おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
<   2017年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧
「けんり まもろう」です
 きのうは、ニューフィルの会報誌「かいほうげん」の発行日でした。いや、別に毎月20日とかに発行日が決まっているわけではなく、なんとかネタが集まって出せるようになる時が発行日なんですけどね。これはもう月曜日にはファイルは出来上がっていて、午前中に印刷と製本を行いました。今回は大体プリンターの能力と、私がそれを折ってホチキス止めするまでの時間がぴったり同じになっていたので、印刷が終わると同時に製本も終わるという非常に珍しいことが起こってしまいました。もちろん、これが実現するには私は休んだり他のことをやることは許されません。ひたすら脇目も振らずに、紙をぴったり二つ折りしたら、それを4枚まとめて、その折り目の上に正確にホチキスの針を打ち込む、という作業を繰り返さなければいけません。しかも100回も。
 全てが終わって時計を見たら、印刷をスタートしてから1時間40分でした。そんなに長い間集中していたんですね。いつもは、印刷が終わった時点で大量に未製本の紙が残っているのでそれを製本してると結局2時間ぐらいかかっていたのですが、うまく行くとこんな時間で終わるんですね。
 これで、ひと仕事終わったことになるのですが、今月はまだまだ別の仕事が待っています。それは、来週の週末に迫った職場でのコンサートの準備。もうセッティングなどの準備はほとんど終わっているので、いよいよ当日渡すプログラムを作らなければいけません。それも、曲目とかプロフィール、そして写真などが揃ったので、テキストの打ち込みとレイアウトを始めましょう。
 そこで、曲目とかクレジットなどを資料から拾い出して打ち込んでいったのですが、そこでハタと手が止まってしまいました。今回のコンサートの出演者はさる合唱団で、曲目には「作詞」と「作曲」のクレジットが付いているのですが、曲によって「作詞」ではなく「作詩」となっているものがあるのです。これは、以前から私もよく分からなかったことなのですが、普通の歌であれば「作詞」以外にはありえないものが、なぜか合唱曲の場合には「作詩」と呼ばれる場合が非常に多いのですよね。確かに、合唱曲では、必ずしも歌のために作られた「歌詞」を使わないこともあります。つまり、歌になることを前提とはしていない「詩」を、「歌詞」に転用することがかなりあります。ですからそういうもので作られた曲では「作詩」、あるいは「作詩、作曲」とも言わずにもっと直接的に「詩」、「曲」と書いたりすることがあります。というか、ほとんどの合唱作品では「詞」ではなく「詩」という字が使われているのではないでしょうか。「合唱組曲」だったら例外なく「作詩」ではないでしょうか。
 確かに気持ちはよく分かります。「合唱曲」は決して「歌」ではない、という思想の反映ですね。もっと言えば、「詩」は芸術作品として成り立つが、歌のための「詞」にはそれほどの価値はない、という思い上がりでしょうか。それはそれで、一つの矜持として一部の人にとってはとても大切なことなのかもしれませんが、そうなってくると「詩」と「詞」の境界はどこになるのか、という問題が出てきませんか。そもそも、「歌詞」ってなんだ、という問題ですよね。
 私としては、メロディが付けられて歌われるものは、その出自に関わらずすべて「歌詞」だ、と思いたいですけどね。そうすれば、さっきみたいにプログラムの印刷で考えなくても済みますからね。
 参考のために申し添えれば、そういう音楽作品を管理している団体では、演奏される曲の属性はすべて「作詞者」と「作曲者」になっています。
 このように、「作詩者」という項目は、この明細書にはありませんからね。
 「記入例」というのも見つかりましたが、下の方の、「合唱組曲」でも、やはり「作詞者」の欄にしか記入できません。このあたりが、最も納得できる措置だと思うのですがね。
 余談ですが、この記入例の投げやりなこと。「上原」というのは、この団体の本部があるところですね。「音野美子」とか「権利守」なんて、恥ずかしくなりますね。せめて「音羽美子」とか「権利守郎」だったら許せるのに(そこ?)
[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-05-17 23:04 | 禁断 | Comments(2)
ARIAS FOR ALL
c0039487_22541413.jpg



Julian Reynolds/
Ave Sol Choir
Latvian Opera Orchestra
SONY/88985370282


「アヴェ・ソル」というなんともなつかしい名前がSONYの新譜の中にあったので、思わずチェックしてしまいました。総理大臣が威張っていたわけではありません(それは「安倍、反る」)。正式な名前は「リガ室内合唱団『アヴェ・ソル』」。ラトヴィアの首都リガで1969年にこの国の合唱界のリーダーだったイマンツ・コカーシュによって創設されたプロの合唱団です。ラトヴィアは近隣のエストニア、リトアニアとともに「バルト三国」と呼ばれていて、それぞれに合唱音楽のレベルの高さで広く知られています。「アヴェ・ソル」は、そんな中でも「ラトヴィアでは最高峰の合唱団」と言われていました。
2003年にはビクター・エンタテインメントから「バルト三国の合唱音楽選集」という5枚のCDのシリーズがリリースされましたが、その中の2枚をこの「アヴェ・ソル」の演奏が占めていたということが、この合唱団の実力を端的に物語っています。このうちの男声合唱と混声合唱を収めたCDを聴いてみると、その素晴らしさには言葉を失います。男声はあくまでソフトな音色でとても繊細な響きを出していますし、女声はとことんピュアな声で迫ります。もちろん全曲ア・カペラで歌われていて、混じりけのない極上のサウンドが堪能できました。
そんな合唱団がオペラ・アリアを「合唱」で歌う、という触れ込みのCDを作りました。一瞬、これはオペラ・アリアをア・カペラの合唱で歌っているのだな、と思ってしまいました。あの澄んだハーモニーで、有名なオペラ・アリアを歌えば、そこにはまた新たな魅力が加わることでしょう。というか、普通にオーケストラをバックに合唱でアリアを歌ったって、なんにも面白くないじゃないですか。
ところが、そんな期待は完全に裏切られてしまいました。ここではまさにその「な~んにも面白くない」事をやっていたのですよ。バックインレイを見てみると、そこには12曲の非常に有名なオペラ・アリアのリストとともに、「ジュリアン・レイノルズの指揮によるラトヴィア・オペラ管弦楽団」という文字があったではありませんか。
ジュリアン・レイノルズは、世界中のオペラハウスで指揮をしているオペラのスペシャリストです。ネーデルランド・オペラとかモネ劇場といった渋いところで活躍しています。そして、このオーケストラはリガにあるラトヴィア国立歌劇場のオーケストラのピックアップ・メンバーによってこの録音のために用意されたものなのでしょう。ブックレットの写真ではフルートには首席奏者ミクス・ヴィルソンスの顔も見られますが、弦楽器はおそらく8型程度の少人数のようですね。
最初の、「トゥーランドット」の「Nessun dorma」あたりは、なかなかのもののように思えました。この曲にはもともと合唱も入っていますが、それとソロとの歌いわけも納得できるような編曲で、それほど抵抗なく聴くことが出来ます。しかし、合唱のサウンドは、先ほどのア・カペラのCDとは雲泥の差でした。それぞれのメンバーがとても立派な声を持っているのはよく分かるのですが、合唱としてのまとまりがほとんど感じられないのです。創設者のイマンツ・コカーシュはもう亡くなっていて、今では息子のウルディスが指揮をしているそうですが、そのせいなのか、あるいはこんな適当なセッションなのでろくすっぽリハーサルもしていなかったのか、それは分かりません。
いや、これは決して「適当」なものではなく、それぞれの曲は合唱が映えるように指揮者のレイノルズによってかなり手が加えられているのですが、それはどうやら逆効果だったようです。「カルメン」の「ハバネラ」でティンパニが堂々と鳴り響くアレンジなどは、あまり聴きたくはありません。そして、弦楽器があまりにしょぼすぎます。
不思議なのは、写真とは反対の定位で合唱が聴こえてくること。オーケストラでも、弦楽器はそのままの定位ですが、ティンパニだけ写真とは反対側から聴こえてきます。なんか、いい加減。

CD Artwork © Sony Music Entertainment

[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-05-16 22:56 | 合唱 | Comments(0)
ジャズっぽい曲もありました
 RADIKOの「タイムフリー」はとても役に立つ機能ですが、いつでも聴けると思っていると、つい聴き逃してしまうことがままあったりします。「フリー」といっても、その期限は1週間しかないので、それを過ぎるともう聴けなくなってしまうんですよね。先週の日曜日に放送された仙台フィルの番組も、今週は何かと忙しくてまとまった時間がとれなくて(なんせ、3時間という時間制限があって、それを過ぎると聴けなくなりますから、一気に1時間とか聴かないといけません)聴けないでいたら、もう日曜日になってしまったではありませんか。今日中に聴かないことには、もう一生この回は聴くことが出来ませんよ。
 それで、最後の手段、車での移動の時にiPhoneをカーオーディオにつないで聴くことにしました。今日はちょっと遠いところ(市内ですが)まで知り合いの知り合いの合唱団のコンサートを聴きに行くことになっていましたが、駐車場が混んでて入れないことも見越して、かなり早い時間に出発しましたから、これを聴く時間は十分にあるはずです。
 新年度になってMさんが出演することになってこれが2回目になるのですが、もうすっかりMさんはDJ稼業が板についたようですね。前回はちょっと硬いところがあったものが、今回は普段通りのノリの良さで、とても面白い話を聴かせてくれていましたよ。次回も楽しみです。相方のアナウンサーがなんとも間抜けな受け答えしかできないのが、ちょっと痛いところですがね。一番ウケたのは、「鉄腕アトム」のイントロに全音音階が使われている、という指摘。これは、前から私も気が付いていましたが、そこから「未来に向けてのメッセージ」みたいな意味を感じるのは、さすがMさんです。これがスティーヴィー・ワンダーの「You are the Sunshine of my Life」だとどうなるのでしょうね。
 コンサートの会場にはすぐ着いてしまったので、そのまま駐車場で最後まで聴いてから、ホールに向かいます。この合唱の今回のプログラムは、全部仙台の女子大の先生で作曲家のA先生の作品だけを取り上げていました。さらに、後半のステージではA先生自身がピアノ伴奏も担当していました。そして、最後のステージではこの合唱団が委嘱した新作の初演もありました。なんと贅沢な。
 この方の作品は合唱界では全国的に有名で、色んなところで聴いたことがあります。とてもキャッチーなメロディで、親しみやすい曲なのですが、その親しみやすさとは裏腹にピアノ伴奏がとても難しそう、という印象がありました。以前も別の合唱団で先生がピアノ伴奏を弾いていたことがありましたが、それはさすがに自分の作品ということで、とても伸び伸びとかっこよく弾いていましたね。ですから、普通の伴奏者がこれをそのまま弾いたのでは、とても大変だろうなあ、という気にはなりました。
 今日の前半のステージでは、伴奏はそんな「普通の」人。まさにそんな危惧が現実のものとなっていました。最初の曲でピアノ伴奏が聴こえてきた瞬間から、これはどうしようもないな、と思ってしまいましたよ。音は外すし、リズムは合わないし、変なところでアクセントを付けるし、そして一番いけないのは、合唱と全く合っていないんですね。いや、合わせる以前の問題、ピアニストはAさんの書いた難しい音符と格闘するのに精いっぱいで、とても他人の演奏なんか聴いている余裕はなかったのでしょう。
 それが、後半にAさんの伴奏になったら、もう別物、まさに余裕で、その曲の味が最も美しく出てくるような絶妙のピアノが聴けました。軽々と弾いているので、合唱の声もよく聴こえるようになりました。これはもう至福の瞬間ですね。初演の曲はいつもと同じ親しみやすい作風ですが、最後の曲ではなんと「パッサカリア」が使われていたりして、とても楽しめました。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-05-14 21:15 | 合唱 | Comments(0)
BACH/St. John Passion
c0039487_20300579.jpg

Nicholas Phan(Ev), Jesse Blumberg(Jes), Jeffrey Strauss(Pil)
Amanda Forsythe(Sop), Terry Wey(CT), Christian Immler(Bar)
Jeannette Sorrell/
Apollo's Fire(The Cleveland Baroque Orchestra)
Apollo's Singers
AVIE/AV2369


1992年に創設されて、今年25周年を迎えたのが、アメリカのピリオド・アンサンブルが「アポロズ・ファイア」です。同時に「アポロズ・シンガーズ」という合唱団も結成され、バロックのレパートリーに限らずモーツァルトやベートーヴェン、シューベルトまでの演奏を行い、全世界で絶賛を博している団体なのだそうです。CDも、これまでにAVIEとKOCHから30枚近くリリースしています。
この団体を創ったのはジャネット・ソレルという1965年生まれの女性です。なんでも、彼女は指揮をレナード・バーンスタインとロジャー・ノリントン、チェンバロをグスタフ・レオンハルトに師事したのだそうです。1991年にはアトランタで開催された国際チェンバロ・コンクールで優勝しています。
この団体は、2016年の3月に、本拠地のクリーヴランドとニューヨークで7回「ヨハネ受難曲」のコンサートを行いました。その中で、3月7日から9日までのクリーヴランドのセント・ポール教会での演奏がこのCDには収録されています。このコンサートは映像でも撮影されていて、彼らのサイトでその一部を見ることが出来ます。それは、ちょっとほかでは見られないようなユニークな点がたくさんある、興味深いものでした。
まず、ここでは指揮者のソレルが、ポジティブ・オルガンを演奏しながら指揮をしています。それが、普通こういうキーボードを弾きながらの「弾き振り」だと座って演奏するものですが、彼女はオルガンを指揮台の上に乗せて、その前でずっと立ったまま指揮をしたりオルガンを演奏したりしているのです。彼女はパンタロンのような裾の広がったパンツを穿いているので、絵的にはなんとも華やかというか。
彼女の他にもオルガン奏者がもう一人アンサンブルの中にいて、そちらは指揮にはきちんと両手を使わなければいけない合唱の部分での演奏を担当しているようです。彼女は、ですからレシタティーヴォやアリアなどでの低音を担当しています。これがとてもいい感じ。エヴァンゲリストとの呼吸がぴったり合うんですね(阿吽の呼吸)。
合唱のメンバーは20人ほどですが、その中にはソリストも含まれています。彼らは普段は後の合唱団の中にいて、自分の出番になると前の方に設けられたステージのようなところに来て歌い始めます。唯一、エヴァンゲリストのニコラス・パーンだけは、常に前の方に立っています。そこに、イエスのジェシー・ブルームバーグやピラトのジェフリー・ストラウスが絡む時には、その二人は楽譜も持たずに登場して、ステージの上でちょっとしたしぐさを交えながら物語を進めていきます。後ろの壁にはプロジェクターで字幕が投影されていますから、英語圏の人にもその物語の内容ははっきり伝わることになります(確か、日本でも字幕付きでこの曲を演奏していたところがありましたね)。
パーンの声は、とても伸び伸びとした心地よいものでした。さらに、彼はテノールのアリアも歌います。それももちろん素晴らしかったのですが、やはりライブで両方とも全部歌うというのは大変なことですから、ちょっと苦しいところがあったのが残念です。そのほかのソリストも粒ぞろい、ソプラノのアマンダ・フォーサイスはとてもキュートですし、カウンターテナーのテリー・ウェイも深みのある声、そしてバリトンのクリスティアン・イムラーは完璧です。
合唱は、あえて感情を表に出さない、とてもクールな歌い方でした。それが、逆に恐ろしいほどの迫力を感じさせられるのですから、これはただ事ではありません。時折、指揮者の裁量でコラールがア・カペラで歌われるところなどは、背筋が凍りつくほどのインパクトがありましたよ。
常にオルガンのモーター音が聴こえているのと、CD2のトラック7の00:49から00:52にかけて録音機材に由来するノイズが聴こえるのが、ちょっとした瑕です。編集で気が付かなかったのでしょうか。

CD Artwork © Apollo's Fire/Jeannette Sorrell

[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-05-13 20:32 | 合唱 | Comments(0)
エビフライは冷たかったし
 この間の「禁断」を書いた直前に、ニューフィルの定期演奏会の写真をアップしたんですよね。そうしたら、その日のうちにあの写真のページへのアクセスが40件以上ありました。あそこにはカウンターが設置してあって、それに上書きして新しいページを作っていますから、前の演奏会の写真へのトータルのアクセス数がまだ残っていました。それは半年で140ちょっと、まあいつもこんなものでしょうか。アップした直後を過ぎるとあまり見る人はいなくなりますからね。それを、新しいページにした時に、カウンターもリセットしておきました。そうしたら、ほんの2時間ぐらいの間にこんなにアクセスがあったのです。
 あのページはパスワードを入れないとアクセスできませんから、この40件というのはこのパスワードを使った人によるアクセス、ということになりますね。ですから、ほとんどはFacebookページ経由でパスワードをゲットしてアクセスした人なのでは、という気がするのですが、どうでしょう。
 そして、この写真の中から選りすぐったものを集めて、「かいほうげん」の制作も始まりました。あまりに多すぎて、却ってどれを載せるかがなかなか決まらなかったり、必要な写真がどこにあるのかわからなかったり、結構手間取ってしまいましたが、なんとか、今日の6時過ぎには全部のページを完成させることが出来ました。こんなに早く出来上がるなんて、ある意味、快挙ですね。
 なにしろ、今回の、本来の「会報」としての伝達事項があまりにも多かったので、早いところそれを吐き出してしまいたかったんですよね。結局、いつも最後のページには、あまり書くことがなくて、別の写真などをでっち上げていることが多いのですが、今回はそのような入ってきたり辞めていったりする団員などの告知だけで、まるまる埋まってしまいましたからね。
 それと、来週には発行したかったのは、再来週に行われるコンサートの案内をぜひ載せたかったものですから。
 左の方は、団員の身内の方なので、大々的に宣伝したいと思っていました。なんでも、かつてニューフィルの演奏会にエキストラで出演したことがある、というのですから、実際にいつ頃のことなのか調べてみましたよ。そのために、昔の演奏会のプログラムを引っ張り出して出演者を見てみたら、それはもう20年近くも前のことだったことが分かりました。ちょうど、私が「ジュラシック・ページ」という個人サイトを始めたころですね。そのころは、ニューフィルの公式サイトはまだ出来ていなくて(正確には、他の人が作ったものはあったけど、ほとんど機能していませんでした)、個人サイトにニューフィルの情報も同居させていたような状態でしたね。ですから、今の公式サイトでは、その年から演奏会のコンテンツが始まっています。そんなことを、懐かしく思い出してしまいましたよ。
 そんな作業していたので、帰るのが遅くなって、外食をすることになりました。いつもだったら「とらの子」という中華に行くのですが、このお店が連休明けから2か月間、改築のために休業になっているのです。毎週練習の前にここに来ていましたから、ちょっと困りますね。ただ、そんな時に「プランB」で行けるお店が、すぐそばにありました。それは「KAYA」という洋食店です。ですから、そこに行ってみることにしました。いつも食べるのはカツカレーなので、それを頼むと、出てきたものがなんだかいつもと違います。カツが明らかに小さくなっています。それと、カレーの中に前は肉とか野菜が入っていたのに、今日は玉ねぎのかけらぐらいしかありません。味自体はいつもと変わらないのですが、その小さくなったカツのお肉がちょっと硬いような気がしました。そういえば、この前に来た時に食べたビーフシチューも、とても固い肉だったことを思い出しました。それまではとろけるようなおいしい肉だったのに。残念ですが、もうこのお店に来る価値はなくなってしまっているようです。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-05-12 22:42 | 禁断 | Comments(0)
Electronic Sound
c0039487_20221868.jpg





George Harrison
ZAPPLE/02


先日「ザップル・レコード興亡記」を読んでとても気になってしまったジョージ・ハリスンの「Electronic Sound」を実際に聴いてみることにしました。ビートルズ時代のジョージはとても好きだったのですが、ソロになってからのアルバムなどは全く興味がなかったのでどれも聴いたことはありませんでした。今回チェックしてみたら、やはり元ビートルズとあって、それらのアルバムはとても手厚い待遇を受けていたことが分かりました。CD化された後でも、何回もリイシューが繰り返されていたのですね。なんと、今年の2月にはジョージのすべてのソロ・アルバム13枚が、紙ジャケット仕様でリリースされていました。それは国内盤のみのことなのだそうです。なんでも、国内でLPが発売になった時の「帯」までが、ミニチュアで復刻されているのだとか。しょうもない気がしますが、マニアにはたまらないのでしょう。
この「Electronic Sound」は、オリジナルは1969年のLPですが、それは普通のシングル・ジャケットで、録音データなどは中袋に印刷されていたようですね。今回入手したのは、2014年に新たにリマスタリングが行われた輸入盤CD、それはダブル・ジャケット仕様の紙ジャケットで、CDはLPの中袋をほぼ忠実に再現したものの中に入っています。
このCDには、オリジナルにはなかったブックレットが入っていて、そこには多くの写真と、2014年に新たに書き下ろされたライナーノーツが掲載されています。それらは資料としてはとても興味深いものでした。まず、ダブル・ジャケットの見開きの部分に、ジョージ自身が購入した「モーグ」の、2014年に撮影された写真があるのが感激ものでした。それは、「モーグIIIP」という、ポータブル・タイプでした。
さらに、ブックレットではこの同じ楽器が「アビー・ロード」のセッションで使われた時の写真なども見ることが出来ます。ライナーノーツによると、それは確かにこのアルバムが録音された時に使われたもので、1969年の8月にアビーロード・スタジオに運び込まれたのだそうです。他のデータによると、セッションでこれが使われたのは8月5日から19日までの間ですから、それは間違いありません。「アビー・ロード」には、しっかりジョージの「モーグ」が使われていたのでした。
ただ、この写真ではセットアップを行っているのがジョージ・マーティンのようで、ジョージをはじめ、他のメンバーはそれを眺めている、という感じに見えてしまいます。おそらく、音を作ったのはすでに同じものを持っていて使い慣れていたジョージ・マーティンだったのでしょうね。ジョージたちは単にキーボードでフレーズを演奏しただけなのでしょう。
もちろん、中袋のデータでもわかるように、1曲目の「Under the Mersey Wall」が録音されたのは1969年の2月ですから、ジョージがこの「モーグ」を入手した直後なのですが、2曲目の「No Time or Space」が録音されたのが1968年の11月、しかも録音場所はカリフォルニアなのですから、これと同じ楽器ということはありえません。この点こそが、「興亡記」でもしっかり述べられ、今回のライナーノーツでも語られていることなのですが、この曲を実際に「演奏」していたのは、「アシスタント」というクレジットがあるバーニー・クラウスに間違いないでしょうね。そのカリフォルニアでのセッションが終わってから、ジョージがクラウスに頼んでデモ演奏をしてもらったものを無断で録音して、それを編集しただけだ、というクラウスの主張は、「真実」に限りなく近いものなのでしょう。
実際にこの2曲を聴いてみると、それははっきりします。ジョージ自身が演奏した「Under the Mersey Wall」では、いかにも偶然に出来た音を羅列したという感じで、逆にそれがまるでジョン・ケージの作品のような味を出しているのに対して、「No Time or Space」の音は、明らかにこの「モーグ」の操作に熟達した、確かな意思を持って作り上げられたものなのですから。

CD Artwork © G. H. Estate Limited
[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-05-11 20:24 | ポップス | Comments(0)
2番フルートの方が大変そう
 長い長い休みが終わり、ニューフィルの練習が再開されました。なんたって、今度の曲はエルガーの交響曲第1番ですから、下準備が大変です。ぜひともこの長い休みの間にきちんとさらっておこうと思ってはいたのですが、「休み」とは言っても私がすべて休めるわけではなく、練習に使える時間などはほんの少ししかありませんから、完璧には程遠い出来に終わっていました。
 そんな、もう出たとこ勝負のような感じで臨んだ「初見大会」では、なんだか懐かしい顔があちこちに。久しぶりに戻ってきた、という人が急に押し寄せてきたのですね。それだけではなく本当の新入団員もいたりして、ちょっと景色が変わって見えました。私のお隣のオーボエパートなどは、3人のうちの2人がそんな「新人」でしたからね。
 合奏が始まる前に団長が「この曲やったことある人」と声をかけたら、予想通り手を挙げた人は誰もいませんでした。そのぐらい、普通のアマチュア・オーケストラにとっては馴染みのない曲を、これからやろうとしているのですね。始まってみると、そもそも音楽の作り方が普通の「クラシック」とはかなり様相が異なっているのが分かります。他の楽器との合わせ方がなんとも読めないんですね。フルートなどはそもそも鳴りにくい音域でもぞもぞやっているような感じなので、果たして正しい音を出しているのかさえ分かりません。結局、何度か落ちたり、入り損ねたりしていたのですが、なんかそこで「間違った」という気がほとんどしないのですよ。これは恐ろしい曲です。まずはもう1回スコアをちゃんと見てからさらわないと、どうにもなりませんね。
 逆に、こんだけ分かりにくいと、やる気は湧いてきますね。こんなダラダラした曲がどこまで納得して吹けるようになるのか、とても楽しみです。きっと、きれいにリズムもハマって、不思議なスケールもさらさら吹けるようになれば、気持ちがいいのでしょうね。そんな景色を、ぜひ見てみたいものです。
 何とか最後まで通した後、恒例の「懇談会」です。演奏会の反省事項などを語り合う場ですが、今回はお客さんもたくさん入ったのでそんなにネガティブな発言はなかったようです。逆に、今までほとんど言われたことのなかった、私が主にやっている広報活動について名指しで褒めてもらえたのが、うれしかったですね。「また名取でやりたい」という人が何人かいましたから、またここでやれるといいですね。
 そんな発言を録音したものを、今日の午前と午後に分けて文字起こししてしまいました。もちろん、次の「かいほうげん」のためなのですが、これを来週発行するのだ、という予定を立ててしまったものですから、これぐらいは早いとこやっておかなければいけなかったのですよ。というのも、来週を逃すと次の週は分奏なので、発行するのはさらに次の週になってしまいます。そうすると、その前に控えている、ぜひ告知しておきたいコンサートなどが終わってしまいますから、なんとしても来週には出す必要があるのですね。
 まあ、素材はおそらく必要なものは十分にそろっているはずなので、この「議事録」さえあれば、後は写真のレイアウトをチマチマやっていれば、なんとか間に合うような気はします。でも、1ページ分を新入団員として承認された人の紹介に充てようと思っていたら、なんとその人からの退団届が渡されてしまいましたよ。学生さんなので、年度が変わったら俄然忙しくなって練習に出る暇がなくなってしまったのだそうです。そんなこともあるので、ぜひ、たくさんの方、特に弦楽器は入ってきて欲しいですね。エルガーばっかりやっているわけではありませんから。
 定期演奏会の後始末として、全部で3人の人が撮った演奏会やその前後の写真を、やっとアップしました。公式サイトの日程表からリンクされていますから、ご利用ください。Facebookページにはここだけのパスワードも書いておきましたので、団員でなくてもアクセスできますよ。くれぐれも、良識の範囲を超えた拡散はご遠慮くださいね。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-05-10 22:48 | 禁断 | Comments(0)
BACH/St John Passion(sung in English)
c0039487_23153558.jpg

Sophie Bevan(Sop), Robin Blaze(CT),
Benjamin Hulett, Robert Murray(Ten)
Andrew Ashwin, Neal Davies, Ashley Riches(Bar)
David Temple/
Crouch End Festival Chorus, Bach Camerata
CHANDOS/CHSA 5183(2)(hybrid SACD)

バッハの「ヨハネ受難曲」を録音する時には、どんな楽譜を使ったのかが最初に気になるものですが、この最新のSACDでの表記は「1724, revised 1725, 1732 and 1749」というものでした。
これは確かに「ヨハネ」が初演された年と、その後何度も改訂が施されて演奏されたとされる年が明記されていますね。今までこの曲の数多くの演奏に接してきましたが、こんな表記は初めてお目にかかりました。確かに、他の作曲家の曲でも、発表後に改訂されたものでは、このように最初に作られた年の後にスラッシュを入れて改訂の年を記すのは普通のことです。そして、そのように表記した時には、その演奏は例外なく「改訂後」の形で行われるものです。
しかし、今回のこの年号は、そのような意味は全く持っていないようでした。しかも、最初のあたりの曲は、ここに挙げられている4種類の年号以外の年、1739年に改訂されたものの、バッハの生前には演奏はされなかった楽譜による演奏なのですから、訳が分かりません。
しかも、この録音の場合はオリジナルのドイツ語のテキストではなく、それを英語に訳したものが使われています。その英訳を行った人の名前(ニール・ジェンキンス)だけは書いてありますが、当然これも楽譜が出版されているのでしょうから、バッハの改訂についてこれだけの年号を羅列するのであれば、その英訳の年号もきちんと表記するのが筋というものではないでしょうか。調べてみたら、それは1999年に翻訳されたもので、NOVELLOから出版されていましたね。ジェンキンスという人は歌手で音楽学者なのだそうです。
そんな、バッハの時代には存在していなかった20世紀に新たに作られた楽譜を使うのですから、当然オーケストラも20世紀のスタイルだと思ったら、そちらはピリオド・オーケストラだというのですから、ちょっとびっくりしますね。まあ、「マタイ」でも「Ex Cathedra」がこんな「英語版ピリオド」を演奏していましたけどね。
ところが、その「マタイ」では合唱の人数はリピエーノを除くと50人ほどと、様式的にはぎりぎりバッハの時代に即したものでしたが、今回の合唱団員はなんと110人なんですって。モダン楽器のオーケストラを使う時でも、いまどきこんな大人数の合唱が歌うのは、極めて稀なことなのではないでしょうか。
ここで演奏している「クラウチ・エンド・フェスティバル合唱団」というのは、1984年に合唱指揮者のデイヴィッド・テンプルによってロンドン北部の街クラウチ・エンドに創設されました。主にオーケストラ(もちろん、モダン・オーケストラ)との共演を目指していて、最近ではビシュコフ指揮のブリテンの「戦争レクイエム」とか、ロト指揮のベルリオーズの「レクイエム」といった大人数の合唱を必要とする作品のコンサートに参加しています。テンプル自身の指揮でも、マーラーの「交響曲第8番」を演奏しています。エンニオ・モリコーネやハンス・ジンマーなどの映画音楽作曲家ともつながりがあって、彼らのサウンドトラックを手掛けたり、さらにはロックのミュージシャンとの共演なども手掛けているのだそうです。
そんな、大人数を身上とする合唱団と、20人ほどのピリオド・アンサンブルという不自然なバランスは、まず録音の面での不都合となって現れていました。このレーベルでも最近とみにリリースが少なくなってきたSACDだというのに、なにか精彩に欠けています。オーケストラはともかく、合唱の音が完全に飽和しているのですね。
演奏も、合唱はとことんドラマティック、コラールは目いっぱい熱い思いを伝えようとしていますし、後半の群衆のポリフォニーなどもストレートに感情が現れています。それが英語で歌われていることで、その生々しさは極まります。ただ、それとピリオド楽器との齟齬は、最後まで解消されることはありませんでした。そごが、最大の問題です。

SACD Artwork © Chandos Records Ltd

[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-05-09 23:18 | 合唱 | Comments(0)
7700万ユーロだったものが、7億8900万ユーロに
 大型練習も終わりですね。外で遊んでばかりいないで、たまっていた録画を見るのにも、少し時間を使わないと。そこで、BSでON AIRされた直後にちょっとだけ見てみた「エルプ・フィルハーモニー」のドキュメンタリーをきちんと見ることにしました。もうおなじみでしょうが、今年の1月にハンブルクに完成した新しいコンサートホールがこの「エルプ・フィルハーモニー」です。エルベ川の河畔に建っているので「エルプ」なんですね。
 なにしろ、ものすごく大規模なホールで、ホール・マニアである私にとってはよだれが出るようなすごいものですが、それが出来るまでにはかなりの困難があった、という噂は聞いていました。それを、実際に計画が始まった時点からずっと追いかけていたスタッフがいて、その10年以上に渡る記録が、詳細にまとめられているのです。つまり、計画から完成までに「10年以上」かかってしまったということですね。いくら大きなホールだから言って、これは建設期間としてはあまりに長すぎます。
 これは、作っている途中で様々な問題が発生して、工事を中断せざるを得ないような状況に陥ってしまったからです。それに伴って建設費も当初の見積もりのなんと10倍もかかってしまったというのですから、これは最悪の事態ですね。ただ「素晴らしいホールが出来た」と手放しで喜ぶわけにはいかないでしょう。
 でも、現実にこういうことが起こったということは、これからこういうものを作るときにもそんなことが起きる可能性は十分にある、ということですよね。この国でも、すでに、さる国家的な事業の建設に関しても、同じようなスキャンダルは騒がれていましたからね。
 仙台市あたりでも、音楽ホールを建てようという動きはあるようですが、果たして担当している方々にこれほどの覚悟があるのかどうかは、とても疑問です。

これが完成したホールの中。

そして、外観をバックにドキュメンタリーのタイトル。

続いて、スタッフのクレジット。

豊田さんの仕事ぶりが、克明に紹介されています。

建物のもとの姿。

中身をくりぬいて、外壁だけを残します。

その上に、ガラスの外壁の建物を乗せます。

多くの市民の反対運動もありました。

 「世界最高の音楽ホールを作ろう」と言い出したのは一個人、それに行政や市民団体も賛同して、プロジェクトは動き出したのですが、外壁のガラスや内装材を作るのにもものすごい経費が掛かっている上に、建設を始めてから強度に問題が出てきたり、ホールの部分を組み立てるのに予想していなかった手間がかかったりして、予算はどんどん増えていきます。責任を巡って裁判まで起こされるという事態になったというのですから、どうしようもありませんね。良識ある市民から反対の声が上がったのは当然のことだったのでしょう。
 もし、本気で仙台市に音楽ホールを作ろうとしている人がいるのであれば、これは「反面教師」として必見の映像です。
 それでもホールは完成し、盛大にオープニング・コンサートが開催されました。その模様も放送されました。これは、前半と後半がそれぞれ、いくつかの曲をエンドレスに演奏するというユニークなもの、オーケストラの現代曲の後にルネサンスの合唱曲が客席で歌われていたりしました。前半の最後には、メシアンの「トゥーランガリラ」の最後の楽章が演奏されましたが、そこにこんなコメントが。
 私は昔からのファンで、普通は「トマ・ブロシュ」という、オンド・マルトノ奏者です。ただ、いくら見てもこのキーボードだけしか見えず、この楽器特有のスピーカー群が見つかりません。
 そこで、色んなアングルの映像をしっかり見直してみたら、こんなところにありました。グランドピアノの脇にブロシュと彼の楽器がありました。
 その部分を拡大してみると、このあたりにキーボードがまとめて配置されていることが分かります。ブロシュの後ろにあるのがスピーカーなのでしょうが、なんかしょぼいですね。彼の前にあるのはツィンバロン。この前に演奏された曲で使われていました。さらに上手寄りにあるのが、チェレスタとジュ・ドゥ・タンブルですね。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-05-07 21:11 | 禁断 | Comments(0)
ザップル・レコード興亡記/伝説のビートルズ・レーベルの真実
c0039487_19463353.jpg







バリー・マイルズ著
野間けい子訳
河出書房新社刊
ISBN978-4-309-27818-6


「ザップル・レコード」というのは、あのビートルズがその後期に様々なビジョンを実現させるために起こした会社「アップル」の中に作られた実験的なレーベルのことです。「アップル」に関してはこれまでに膨大な文献が登場していて、その実態はほぼ明らかになっていますが、「ザップル」についての詳細な資料はあまりなかったところに、そのマネージャーを任され、実質的なレーベルの責任者だったバリー・マイルズが自ら著した「手記」が発表されました。最初にイギリスで出版されたのは2015年、その時のタイトルは「The Zapple Diaries」でしたが、翌年アメリカで出版された時には、「The Rise and Fall of the Last Beatles Label」というサブタイトルが付いていました。それが2017年2月には早くも日本語訳が登場してしまいました。
これはまさに「日記」、著者のマイルズが、「ザップル」が出来てから消滅するまでの、その日その日に起こったことをざっくりと書き綴ったものですが、そこに、その後の文献からの引用が多数挿入されているのが「記録」としての価値を上げています。日本で出版されたものには、その出版元もきちんと併記されているのも、とても親切。
このレーベルの最も近いところにいた人の書いたものですから、事実関係は詳細を極めていますが、それは殆どマイルズの本来のフィールドである文学的な仕事に関するもので、正直それほどの興味はわきません。ただ、その隙間を埋めるかのようにちりばめられた、「ザ・ボーイズ」(ビートルズのメンバーたちを、彼はそのように読んでいます)のエピソードは、かなり新鮮なものでした。ポールにしてもジョージにしても、とにかくお金に関してはやたら気前がいいのですね。
ジョンに関しては、ヨーコとの絡みが赤裸々に語られています。そこで暴露されるのが、ジョンの「アヴァン・ギャルド」に対するスタンスです。世間一般の受け止め方では彼はそのような芸術に理解を持っている人とされているのでしょうが、実際には彼は「アヴァン・ギャルド」への関心もスキルも全くなかったことが、ここでは明らかにされています。それは単に、ヨーコへの憧れのようなものだったのでしょう。
そのヨーコの「バックバンド」として参加した時に、彼が行ったパフォーマンスに関しての言及には、笑えます。彼は、ヨーコの「前衛的」なパフォーマンス(実体は、ただ意味のない悲鳴を上げていただけ)に合わせて、ギターアンプの前にギターを持って行ってジミ・ヘンドリックスのような(ですらない)ハウリングを出していただけだったというのですからね。
そんなものをA面に収録したアルバムが、1969年5月にザップルから最初にリリースされた「Life with the Lions」(Zapple 01)でした。そして、同時に「Zapple 02」という品番でリリースされたのが、ジョージの「Electronic Sound」というアルバムです。実は、このアルバムに関する部分が、最も興味深く読めてしまいました。
日本盤は確か「ジョージ・ハリスン/電子音楽の世界」みたいな大げさなタイトルだったように記憶していますが、実体は、その頃発表され、あの冨田勲も購入した「モーグIII」というモジュラー・シンセサイザーを演奏していただけなのですがね。そんな、なぜジョージがこの「楽器」に興味を持ったか、そして、それを購入する顛末、さらには、このアルバムに収録されている「作品」の出自(半分は別の人が演奏したもの)などが、ここでは事細かに語られていますよ。
この時には、音を出すこともできなかったジョージは、後に「Abbey Road」の中の「Because」では、モーグIIIのソロを披露できるまでになっていたんですね。でも、この件については新たな検証が必要なのかもしれません。この本によると、ジョージ(・ハリスン)より先にジョージ・マーティンも同じシンセを購入していたそうですから。

Book Artwork © Kawade Shobo Shinsha, Publishers

[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-05-06 19:50 | 書籍 | Comments(0)