おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
ミューザ川崎でも演奏しているオケです
 最近、私の「著作物」が他人の役に立つ、ということが重なりました。もちろん、「著作物」というのは、私のサイトのコンテンツのことですけどね。それぞれ、直接「使わせていただけませんか?」という連絡をいただいたのですが、こちらとしては何の問題もないので快諾したというものです。それの出来上がったものが、相次いで送られてきました。
 左は、さるクラシック音楽の愛好家のサークルの方からです。定期的に仲間が集まってCDやDVDを一緒に鑑賞するという会を行っているというのですが、その時に使うCDの解説文を、私のサイトから使わせてほしい、ということでした。
 そのCDというのは、2番目に書いてあるホフマンのフルート協奏曲です。よくぞこんな曲を取り上げてくださったものだ、と思いますが、そんな珍しい曲の解説なんて、確かにそうそう見つかるわけがありませんね。原文はこちらですが、もう16年以上前に書いたものでした。改めて読んでみると、あの頃とはいろいろ状況が変わってしまっていることが痛感されます。でも、一度ネットに出してしまったものですから、そんな感傷に浸っているわけにはいきません。それなりの価値を見出された方がいるのなら、なんだって提供するのが当たり前です。
 そして、右側の方はもう14年も前に、ニューフィルでマーラーの5番を末廣さんで演奏した時の前プロ、「リュッケルトの5つの歌曲」の歌詞の対訳です。プログラムに載せるために私が訳したもの、現物はこちらですね。なにも参考にしないで、女性が歌っているのだから、と、軽い気持ちで女性言葉、というか、ギャル語に近い感じで作ったら、さるマーラーの専門家には顰蹙を食らいましたね。でも、このプログラムを送って下さった方によれば、「対訳が良かった」という感想が寄せられていたというので、ホッとしています。
 こんな風に、きちんとクレジットを印刷してくれました。
 プログラムには、指揮者のサインまで入っていました。井﨑さんですね。このオケの常任指揮者なんだそうです。「またニューフィルとご一緒したい」とおっしゃっていた、というのが、送って下さった方からの伝言です。
 これを送ってくるときに、「宅急便で送りました」と言っていたので、プログラムだけだったら郵便でいいのにな、と思っていたら、一緒にお菓子まで送ってくれていました。こういうご丁寧な対応には、本当に救われます。ネットの情報などは無断でコピーして当たり前、みたいな風潮がありますからね。やはり、それなりの誠意は必要だと痛感させられました。
 ただ、中にはこんな情報が拡散されてはまずいだろうといういい加減なものもありますから、そういうものに対しては、毅然たる態度で接することも必要ですね。○ング○ンターやナ○ソ○のCDインフォなんて、読むたびにそう思ってしまいます。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2017-03-01 22:11 | 禁断 | Comments(0)
LIGETI/Concertos
c0039487_23503537.jpg


Christian Potéra(Vc)
Joonas Ahonen(Pf)
Baldur Brönnimann/
BIT20 Ensemble
BIS/SACD-2209(hybrid SACD)


リゲティの最新アルバム、作曲順に「チェロ協奏曲」、「室内協奏曲」、「メロディエン」、そしてと「ピアノ協奏曲」、という、「協奏曲」の形態をとった作品が演奏されています。リゲティのアルバムは、つい最近こちらのロト盤を聴いたばかりなのに、またまた新録音の登場です。なんで今頃?と思ったら、去年2016年はリゲティ没後10年という記念年だったのでした。どちらのアルバムも確かに去年のうちにリリースされていましたね。
両方のアルバムに共通しているのが、「室内協奏曲」です。「室内」というぐらいですから、編成も室内楽的で、5声部の弦楽器はそれぞれ一人ずつしかいません。ロトたちはそこでは木管五重奏の作品を録音していたので、編成的には全て「室内楽」ということになります。でも、今回は普通に「協奏曲」というタイトルが付けられている作品が2曲演奏されていますから、普通のサイズのオーケストラと独奏楽器、という編成なのかな、と思ってしまいますよね。しかし、それは名ばかりのことで、そんな「協奏曲」でも、弦楽器は5本しか使われてはいないのです。言ってみれば「一つのパートに一人の奏者」となりますね。これって、ちょっと前まで世の中で騒がれていた「OVPP」ではありませんか。ピコ太郎じゃないですよ(それは「PPAP」)。いや、どちらも「一発屋」という点では同じことでしょうか。
いや、考えてみれば、リゲティが世に知られるようになったのは、まだYoutubeなどがなかった時代に、「動画」によってその作品が多くの人の間に広まったからだ、という見方だってできなくはありませんから、「一発屋」という点ではリゲティその人も当てはまるのではないでしょうか。その「動画」というのは、ご存知「2001年宇宙の旅」というスタンリー・キューブリックの映画です。公開されたのは1968年ですから、もう少しで「公開50周年」を迎えることになりますね。この中で、キューブリックは「映画音楽」としてリゲティの作品を何曲も使っていました。それらはまさに、当時の最新の「現代音楽」ばかりでした。なんせ、公開の1年前にミュンヘンで演奏されたばかりの「レクイエム」の音源を、この映画のとても重要な場面でのライトモティーフとして使っているぐらいですから、キューブリックのリゲティに対する嗅覚には驚くほかはありません。この映画のクライマックスともいうべきボウマン船長のトリップのシーンは、「アトモスフェール」を聴いてもらうために作ったのではないか、とさえ思えてきますからね。
今となっては、この映画でリゲティの曲が使われていなければ(当初は、別の作曲家に新曲を作らせるつもりでした)、彼の作品はごく一部のマニア以外にここまで広く知られることはなかったと断言することが出来ます。そんな「2001年~」で使われた曲のようなテイストを色濃く残しているのが、このアルバムの最初の3曲ではないでしょうか。「チェロ協奏曲」などは、まさに「アトモスフェール」の小型版、といった感じです。
しかし、リゲティは次第にこのようなクラスターを主体にした作風を変えていきます。そして、ここで最後に収録されている「ピアノ協奏曲」では、例えばミニマル・ミュージックの影響などを受けたとされる作風を見せていますし、第4楽章では武満徹が使った音列まで登場します。しかし、全体としてはバルトークなど、彼が作曲家としてスタートした時にモデルとした作曲家の影響が見て取れます。それは、「ムジカ・リチェルカータ」という、初期のピアノ曲集にとてもよく似たテイスト。つまり、リゲティは一回りして「過去の自分」に戻っていたとは言えないでしょうか。
キューブリックが1999年公開の「アイズ・ワイド・シャット」で、この「ムジカ・リチェルカータ」からの曲を使ったのも、それで頷けます。彼は、本物の「リゲティおたく」だったのでしょう。

SACD Artwork © BIS Records AB

[PR]
# by jurassic_oyaji | 2017-02-28 23:53 | 現代音楽 | Comments(0)
これが完結編ですって
 「さくら野」が自己破産ですってね。私にとっては「丸光」の方が通りがいいんですけど。学生時代、ここで真夜中のアルバイトをしたことがありましたね。商品の入れ替えかなんかだったんですけど、その時に使っていた階段がまだあるみたいですから、もう相当昔に建った建物なんでしょうね。あんだけ広い敷地なんですから、この際立て替えて、それこそ立派なコンサートホールなんかが入るぐらいの建物を作ればいいと思いませんか?駅前にコンサートホールなんて、素敵ですね。金沢とか川崎で出来たことが、仙台に出来ないはずはありません。とはいっても、行政の長がその方面に何の関心もないのですから、まず無理でしょうけどね。
 ただ、ニュースでは、この敷地は地権者が入り組んでいて、再開発が難しいのだそうですね。たしかに、裏側に回ると、なんだか雑然としたお店なんかがあるみたいですね。かつては、「八重洲書房」というマニアックな本屋さんなんかもあって、ある時期通い詰めていたこともありました。もうなくなってしまったようですけど。今は、どんな本でも簡単に買えるようになっていますが、それは知らなければ買えませんよね。でも、こういう本屋さんに行けば、何かしら面白そうなものが見つかったりするんですよね。あとは、古本屋さんも少なくなりましたね。
 鎌倉に今でも営業をしている古本屋さん、という設定のお店が出てくるのが、「ビブリア古書堂の事件手帖」というシリーズですが、その第7巻がやっと出ました。本当に首を長くして待っていたんですよね。いろいろネットで調べたりすると、かなり執筆に手間取っているようなことが書いてありましたから、まだまだ先のことだろうな、とは思っていました。ですから、いきなり新聞にでかでかと広告が出ていたのには、びっくりしましたね。逆に、こんなにメジャーだったのか、と思ってしまいました。それこそ、本屋さんに行っても、これを置いてないお店の方が多かったような気がしますから。
 ただ、待っていたのは事実ですが、最初のうちはとても面白かったこのシリーズが、最後の方になってくるとなんだか話があまりに入り組んできて、ちょっと入っていきづらくなっていました。私は、ですが。第6巻などは、人間の続き柄なども頭に入らないで、結局なんか消化不良で読み終わった、という印象がありました。ですから、果たしてこれが楽しめるかどうかは、あまり自信はありませんでした。
 確かに、最初のあたりはやたら「今までの説明」が続きます。これを初めて読む人のためでしょうが、もうこの時点でなんだかわけがわからなくなりそう。でも、そんなところを超えると、急に物語が軽やかに流れるようになってきました。こうなったらもうしめたもの、最後まで一気に読めてしまいましたよ。こんな読み方が出来たのは久しぶりのこと、本当に面白かったんですね。
 ネタバレはまずいので、細かいことは一切書きませんが、なによりも昔の本の作られ方が面白かったですね。それと、同じ本でも版によって違いがあるなんてあたりは、「版マニア」の私にはたまりません。ただ、最後の仕掛けは、私は終わりまで読まなくても分かってしまいました。というか、これは文章で書かれても理解できない部分がありますから、困りますよね。現物を見れば分かるような気がするのですが。
 もちろん、これは推理小説なのですが、その周りを彩る主人公の物語がほんとに素敵ですね。栞子さんの喜んだ姿、私もうれしくなってきます。
 この帯にもあるように、映画化が決まったようですね。アニメはともかく、実写ではだれが彼女を演じるのかがとても気になります。以前テレビドラマでは剛力彩芽が演じたそうですが、もし映画でも彼女だったら絶対に見ないでしょうね。こんなミスキャスト、誰が考え出したんだか。かといって、とっさに思いつくような適役の人はいませんね。なんせ、現実にもうこの人しかいない、という人に出会ってしまっていますからね。強いて挙げれば、その人に良く似ているPerfumeの樫野有香さんでしょうか。でも、彼女、お芝居なんか出来たかな?
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2017-02-27 22:15 | 禁断 | Comments(0)
スキンを少し直しました
 このブログは、ページのデザイン(スキン)がいろいろあって、その中から自由に選ぶことが出来ます。それだけではなく、それぞれのスキンの細かいところ、例えばタイトルの画像とか、文字の大きさ、色、フォント、さらには、文章を書くスペースの大きさなども、細かく指定することが出来ます。スキンというのは要するにスタイルシートなわけですから、それぞれの数値や自分で作った画像を使う時にはそれを保存してある場所などを指定してやればいいだけの話です。とは言っても、HTMLやスタイルシートの書き方をある程度知っていないと、なかなか自分の思ったようには変えられませんから、これをやるためにはその方面の基礎知識は欠かせません。
 私の場合も、それほどの知識はありませんが、とりあえずスタイルシートの書き方ぐらいは分かるので、いろいろ手を加えて今のスキンを使っています。最初に素材を選んだ時にも、その時点で最も文章のスペースの幅が広く取れるものを選びました。画像を載せる時に、できれば幅が500PXぐらいの大きさのものが、たとえば楽譜などでは必要になってきますからね。
 でも、やはりそこには限界があって、ちょっとこれでは小さすぎて、その幅にすると見えにくくなってしまったりします。ですから、1段の楽譜を2段に分けるなどして対応してきました。あ、実は、その幅以上の画像でも縮小されて掲載され、それが実寸の画像にリンクする、という機能はあるのですが、私としてはあくまでも同じ画面の中で見てもらいたい、ということがあって、それは避けたいと思っていましたから。
 それが、最近になって大幅に横幅が広く使えるスキンがリリースされました。それに伴って、今までのスキンもずっと幅の広いものに書き換えることが可能になりました。今回、それを利用させていただいて、ブログの全体の幅を200PXほど広くさせていただきました。そこで、画像も最大幅が500PXから700PXに拡大されることになりました。つまり、今まではこの大きさだったものが、
c0039487_20591100.jpg
ここまで大きくなった、ということです。
c0039487_20585197.jpg
 これは、きのうのブログに使った画像ですが、上の画像ではいまいち分かりずらかったのですが、下ぐらいの大きさになれば、少しは違ってくるのではないでしょうか。


[PR]
# by jurassic_oyaji | 2017-02-26 21:24 | Comments(0)
LOHSE/Hieronymus Bosch Triptychon
c0039487_20383423.jpg


Christoph Maria Moosmann(Org)
Robert Hunger-Bühler(Voice)
Aldo Brizzi/
Bamberger Symphoniker
NEOS/11604(hybrid SACD)


15 世紀のオランダの画家、ヒエロニムス・ボッシュの「七つの大罪と四終 」という作品にインスパイアされた曲なのだそうです。その絵の現物はこれ。
真ん中に大きな円が描かれていますが、これは人間の「眼」を描いたものなのでしょう。「瞳孔」中にいるのはイエス・キリスト一人です(同行する弟子はいません)。その周りは7つに分割されていて、それぞれに「大罪」を現す絵が描かれています。さらに、その外側にはもう4つの円があって、それが「四終」と呼ばれる、人間の最後の出来事です。左上は「死」、右上は「最後の審判」、左下は「地獄」、右下は「天国」です。
その「七つの大罪」と「四終」に、もう一つ、さっきのイエス・キリストのすぐ下に書かれている文字も、この音楽のモティーフになっています。そこには「Cave cave Dominus videt」と書かれているのですね。それは「気をつけよ、気をつけよ、神は見たまう」という意味です。だから、「眼」の中に書かれているのですね。
この三つのモティーフを使って「三部作」を完成させたのは、1943年に生まれたドイツの作曲家、ホルスト・ローゼです。作曲をヘルムート・エーダーとベルトルト・フンメルに師事したそうで、その作品は多岐にわたっています。多くの詩人の歌詞による声楽曲を始め、実験的な劇場音楽や舞踊音楽、さらには哲学や神話、絵画などとのとのコラボレーションによるアンサンブルやオーケストラの作品など、膨大なものです。
とりあえず、このアルバムを聴く限りでは、彼の作風は、あくまでドイツの「正統的」な流れを汲むもので、決して聴きやすいとは言えませんが、昨今の軟弱な「現代音楽」に慣らされた耳には、適度の緊張感が与えられるものであるような印象を受けました。
ローゼは、まず1989年に、オルガン独奏のために「七つの大罪」を元に7つの曲から成る作品を完成させます。それは、先ほどのキリストの真下にある「憤怒」から始まって、反時計回りに「虚栄」、「淫欲」、「怠惰」、「大食」、「貪欲」、「嫉妬」の順に曲が並んでいます。それぞれが2分ほどの短いものですが、そこにはとても切りつめられた極限的な表現が見られます。そこでは、オルガンの機能を最大限に発揮させたダイナミック・レンジと、多彩な音色が駆使されています。「怠惰」では、鐘の音の連打が聴こえますが、ここで使われているオルガンには、そのようなストップが備わっているのですね。さらに、この録音が行われたロッテンブルクの大聖堂には、祭壇の向かい側に設置された大オルガンの他に、祭壇の右上の壁面に設置されたクワイヤ・オルガン、さらに、持ち運びできる小さなチェスト・オルガンと、全部で3つのオルガンがあって、この録音ではそれらをすべてシンクロさせて演奏されていますから、その表現力はハンパではありません。
音楽としては、ボッシュの絵の持つニヒルな側面ではなく、もっと暖かい視点を感じることが出来ます。「淫欲」の音楽からは、なにか恍惚感のようなものが感じられてしまいます。
「四終」では、大オーケストラとオルガンの共演が楽しめます。これは、1997年の初演の時のライブ録音、バンベルク交響楽団のホームグラウンド、「ヨーゼフ・カイルベルト・ザール」には、立派なオルガンが備えられていますが、それが大活躍です。この曲では「Sinfonia da Requiemのような」という注釈がついています。最後の「天国」の楽章は、そんな「救い」の音楽になっていて、エンディングのリコーダー・ソロが不思議な魅力を醸し出しています。
最後の2012年に作られた「Cave cave Dominus videt」は、ミヒャエル・ヘルシェルという人が書いたそのイエスの言葉に対する問いかけから始まるテキストが、ナレーターによって朗読され、そのバックにオルガンが流れる、という作品です。
いずれも、これが世界初録音(「四終」以外は初演ではありません)、SACDならではの精緻な音色が堪能できます。

SACD Artwork © NEOS Music GmbH

[PR]
# by jurassic_oyaji | 2017-02-25 20:44 | 現代音楽 | Comments(0)