おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
MOZART/Flute Quartets
c0039487_21091964.jpg




Lisa Friend(Fl)
Brodsky Quartet
CHANDOS/CHAN 10932


モーツァルトのフルート四重奏曲は、常に4曲がセットで語られます。LP時代から、この4曲が収録されたアルバムは数多く作られてきました。そしてそれらのアルバムでは、その4つの四重奏曲に番号が付けられていることもありました。もちろん、そんな番号は作曲者が付けたものではなく、後の人が一応作曲されたと思われる年代順に付けたものです。その「年代」の根拠となったのは1964年に改訂されたケッヒェル番号の第6版「K6」です。
そこでは、「1番」はニ長調のK.285、「2番」はト長調のK.285a、「3番」はハ長調のK.285b、「4番」はイ長調のK.298と、1777年から1778年にかけての作品群とされていました。ただ、この中で自筆稿が残っているのは「1番」と「4番」だけで、その他の作品は正確な作曲年代も、さらにはモーツァルト本人が作ったものであるのかも疑問がもたれています。実際、「4番」に関しては使われた紙の鑑定とか、この曲の中で引用されている作品(すべての楽章に「元ネタ」があります)が作られた年代などから考えて、もっと後期、1786年に作られたのではないか、という説が有力になっていました。
それでも、相対的な順番は変わらないので、この番号自体はそれなりに意味のあるものとして、長年使われ続けていたのですね。ところが、今回の2016年3月に録音されたばかりの最新のアルバムでは、曲の並びが番号順ではありませんでした。「1番」、「2番」、「4番」、「3番」と、後半の2曲の順番が入れ替わっていたのです。別に、CDの曲順は作曲順に従わなければいけないという規則があるわけではなく、聴いた時の心地よさなどを考慮して順番を入れ替えるようなことはザラにあるので、これもそんなものかな、と思ったのですが、ライナーノーツを読んでみると、実際に「3番」の方が「4番」より後に作られていたと、そこでは述べられていたのです。
その根拠は、この曲の第2楽章。これは、1781年に作られた有名な12の管楽器とコントラバスのためのセレナーデ「グラン・パルティータ」(K.370a)の第6楽章の変奏曲と全く同じもの(調は違います)なので、かつてはこのフルート四重奏曲がその原曲だと思われていて、それ以前の作品だということになっていたのですが、どうもそれは違っていたようなのですね。現在では、この四重奏曲は1786年か1787年に作られたという説が有力なのだそうです。しかも、この曲の自筆稿も存在してはおらず、わずかに第1楽章のスケッチが残っているだけでしたから、それを元に、モーツァルト以外のだれかがその楽章を作り、さらに第2楽章としてセレナーデの変奏曲を「編曲」して付け加えたのだ、とも言われていますからね。まあ、世の中、研究が進むと知りたくなかったようなことまで明らかになってしまうというのは、よくあることです。
ここでフルートを演奏しているのはリサ・フレンド、まるでモデルのような金髪の美人です。アメリカでルネ・シーバート(ジュリアス・ベイカーが首席の頃のニューヨーク・フィルの2番奏者)、イギリスでスーザン・ミラン、フランスでアラン・マリオンに師事したという、華やかな経歴を持っています。多くのオーケストラと共演したこともありますし、なんでもライザ・ミネリとの共演、などというすごいことまでやっているそうです。
ただ、この四重奏曲の録音を聴くと、なんとも雑な印象が残ります。とても軽やかでキラキラした独特のセンスは持っているのですが、いまいち詰めが甘いというか、なにか肝心なことが抜けているのではないか、という気がしてしまうのです。一番気になるのがピッチの悪さ。特にフレーズの終わりで常に音が低めになってしまうという癖が結構目立ってしまいます。ソリストとしてコンチェルトを吹きまくる分にはそんなに目立たないのかもしれませんが、このようなアンサンブルではそれは致命的です。知名度も高い曲ですし。

CD Artwork © Chandos Record Ltd

[PR]
# by jurassic_oyaji | 2017-04-22 21:11 | フルート | Comments(0)
ピッコロもパウエル
 いよいよあさってはニューフィルの定期演奏会の本番ですね。明日も同じ会場でリハーサルですから、今日のうちにいろいろ準備をしておかなければいけません。
 まずは、私の公式の仕事で、名取市文化会館に預けてあったチケットの精算をしなければいけません。残券を引き取るために、このような「引上書」を用意しておきます。ここに印刷してあるように、預けたチケットは全部で135枚、そのうちの何枚が売れているでしょう。すでに100枚近くは売れているはずですから、あと2日でさらにどのぐらい売れるか、楽しみです。
 なんでも、仙台市内のプレイガイドでも100枚ほど売れているという情報もありますから、プレイガイドだけで200枚、これはちょっとすごいことですよ。これはもしかしたら、予想外のお客さんが見込めるかもしれません。お天気もいいようですからね。
 そして、これは私の商売道具、演奏中は殆どステージにいるので、たぶんNさんにお貸しして撮ってもらうことになるのでしょう。あとはオフステージとか打ち上げとかは私が自分で撮ります。
 さらに、これもこのところの必須アイテム。ステージ上の三点吊りマイクから直接入力してハイレゾ(24/96)で録音するレコーダーです。今度のホールはかなり響きのよいホールですから、きっと素晴らしい音が録れることでしょう。失敗しなければいつものようにダウンロードできるようにしますし、団内に頒布するCDのマスターにも使ってもらえるはずです。
 あとは、モニター用のヘッドフォン。リハーサルで録ったものをこれでモニターして、入力レベルを微調整します。
 そして、私の愛機たちも忘れるわけにはいきません。両方ともこの間調整を済ませたばかりですからコンディションは最高です。なにか失敗してもそれは楽器のせいではありません。
 ですから、私自身のメンテも欠かせません。と言って、特別なことは何もありませんが、風邪と口内炎だけは注意しています。さいわい、今のところどちらもその兆候はないので、ベストのコンディションで臨めるのだ、と思いたいものです。
 あと、もう1件用意したのが、受付に置いておくチケットの封筒です。おかげさまでFacebook経由で何人かの予約をいただいていますから、それをきちんと作っておかなければ。これはまだまだ余裕がありますから、明日でもあさってでも、連絡をいただければご用意させていただきます。よろしく。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2017-04-21 22:40 | 禁断 | Comments(0)
BACH/Messe in h-Moll
c0039487_20154171.jpg

Chriatina Landshamer(Sop), Anke Vondung(MS)
Kenneth Tarver(Ten), Andreas Wolf(Bar)
Peter Dijkstra/
Chor des Bayerischen Rundfunks
Concerto Köln
BR/900910


ダイクストラの指揮によるバッハの宗教曲、これまでの「クリスマス・オラトリオ」(2010年)、マタイ受難曲(2013年)、ヨハネ受難曲(2015年)に続いてついに「ロ短調」の登場です。これで、一応「全集」が完成したことになります。というか、すでに昨年のうちにこれらが収められたボックスがリリースされていましたね。ボックスが単品より先に出るというのは、ちょっとビックリしますよね。
2005年にバイエルン放送合唱団の芸術監督に就任したダイクストラは、2007年にはスウェーデン放送合唱団の首席指揮者にも就任、その他のヨーロッパの多くの合唱団とも深い関係を持って、大活躍をしてきました。しかし、2016年には、バイエルン放送合唱団のポストはイギリスの合唱指揮者ハワード・アーマンに譲り、10年以上に渡ったこの合唱団との関係にピリオドを打ちました。この「ロ短調」は、2016年4月に行われたコンサートのライブ録音ですから、彼の芸術監督としてのほとんど最後の録音ということになるのでしょう。
共演は、おなじみコンチェルト・ケルンです。ダイクストラは、この合唱団との初期の録音ではモダン・オーケストラであるバイエルン放送交響楽団との共演で「マタイ」を録音していましたが、最近ではバッハはピリオド・オーケストラで、というスタンスに変わったのでしょうね。かといって、ありがちな少人数での合唱という形は取らず、あくまでフルサイズの合唱で少人数のピリオド・アンサンブルと対峙する、という姿勢は堅持しています。
この「ロ短調」の場合、写真で見る限り、合唱団はほぼフルメンバーの45人ほど、それに対して弦楽器は全部で14人というオーケストラですから、バランス的には合唱がかなり多いという感じです。ピリオド楽器は、それ自体音も小さいですし。ですから、おそらくダイクストラはそのような形での合唱の在り方には、かなりな慎重さをもって演奏に臨んでいたのではないでしょうか。そして、その結論めいたものが、この録音からはしっかり感じられるような気がします。
それは、極限まで磨き抜かれたホモジーニアスな響きとなって現れています。冒頭の「Kyrie」のアコードで聴こえてきたのは、そんなあくまで各パートが均質な塊となったまさに大人数の合唱団としては理想的なサウンドでした。そこからは、「個」としてのメンバーたちの声は全く感じられません。これは、例えば最近聴いたガーディナーのモンテヴェルディ合唱団の姿勢とは対極にあるものなのではないでしょうか。
正直、それはうっとりするような美しさを持ってはいますが、なにか訴えかける力には欠けているような気がしてなりません。おそらく、それはダイクストラがバッハに対して抱いているイメージの反映なのでしょう。これはこれで、一つのすばらしいバッハのあり方です。ですから、この合唱団が「Et resurrexit」でのベースの長大なパートソロをどのように歌うのかとても興味があったのですが、ダイクストラはそこをソリストのアンドレアス・ヴォルフに歌わせていましたね。
他のソリストでは、テノールがケネス・ターヴァーというのが目を引きました。彼はモーツァルトのオペラのロールでは、まさに理想的な声を聴かせてくれていましたから、バッハではどのような姿を見せてくれるのは、期待が高まります。しかし、彼の「Benedictus」は、そんな期待に必ずしも応えてくれたものではありませんでした。まず、フルートのイントロがあまりに雑、というか、そもそもテンポが速すぎて、ターヴァ―はちょっと歌いづらそう。彼自身の歌も、ちょっと甘さが勝っていてバッハには合っていないような気がします。
トランペットの3人は、これもダイクストラのコンテクストに従ってのとても爽やかなアクセントを提供しています。これも、そもそもこの曲にふさわしい振る舞いなのかは、なんとも言えません。

CD Artwork © BRmedia Service GmbH.

[PR]
# by jurassic_oyaji | 2017-04-20 20:18 | 合唱 | Comments(0)
今年の桜はすぐ散ってしまいます
 春、ですね。桜は咲き乱れ、今日あたりは強風の中で「桜吹雪」を見ることが出来ました。居ながらにしてそんな体験ができる、自然に恵まれた職場です。
 なんたって、ちょっと中庭に行けばこんな群生する「ミズバショウ」が見れるんですからね。去年までは、でしたが。
 今年はこんな感じ。今頃は上の写真のようにたくさん白い花が見れたのに、花はおろか葉っぱさえも全くなくなっています。これは、去年の大雨の時にこのあたりの植物が根こそぎ流されてしまったためなのでしょう。と、思っていたのですが・・・
 一番手前にある葉っぱが、なんだかミズバショウのものに似ているような気がしました。近くで見ると紛れもないミズバショウなのですが、肝心の花がありません。これから中に花が出来てくるのでしょうか。あるいはこのまま葉っぱだけ大きくなって朽ちてしまうのか、見守ってやりたいと思います。なんせ、奇跡的に生き残った株なのでしょうから。
 ついでに、お隣の竹藪をのぞいてみたら、すでにタケノコの先っぽが見えるようになっていました。こちらの方はいくら雨が降っても流されるどころかどんどん成長していきますから、おそらく今年もたくさん生えてくるのではないでしょうか。自然の営みには、変わるものもあれば変わらないものもあるのですね。
 人間の営みに変化は付き物です。ニューフィルでは今度の定期演奏会を機に辞められてしまう人がたくさんいるようです。私の手元には、すでに6枚ほどの退団届があります。年度が変わって新しい職場になったとか、いろいろ事情があるのでしょうが、残念なことです。それが、今日になってもう1枚加わってしまいました。急に関西に転勤が決まったのだそうです。ただ、この方の場合は、ニューフィルは辞められますが、週末には仙台まで来て別の団体の練習を行うそうです。前回のマーラーですね。
 おそらく、8月のその演奏会が、この団体にとって最後のものとなるのでしょう。私としては、ここに参加させていただいて確実に自分自身のスキルが高まったと感じています。素晴らしい機会を与えていただいたご恩に報いるためにも、このマーラーはぜひ成功させたいと思っています。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2017-04-19 21:52 | 禁断 | Comments(0)
LUTHER Collage
c0039487_23161133.jpg





Calmus Ensemble
CARUS/83.478


ドイツの5人組コーラス・グループ、「カルムス・アンサンブル」のニューアルバムです。同じ人数のグループと言えばイギリスの「キングズ・シンガーズ」が有名ですが、こちらはドイツのグループ、かつてバッハが勤務していたライプツィヒの聖トマス教会聖歌隊のOBが集まって1999年に作られました。
デビュー当時は男声5人だけだったのですが、そこに女声が一人加わって6人編成となります。その後、男声が一人減って、現在では女声1、男声4という5人編成になりました。女声が一人いることでサウンド的には無理なく高音まで音域が広がって、とてもソフトな音色が得られるようになっています。このあたりが、「キングズ・シンガーズ」との違いでしょうか。
今回のアルバムのジャケット写真を見て、いつの間にかみんな年を取ったな、という思いに駆られました。最初に買った、まだQUERSTANDからリリースされていたアルバムの写真(左)と比べると、ほとんど別人のようになっている人もいますね。昔は左端、今は真ん中のカウンターテナーのクラウゼとか(昔は頭が黒いぜ)。
さらに、本当に「別人」になってしまったパートもあります。ベースのパートが、2015年にレスラーからヘルメケという人に替わっています。どちらも右から2番目、今は一番背の高いメガネの人ですね。
ただ、他の4人も、創設メンバーはクラウゼとバリトンのベーメ(右端)の2人だけ、テナーのペッヒェは2006年に加入しています。彼はソプラノのアニャ・リプフェルトと「団内結婚」(どちらの写真も並んでいます)、2010年と2016年にはお子さんも生まれています。その間彼女は産休を取り、別のソプラノがメンバーとなってアンサンブルの活動は続けていました。どんなグループでも、いろいろと出入りがあるものですね。
毎回、ユニークな企画で楽しませてくれているカルムス・アンサンブルですが、今回は「ルター・コラージュ」というタイトルのアルバムです。「ルター」というのは、宗教改革でおなじみのマルティン・ルターのことですが、今年はその宗教改革から500年という記念の年なのだそうです。音楽史の上では、彼は多くのコラールを作ったことで知られています。そのコラールは、プロテスタントの作曲家の素材として用いられ、「ルター」という名前は知らなくてもそのコラール自体のメロディは多くの人に親しまれています。バッハのオルガン曲や、教会カンタータ、受難曲には頻繁に登場していますね。
このアルバムのコンセプトは、そのようなルターの元のコラール、あるいはもっとさかのぼってルターが引用したグレゴリア聖歌から始まり、その後の作曲家がそれを用いて作った曲を一緒に演奏するという、まさに「コラージュ」の手法によって、その時代を超えた広がりを体験する、というものなのでしょう。
1曲目は、まさに宗教改革のシンボルともいえる、有名な「Ein feste Burg ist unser Gott」が、ルターが出版したそのメロディだけがソロで歌われます。そのオープニングのソロを任されたのが新加入のバス、ヘルメケだというのも、なんか思いやりのようなものが感じられませんか?コーラスではなかなか聴くことのできないこのパート、彼の声はとてもやわらかですね。それに続いて、同じ時代のハプスブルク家に仕えていたカトリックの作曲家ステファン・マフの合唱バージョンが歌われます。
そんな正攻法ではなく、それ以降の選曲には、それぞれユニークな工夫が加えられています。次の「Nun komm, der Heiden Heiland」では、まずルターの200年後に生まれたバッハのオルガンのためのコラール前奏曲が、ヴォカリーズで歌われます。それが、別のコラール前奏曲では、まるでスゥイングル・シンガーズのように、軽快なベースラインに乗ってスキャットでコラールの変奏が歌われます。このコーナーにはまだご存命のグンナー・エリクソンという人の、ちょっとニューステッドの「Immortal Bach」のようなテイストの曲も入っています。
そんな感じで、どのコーナーも驚きの連続、最後にはペルトなども登場しますから、油断はできませんよ。

CD Artwork © Carus-Verlag
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2017-04-18 23:19 | 合唱 | Comments(0)