逆転してきたのではないでしょうか。おでこの上がり方も今では弟に充分ひけをとりません。というか、久しぶりにこの人の写真を見て、「なんと!」と思ってしまったのですがね。
彼は、このDACAPOというあまり国内では流通していないデンマークのレーベルから、デンマーク国立室内管弦楽団やデンマーク放送シンフォニエッタなど複数のオーケストラとともにモーツァルトの交響曲全集の録音を着々と進めています。もっとも、今回が「第7巻」ではあるのですが、その前に出ていたのは「第5巻」だけ、その他はまだ出んまあく。そして、決して「第1巻」から順番に録音しているわけでもありません。
その順番とは、モーツァルトが作曲した順番、このタイトルにもあるように、年代を追って数を重ねていく、という形をとっています。もう「1788年」までの巻数の割り振りは済んでいるのでしょうから、ハイドンの時のようなレーベルの消滅などという事態にはならないで最後まで録音を完了させてもらいたいものですね。
1773年に作られた交響曲ということで、このアルバムには作曲順に2722232425番が収録されています。もちろん、この「番号」は最初のケッヒェルが出来たときのものですから、その後の研究によってこんな風に作曲時期が入れ替わった結果です。もう一つ、「27番」の前に「26番」がこの年に作られていますが、それは「第6巻」に入れられるのでしょう。
25番」以外はおそらくコンサートなどで聴くことはまずない曲ばかりです。そんな人のためでもないでしょうが、フィッシャー自身がそれぞれの曲のイメージをライナーに書いてくれていますから、それを読みながら聴いてみるのも一興でしょう。例えば「27番」の第1楽章は、
若いカップルが海辺に座っている。波が二人のまわりで砕け散る。太陽の光はふりそそぎ、爽やかな風が吹いている。カモメは啼きながら、二人の上に大きな弧を描く。

てな具合です。まあ、それなりにイメージをふくらませていただければいいのでしょうね。
最近の良識ある指揮者なら必ず行うように、フィッシャーもここではかなり徹底したピリオド・アプローチをとっています。ヴァイオリンはファーストとセカンドが向かい合う対向型、ホルンはナチュラルホルンを使っていますし、もしかしたら弦楽器はガット弦なのかもしれません。ビブラートはかけず、音は短めに処理されます。「27番」全体と「24番」の第2楽章にはオーボエではなくフルートが使われていますが(もちろん、モーツァルトの時代には同じ人が吹きました)それも木管の楽器のような柔らかい響きです。
レアな4曲は、それぞれが魅力にあふれるものでした。すべてメヌエットを欠く3楽章形式の短いもので、「23番」では楽章間の切れ目もなく、続けて演奏されます。オペラの序曲のスタイルですね。その真ん中のゆっくりした部分でのオーボエ・ソロが素敵です。
唯一馴染みのある「25番」は、先ほどのフィッシャーのライナーでは「痛み」がテーマなのだそうです。そのせっぱ詰まった表現は、確かに「痛み」を共有できるほどの激しさでした。その中で、大きくテンポを落として朗々と歌われる第1楽章のオーボエのテーマは、さしずめ「癒し」でしょうか。例えば、この曲がフィーチャーされたあの映画で、もしマリナーの今となってはかったるい演奏ではなくこれが使われていたとしたら、あの映画はもっと起伏に富んだものになったのでは、と思わせられるほどの、感情の振幅の大きい、したがって心を打つ演奏です。
SACDの良さが際立つ録音も、特筆ものです。こちらでは、それは十分には伝わらないかもしれませんが。
8/25追記)
ブログ版へのコメントにより、「第6巻」もすでにリリースされていることが分かりました。

SACD Artwork © DRS 8
[PR]
by jurassic_oyaji | 2009-08-24 20:30 | オーケストラ | Comments(3)
世界の10大オーケストラ
c0039487_2301383.jpg








中川右介著
幻冬舎刊(幻冬舎新書
134
ISBN978-4-344-98134-8


新書版で1300円(+税)もしたので、最近の出版界はこれほどまでに強気の価格設定がまかり通っているのか、と驚いたのですが、現物を見たら511ページ、まるで辞書のような分厚く重たい装丁だったので納得です。確かに世界を代表する10のオーケストラのそれぞれの歴史をつぶさに綴ったものが集められているのですから、これだけ膨大なページ数になるのも当然のことでしょう。
その「10」のオーケストラを選ぶにあたっては、おそらく今の時代何を基準にするかについて悩むことが多いはずです。以前ご紹介した書籍でも、なんとも納得のいかないトップ10でしたし、そもそもこの時代にすべての人を満足させる選定基準などあるわけがありません。その件に関しては著者も大いに悩んだようで、巻頭に6ページを割いて「言い訳」を寄せています。「なぜフィルハーモニア?」とか「なんでパリ管が?」と言いたいのはやまやまでしょうが、ここは一つ著者の顔を立てて、この「10大オーケストラ」に従っていこうではありませんか。そう割り切ってしまいさえすれば、こんなランキングはさほど重大ではないことにも気づくことでしょう。
そう、これは、その10のオーケストラの個々の歴史を描いたものですが、当然のことながら、その当時の世界情勢や、そのオーケストラに関わった「人物」の歴史を描いたものにもなっています。そんな人物たちが、あるときは世界の動向に翻弄され、あるときは競争相手との駆け引きに一喜一憂する、そんな極めて人間的な「物語」を見ていると、それぞれのオーケストラなどは単なる舞台背景にしか見えてはこないでしょうか。その「背景」は、ある時は由緒ある宮廷楽団、ある時はレコーディングのための寄せ集め、著者がこだわった「トップ10」とは、図らずもそんなバラエティに富んだ「舞台」を提供してくれるさまざまな出自を持った団体となっていました。
そんな主人公である人物たち(主に指揮者になります)は、著者の手によってまるで見てきたように生き生きと描かれています。由緒あるオーケストラのポストを常に望んでいながら、ついにそれをかなえることの出来なかったブルーノ・ワルターなどは、まるでその悔しさが読んでいるものにも伝わってくるほどのリアリティを備えていますし、さもシンデレラ・ボーイのように伝えられているレナード・バーンスタインにしても、そのポストへの道のりは決して平坦ではなかったことが、さまざまなオーケストラと錯綜する時間軸の中で等身大に感じられるようになっているのです。もちろん、著者の最大の関心はヘルベルト・フォン・カラヤンであることは間違いありません。彼と関わりのあった人物が出てくるたびに、「その時、カラヤンは生まれたばかりだった」みたいな記述が出てくるのには辟易しますが、確かに彼を「物差し」に使うというのは、相対的な位置関係を知るには有効な方法なのかもしれません。
オーケストラの歴史の中にさまざまな影を落としてきたのは、2つの大戦、冷戦時代、そしてビロード革命などのヨーロッパを襲った大きな動き(あるいは、中東の情勢)です。音楽の世界にそのような動きが無関係だったはずなどあり得ない、という当然のことにも、その度にオーケストラが被った変化を、やはり見てきたように語る著者の筆致によってまざまざと実感することが出来ます。
そのような著者の描写を助けたであろう文献の一覧が巻末にありますが、その数はハンパではありません。正確な情報を求めるための著者の努力の一端を垣間見た思いです。ただ、EMIの成り立ちについては文献は提示されておらず、おそらくこちらのネット情報の丸写しのようでした。ということは、そのモトネタはこちらなのですから、当サイトがこの労作の一端を担うという栄誉に浴することが出来たことになりますね。

Book Artwork © Gentousha
[PR]
by jurassic_oyaji | 2009-08-22 23:01 | 書籍 | Comments(0)
CDクッキー
c0039487_2022964.jpg

 「レコード芸術」の最新号を買ったら、なんだか面白い広告が載っていました。「CDクッキー」という新商品が発売された、というのです。「ネットによるCDの自動販売機」みたいな説明も付けられています。つまり、これはネット通販のように実際の「商品」を送るのではなく、その商品の「データ」を販売する、という商売のようです。なんでも、CD1枚分のデータを、直接ユーザーのパソコンのCDドライブの中のCD-Rに書き込む、という方法で、手元には「物」としてのCDが届く、という仕組みなのだそうです。そこで、そのサイトに行ってみたら、そのサービスの母体のレーベルの懐かしいアイテムがいっぱいありましたね。斎藤由貴のアルバムなんかもう廃盤でしょうから、思わず買いたくなってしまいました。「スケバン刑事」のテーマ曲の「白い炎」なんて、大好きです。
 いや、「レコ芸」に広告を出すぐらいですから、クラシックのアイテムも買うことが出来ますよ。さらに、親切なことには、雑誌の本文の方にライターの人が実際にここでCDを作ってみたという記事が載っていました。もちろん、これは「記事」という体裁をとってはいますが、実際はさっきの広告にリンクしている「宣伝」であることは明らかです。そんなことを言えば、この雑誌全体がレコード業界の「宣伝」あるいは「プロモーション」で成り立っているようなものなのですがね。メインの新譜の批評(?)にしても、国内盤、輸入盤を問わずメーカーから貸与(実際は返すことはないのでしょうね)されたサンプル盤を元に書いているのですから、宇野先生を除いては、たとえ気に入らなくとも本当のことなど書けるわけがありません(先生の場合、それがウリだからいいんです)。
 もっとひどいのは、民放FMですよね。朝から晩まで新譜のプロモーションの垂れ流し、こんなものを野放しにしていて、良いのでしょうか。
 テレビなども事情は同じなのでしょう。そんな中にあって、例の「題名のない音楽会」という長寿クラシック番組は、決してプロモーションを受け付けなかったのだ、などということを新聞に書いている人がいました。だから、高いクオリティを維持できたのだ、と。それを書いたのはけっこう良識のある人のようだったのですが、もしかして本気でそんなことを書いたのであったのでは、ちょっと恐ろしいな、と思ってしまいます。この番組、発足当時はいざ知らず、ついこの間まではまさに「プロモーション」だけで成り立っていたものだったことを知らなかったのでしょうかね。あるいは、明らかなプロモーションではあっても、きちんと番組としての体裁が整っていればそれはプロモーションとは呼ばないという感覚になってしまっているのだ、とか。それは、さっきの「CDクッキー」のプロモを、きちんと「記事」だと考えている業界の人だったら、確かにそのぐらいの感覚になっているのかもしれませんね。
 最近司会者が代わったので、本来の「プロモーションを受け付けない」番組に戻ったのかな、と思うのは間違いです。ついこの間も、さるピアニストがクイズ番組のフリをしてしっかりニューアルバムのプロモーションをやっていきましたからね。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2009-08-21 20:22 | 禁断 | Comments(0)
MESSIAEN/Saint François d'Assise
c0039487_19573056.jpg


Rod Gilfry(Saint François)
Camilla Tilling(L'Ange)
Pierre Audi(Dir)
Ingo Metzmacher/
Chorus of De Nederlandse Opera
The Hague Philharmonic
OPUS ARTE/OA 1007 D(DVD)



長いこと待ち望んでいたメシアンの唯一のオペラ「アシジの聖フランチェスコ」の映像です。温泉でくつろぐ聖人の話ですね(それは「足湯の聖フランチェスコ」)。昨年2008年は作曲家の生誕100年というアニバーサリーだったのですが、そんな記念の年を飾るにふさわしいネーデルランド・オペラの素晴らしいプロダクションが、お茶の間でも簡単に味わえることが出来るようになったなんて、まるで夢のようです。
そう、メシアン晩年のこの大作は、まず上演するだけでとても大変なものでしたから、作られてからもう30年近く経つというのに、音だけしか聴けないCDですら2種類しかありませんでした。そのうちの1つは、もちろんパリのオペラ座で1983年に行われた世界初演の録音です(CYBERIA/CY 833-836)。
c0039487_19584987.jpg

作曲家の立ち会いの下に行われた初演のドキュメント、これはこれでとても貴重な記録ではあるのですが、あいにくこの公演は完成度から言ったらかなり問題のあるものであったことは否定できません。この複雑な曲は指揮の小澤征爾には荷が重すぎたのでしょう。メシアンの変拍子がもたらすグルーヴは鈍く停滞し、繊細な和声はその変わり目もはっきりしないほど濁りきっていたのです。
その次に音で聴けるようになったものは、1998年のザルツブルク音楽祭、フェルゼンライトシューレでの公演の録音です(DG/445 176-2)。
c0039487_19592031.jpg

ケント・ナガノの演奏は、小澤盤に比べるとまさに雲泥の差でした。そこからは、初演では聴くことの出来なかった、メシアンが望んでいたであろう音たちが瑞々しく聞こえてきたのです。メシアン本人がこの演奏を聴くことなく亡くなってしまったのは、とても無念だったことでしょうね(添付されている日本語の解説には、この公演が「1989年のザルツブルク音楽祭」と書かれています。これだと、まだメシアンは存命中、単なるミスプリントでは済まされない重大なまちがいです)。
今回のネーデルランド・オペラ、演出のピエール・アウディは、このアムステルダムの「音楽劇場」という広い空間を駆使して、「リング」で見せたようなオーケストラと出演者が一体となったステージを作り上げました。オーケストラはステージの奥、その前にセットを並べて歌手たちが出入りするという、ほとんど「ホールオペラ」のパターンです。ですから、オケだけで演奏される場面ではそのメシアンの大編成を「目」で確認できるのが一つの楽しみです。真ん中を渡り廊下のようなものが走り、下手に弦楽器、上手に管楽器という配置、最前列にフルートパートが7人も座っているのは壮観です。特徴的な音色を提供している3台のオンド・マルトノは映像の画面からは確認できませんが、後ろのセットの中に埋没していたのでしょうか。
指揮者の姿が常に見える状態ですので、メッツマッハーの指揮ぶりはよく分かります。それは、いとも軽快に変拍子を処理している姿、そこには難しいスコアと格闘しているという段階などはとっくに卒業した、流れるように音楽を進めていく軽やかさが有りました。ナガノによって確立された音楽の精度は、さらに高度の仕上がりを見せていたのです。
フランチェスコを歌ったギルフリーは、前の2回の録音での同じ役のファン・ダムに比べると軽めの声ですので、深刻さとは無縁、ただ、やはり長丁場なので最後の方ではちょっとコントロールが苦しくなっていましたね。それはオケも同じこと、最後の最後に乱れを見せてしまいますが、まあそれはご愛敬、もちろん小澤盤を聴いたあとでは無視できるほどの乱れですから。
4時間半という長さを感じさせないその魅力あふれる音楽、そこには、メシアンがずっと聴衆に対して送り出してきた彼独自の語法がてんこ盛りです。彼の生涯は、このオペラのための「ライトモチーフ」を人々に知らしめるために多くの曲を作ることだったのでは、などという途方もない感慨に浸ったものでした。

DVD Artwork © Opus Arte
[PR]
by jurassic_oyaji | 2009-08-20 19:59 | オペラ | Comments(0)
FAURÉ/Requiem
c0039487_2224433.jpg
Dominic Harvey(BS)
Thomas Allen(Bar)
Martin Neary/
Winchester Cathedral Choir
The English Chamber Orchestra
GENEON/GNBC-4154(DVD)



フォーレの「レクイエム」を、実際に教会の中で演奏している新しいDVDが出ました。最近ではそんな機会にはコンサートホール向けの仕様である「第3稿」ではなく「第2稿」が使われることの方が多くなっているので(いや、コンサートホールでも、確実に「第2稿」が主流になりつつあります)「第2稿」マニアとしては当然食指が動きます。
演奏しているのは、マーティン・ニアリーの指揮によるウィンチェスター大聖堂聖歌隊、もちろんその由緒ある石造りの大聖堂の中で撮影されているのでしょう。ニアリーという名前は、1997年に行われたダイアナ妃の葬儀の時に、その会場であったロンドンのウェストミンスター寺院の聖歌隊の指揮をしていた人、ということで記憶にありました。その後で、任地がウィンチェスターに変わったのでしょうか。
しかし、現物のDVDを手にしてみると、それは全くの勘違いであることに気づかされます。そのパッケージには、本当に小さな字で「© 1980 Southern Television」と書いてあるではありませんか。つまり、これが録画されたのは1980年以前だということになりますよ。「第2稿」に基づく最初の出版譜である「ラッター版」が刊行されたのが1984年ですから、これが録画された頃には「第3稿」しか世の中には存在していなかったはずですね。実際に再生してみると、やはりこれは「第3稿」、映像では、「Pie Jesu」以外には出番のない木管楽器奏者が手持ちぶさたにしているのが分かります。しかも音声トラックはモノーラルの上になんとも歪んだ音で、モラルのかけらもありません。とても80年代の音声ソフトのレベルには達していない、まさに音声には無頓着だったその頃の「テレビ番組」そのものの音でした。とんでもない物を掴まされてしまったものですね。さらに調べてみると、このアイテムは、2002年に、これを販売している会社がまだ「パイオニア」という名前だった頃に一度リリースされていたものでした。「ジェネオン」と名前が変わったからといって、実質リイシューのものを新譜のように売りつけるなんて、なんという商売をしているのでしょう。
いや、でもこれは一概にメーカーを責めるわけにはいきません。こちらを見れば、ニアリーがウィンチェスターにいたのはだいぶ昔だったことは分かるはず、自分で書いておきながら、それをコロッと忘れていたのですからね。年はとりたくないものです。
この「テレビ番組」の最初にはジョン・ギールグッドという、イギリスの名優、というよりは、ごく最近までハリウッドで「執事役」として活躍していた人が出てきて、ひとくさり作曲家のことや曲の成り立ちなどを語ります。それに続いて真っ赤なローブに身をまとった聖歌隊のメンバーが入場、指揮者のニアリーも同じ格好です。もっとも、オーケストラは黒いシャツ姿、しかし、合唱がこのオーケストラと一緒に演奏しているシーンはほとんどありません。先日のゴールウェイ同様、これも先に音を録っておいて、合唱がそれに合わせて「口パク」をしている、というものでした。彼らは曲によって、この大聖堂の色々な場所に立たされて「歌って」います。それはまるでこの建物のガイド役のように見えてしまいます。そう、これもやはり、主役は合唱団や彼らが演奏している音楽ではなく、それが響いている建物だったのです。それに気づくと、この演奏がいかにも雑なものであるのも理解できます。テナーあたりは、パートの中で音をまとめようという気持ちなどまるでなく、ひたすら自分の声を目立たせてこの「番組」の中に残そうとしているのではないか、と思えるほどの自分勝手な歌い方に終始していますし。
それにしても、アレンの若いこと。彼の髪がまだ黒々としていたのを見るためだけに、こんなしょうもないDVDを買ってしまったのだとすれば、これほど悔しいことはありません。

DVD Artwork © Geneon Universal Entertainment
[PR]
by jurassic_oyaji | 2009-08-18 22:25 | 合唱 | Comments(0)
Bach Edition Leipzig
c0039487_23164463.jpg




Various Artists
CAPRICCIO/49 254



まるでゾンビのように、もう死んでしまったのか、まだ生きているのか良く分からないドイツのレーベルCAPRICCIOですが、昔のカタログの在庫一掃なのでしょうか、ケーゲルのベートーヴェンのように、初出の時よりははるかに安く放出されていたので、つい手が出てしまいます。これは、だいぶ前に注文していたのが、やっと届いたもの、ただ、中にはもう「ブツ」が残っていなくて、いくら待っても届く見込みがないものもあるようですね。まあ、言ってみればアウトレット品ですから、それは仕方がありません。有るとゲット出来るけど、ないことには・・・。
そもそも、この「バッハ・エディション」は、マルCこそ1999年となっていて、あたかも2000年のバッハ・イヤー(没後250年)に向けて準備されていたもののように見えますが、実際には1985年の生誕300年の時に出ていたシリーズを、ジャケットはそのままで単に間に合わせのボックスセットにして出したというだけのものなのです。実際に昔出ていたものを、散発的に何タイトルか入手してありましたが、この中には含まれていないものもあるのですよ。ホルム・フォーゲルが演奏していたオルガンのためのトリオ・ソナタなどが、そういうものです。つまり、80年代のシリーズのハイライトのような形でしか、リリースはされなかったのですね。そういえば、「管弦楽組曲」の余白に何の脈絡もなくチェンバロ独奏でそれこそ「カプリッチョ」などが入っているのは、その時点でコンパイルされたからなのかもしれませんね。
全部で10枚のCDに、もう1枚ボーナスCD(インタビューやリハーサルが入っている、まさに「おまけ」)というのがこの貧相な「エディション」の全容ですが、そうは言っても、これが録音された1980年代前半というのは、まだ「ライプツィヒ」が「東ドイツ」だった頃、その近辺のアーティストを起用して行われたこのシリーズからは、そんな当時の社会情勢までもが演奏に反映されているようにも感じられます。それは、「バッハゆかりの地」という利点を最大限に活用して、「西側」には決して負けないようなものを作り上げようとする、国の威信をかけた意気込みのようなものでしょうか。そう言えば、ペーター・ギュルケやペーター・ハウシルトによってベートーヴェンの交響曲の「原典版」を完成させ、それをライプツィヒ・ゲヴァントハウス管が録音、「西側」に先駆けて「新しい」ベートーヴェン像を提示したのも、これから数年後の出来事でしたね。
そんな意気込みのあらわれが、ブランデンブルク協奏曲第5番の「初稿」の録音でしょうか。最近ガッティたちの演奏で初めて聴くことが出来たこの名曲の最初の形が、この時代にすでに録音されていたというのは、ちょっとした驚きです。現行版と並べて、その場で比べて聴けるようにした配慮もなかなかのもの。
もう一つの注目盤は、「オリジナル楽器」による「音楽のささげもの」でしょう。ドイツという国自体が、そのような動きに対しては「後進国」、「東」ともなれば、さらに保守的な体質だったのでは、という憶測を見事に裏切るような、これは「西側」へ向けての精一杯のアピールだったのではないでしょうか。なんせ、冒頭の「3声のリチェルカーレ」からして、チェンバロではなくフォルテピアノが使われているのですからね。ここでは、そのバッハゆかりのジルバーマンによる楽器の他に、フレミッシュとフレンチのヒストリカルチェンバロのコピーも登場、それぞれの流派の音の違いまで味わうことが出来ます。ただ、「組曲第2番」などではモダンフルートを吹いている当時のゲヴァントハウス管の首席奏者カールハインツ・パッシン(N響のオーボエ奏者茂木大輔さんの師匠、ギュンター・パッシンの弟)にトラヴェルソを吹かせているあたりが、やはり「後進国」。楽器だけは揃えても、演奏スタイルはモダンのままというしょぼさをさらけ出しているのが惨めです。

CD Artwork © Delta Music GmbH
[PR]
by jurassic_oyaji | 2009-08-16 23:17 | オーケストラ | Comments(0)
The Mozart Album
c0039487_21113781.jpg


Danielle de Niese(Sop)
Charles Mackerras/
Orchestra of the Age of Enlightenment
DECCA/478 1511



ちょっと前のヘンデルに続いての、ダニエル・デ・ニースの2枚目のソロアルバムの登場です。ちなみに、この人の名前の日本語表記は、せっかく「デ・ニース」で落ち着いたと思っていたら、日本のレコード会社が「ドゥ・ニース」などとやってくれたものですから、またまた混乱の極みに。先日仲間の飲み会で「デ・ニース」の魅力をとうとうと語っていたら、「その『デ・ニース』というのは、『ドゥ・ニース』のことですか?」などと、訳の分からないことになってしまいましたっけ。フランス語の「de」だから、生真面目に「ドゥ」と表記したのでしょうが、彼女は別にフランス人ではありませんから、自分ではフランス語でも英語風に「デ」と言っているのに。彼女によく似たアフリカ系のオスカー女優でHalle Berry(↓)という、やはり美しすぎる人がいますが、これも「ハリー・ベリー」と読む方がより実際の発音に近いのに、未だにスペルにこだわって「ハル・ベリー」と言っている人は後を絶ちません。
c0039487_21125565.jpg

それはともかく、このモーツァルト、「アリア集」となっていないのが嬉しいですね。決して、オペラ・アリアだけにはとどまらないところで勝負したいのでありあす、といういうデ・ニースの心意気のあらわれなのでしょう。最初にモテットの「Exsultate, jubilate」全曲で始まり、最後は「証聖者の盛儀晩課」の中の「Laudate Dominum」で締めくくるという、ラテン語のテキストによる宗教曲で額縁を作っているのも、なかなか粋な構成です。
それに挟まれた「オペラ・アリア」も、あまり有名な曲ではなく、マイナーなコンサート・アリアとか、今では殆ど演奏されることのない異稿を取り上げているのも、ユニークですね。これも、知名度ではなく、その曲が自分の技巧を遺憾なく発揮できるものだ、というあたりが選定基準だったのでしょう。この間ユントゥネンで聴いたばかりの不思議な音程のオンパレードのK528のコンサート・アリア「Bella mia fiamma, addio!...Rasta, oh cara」も歌っていますし、やはり、彼女はただ者ではありません。
ヘンデルではクリスティと「レ・ザール・フロリサン」がバックでしたが、今回は大御所マッケラスの指揮です。オケもイギリスの「エンライトゥンメント管」、こことは、グラインドボーンで共演していましたね。ただ、やはりクリスティとはちょっと勝手が違っているようで、何かと伸び伸びと歌いたがっているソリストを、マッケラスはちょっと押さえ込みにかかっているような場面があちこちに見えてしまっているのが気になります。というよりは、こういうバックで歌われることによって、彼女のキャラクターは、実は「ジューリオ・チェーザレ」で見せていたような軽やかなものではなかったことに気づかされます。「歌って踊れて、その上美人」というイメージは、彼女の一面に過ぎず、もっともっとドロドロに入り組んだ情感のようなものでも表現できる資質を、本当は備えているのでは、という思いに駆られてしまいます。
そうなってくると、このアルバムの中では、オトコに棄てられた恨みとは裏腹に、今でも彼を愛しているという設定のドンナ・エルヴィラが最も魅力的に思えてきます。彼女が歌う「Ah! fuggi il traditor」は、そんな複雑な心のヒダが見事にあらわれた素晴らしいものです。このアリアの最後にある、「普通の」エルヴィラ歌手には難しいコロラトゥーラを軽々とクリアしているあたりが、デ・ニースの最大の武器なのではないでしょうか。
ですから、彼女が同じオペラから、超豪華ゲストのブリン・ターフェルとのデュエットで「Là ci darem la mano」を歌うとき、ツェルリーナはただの小娘ではない、もっと駆け引きに長けたすれっからしになっているはずです。そうでなければ、ターフェルがこれほど入念に手練手管を込めたナンパを仕掛けることもなかったことでしょう。

CD Artwork © Decca Music Group Limited
[PR]
by jurassic_oyaji | 2009-08-14 21:13 | オペラ | Comments(0)