おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
LAURIDSEN/Lux aeterna



Stephen Layton/
Britten Sinfonia
Polyphony
HYPERION/CDA67449



先日ご紹介した「テンプルのヴェール」では、会場となったテンプル・チャーチで音楽監督を務めるスティーヴン・レイトンが、あのタヴナーの途方もない作品の音楽面での責任を一手に引き受けて八面六臂の活躍をしていたのは、まだ記憶に新しいところです。揚げ物までは手が回らなかったようでしたが(それは「テンプラ・チャーチ」)。このレイトンという合唱指揮者は、ひところのトヌ・カリユステのように、現在の合唱界に於いては最も忙しい指揮者の一人なのではないでしょうか。そのテンプル・チャーチでの演奏にも参加していた「ホルスト・シンガーズ」だけではなく、「オランダ室内合唱団」や、「デンマーク国立合唱団」といった実力も実績も飛び抜けている名門団体で首席指揮者などのポストを努めているのですから。そこにさらに、本命として、彼自身が創設した「ポリフォニー」が加わります。ちょっと頭の薄いおどけた容貌とは完璧に相容れない、透明で精緻な高水準の音楽を、その全ての団体から引き出しているレイトン、彼によって活性化された合唱シーンからは、ひとときも目を離すことは出来ません。
その「ポリフォニー」を率いてのアルバムは、1943年生まれのアメリカの作曲家、モートン・ローリドセン(「ラウリドセン」という表記もあります)の作品集です。この作曲家の名前は、かつて前任者が紹介してくれたクリスマスアルバムの中の「O magnum mysterium」の作者として、記憶の片隅にはあったものですが、このようなフルアルバムを聴くのは初めて、写真で実際の髭もじゃの顔を見たのも初めてです。
タイトルの「Lux aeterna」という、切れ目なく演奏される5つの部分からなる作品は、テキストの構成といい、母親が亡くなったことが作曲の動機になっていることといい、実質的には「レクイエム」と変わらないものです。室内オーケストラの伴奏が入った30分ほどの、何となくフォーレあたりと似通ったテイストを持つ曲ではありますが、最後の最後に「Alleluia」などという歌詞を入れて明るく終わるというあたりが、やはりアメリカ人の感性なのでしょうか。3曲目の「O nata lux」というテキストの、無伴奏で歌われる部分が魅力的です。というより、元のスコアのせいなのか、ここでの演奏者のせいなのかは分かりませんが、オーケストラのパートがなぜか生彩を欠いていて、せっかくの合唱の足を引っ張っているように感じられてしまうのです。オーボエソロのセンスのないこと。
ですから、本当に楽しめるのは、そのあとに入っている無伴奏の曲。「6つのマドリガル」という、イタリア・ルネッサンスの詩に曲を付けたものは、あえてルネッサンスの模倣の道を取らない印象派風の響きが素敵です。そして、最もこの合唱団の「すごさ」が分かるのが、最後に演奏されている3つのラテン語によるモテットです。「Ave Maria」、「Ubi caritas et amor」、そして、最初に述べた「O magnum mysterium」、いずれの曲でも、各パートがそれぞれにとんでもないメッセージを発信しているのに、それと同時に全体の響きが完璧に均質化されているという、理想的な合唱の姿を見ることが出来ます。そして曲の最後、ドミナント→トニカという解決のなんと美しいことでしょう。思い入れたっぷりに伸ばされたドミナントに続く、「音」と言うよりは「気配」と呼ぶにふさわしい、ほとんど静寂に近い極上のピアニシモのトニカ、「感動」とは、こういうものを聴いたときに用意されている言葉に他なりません。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2005-04-06 20:37 | 合唱 | Comments(2)
BACH/Suites for Solo Vc, Partita for Solo Fl





藤井香織(Fl)
ビクターエンタテインメント/VICC-60441


フルーティスト藤井香織は、まだ芸大在学中の1999年に、彼女のビクターへのファースト・アルバムとして、バッハの「無伴奏チェロ組曲」のフルート版を録音していました。その時に演奏したのは1番から4番まで、それから6年の月日を経て、ここに残りの5番と6番を録音、晴れて全組曲をリリースしたことになります。さらにここにはもう1曲、オリジナルのフルート・ソロのための名曲、無伴奏パルティータが収録されています。ここではたと気づいたのですが、シュミーダーによるバッハ作品目録(BWV)では、無伴奏チェロ組曲のあとにこのパルティータが置かれており、この3曲はBWV1011,1012,1013と、見事な連番になっていたのですね。もちろん、この番号自体にはなんの意味もないのですが、これはちょっとした盲点でした。
前のアルバムを紹介したときには、担当者に「香織ちゃん」などと呼ばれてしまっていた彼女ですが、ご覧ください、このジャケットを。まさに黄金の楽器を携えたセレブ、といった趣ではないでしょうか。これからは地上デジタル(それは「テレビ」)。さらに、裏ジャケットには別のアングルの、胸の谷間もあらわなセクシー・ショットも披露されていますので、ぜひ、店頭で手にとってご覧になることをお勧めします。
しかし、もし、外見だけの興味でこのアルバムを買ってしまった人は、そのようなスケベ心を根底から恥じることになってしまうことでしょう。この演奏には紛れもなく、一人のフルーティストの真摯な姿が反映されているのですから。それは、1曲目の「5番」冒頭の、限りなく深い「C」の低音を聴くだけで、明らかになります。この曲をフルート用に編曲したパウル・マイゼンがライナーに寄せている「バッハが要求している暗い響き、ほとんど悲劇的と言ってもいい音色」という言葉が完璧に具現化されたものが、そこにはあったのです。続く十六分音符の、終始ビブラートを抑えた禁欲的な響き、それはまさに、フルートの華やかな音色とは一線を画した、ほとんど魂の叫びと言っても良いものです。ここからは、バッハがこの曲に込めた思いが、楽器(チェロ→フルート)や時代様式(バロック→現代)の違いなど軽く飛び越えて、明瞭に伝わってきます。
「6番」になって、その表情がガラリと変わるのも、素敵です。この一見軽やかな、しかしフルートで演奏するには多くの技術的な困難を伴う曲を、彼女はいともさりげなく、目の覚めるような技巧を持って吹ききっていたのです。
そして、フルートのためのパルティータ。もちろん、あまたのフルーティストがこぞって演奏しているものですから、比較対象には事欠きません。そこで彼女がこの曲に込めたアイデンティティは、とことんモダンフルートにこだわるアプローチでした。アルマンドの最後の「A」の高音の、なんと艶やかなことでしょう。サラバンドの息づかいの、なんとおおらかなことでしょう。
そんな、ほとんど欠点など見つけることは出来ないとさえ思われる演奏ですが、聴いていて心地よい音程が維持できていないと感じられる瞬間が幾度となくあったのは、彼女にもこれからの課題がまだ残っているということでしょうか。それがクリアできれば、ジュネーブ国際音楽コンクールで予選落ちをするようなことはないはずです。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2005-04-04 19:31 | フルート | Comments(0)
WAGNER/Götterdämmerung



Lothar Zagrosek/
Staatopernchor Stuttgart
Staatsorchester Stuttgart
TDK/TDBA-0057(DVD)



シュトゥットガルト州立劇場の「指環」、ついに「第3夜(ご存じでしょうが、この作品は序夜+3夜という数え方をします)」、「神々の黄昏」の登場です。「おやぢ」をはじめたときには、まさか「指環」全曲の映像のレビューを書けるようになるなど、考えてもみませんでした。それというのも、この数年、DVDが映像メディアとしてまさに成熟したものになってきたおかげ。そして、それに伴って、オペラなどのソフトが潤沢に供給され、スタンダードなレパートリーだけではなく、このような最先端のプロダクションまでが、日常的にリリースされるようになったのです。「演出の時代」と言われて久しい昨今のオペラ界、センセーションを起こした演出が、ほとんどタイムラグのない状態で、このように手軽に映像で実際に味わえるようになれば、その傾向はますます助長されることでしょう。
ここで「神々」の演出を手がけたのは、ペーター・コンヴィチュニーという「大物」です。以前彼の演出で非常に印象的だったのが、「トリスタン」、このタイトル・ロールが初めてステージに登場したとき、彼はなんとシェービング・クリームを顔に塗りたくって、ひげそりの真っ最中だったのです。そんなオマヌケな設定から、この場面でのトリスタンのイゾルデに対する無関心さは、非常に良く伝わってきます。そんな具合に、彼の演出の根底にあるのは、卑近な「わかりやすさ」、それによって、観客の関心をドラマに引きずり込む手法には、卓越したものがあります。
「神々」でも、その「わかりやすさ」の仕掛けは際だっています。一番笑えるのが、ジークフリートがグンターに扮してブリュンヒルデを手込めにしようとする場面、状況を理解したブリュンヒルデは、もうなすがままになるしかないと、着ていたネグリジェの裾をまくり上げ、自らぱんてぃをずりおろすのです。その脱いだぱんてぃを足首に巻き付けてよろよろ歩く姿の、なんと屈辱的なことでしょう。これが、いずれはジークフリートのたくらみだと知って、復讐を果たすためにハーゲンに弱点を教えるという動機なのだとしたら、これほど「わかりやすい」仕掛けもありません。ただ、演出に関しては様々な見方がありますから、各々の理解の範囲内で楽しめばよいことです。一つの答えを得ることは、演出家の本意ではないはずですから。
演奏に関しては、この劇場の合唱団のとてつもない力には驚いてしまいました。オペラの合唱に細かい表情を求めるのはそもそも無理があると普通は思われていますが、この合唱を聴いてしまうと、そんなものはただの言い訳にしか聞こえなくなってしまいます。そんなことを言っていていいわけがない、と思えるほど、この合唱団の作り出す表現の幅は膨大、あのピアニシモのすごさなどは、コンサート専門の合唱団だって、ちょっと出すことは出来ないほどです。
ソリストでは、同じプロダクションの「ワルキューレ」でフリッカを歌っていた、ヴァルトラウテ役のティチーナ・ヴォーンが出色です。神々の窮状をブリュンヒルデに伝えるためにやってくる、その陰からの声からして、ひときわ印象的なものです。そのブリュンヒルデを演じるルアナ・デヴォルは、まさに「怪演」、この役を「神の娘」ではなく、生身の「年増の女」ととらえたコンヴィチュニーのプランにこれほど合致したキャラクターは、実年齢でも60歳を超えているこのベテランをおいて他にはないと思えるほどです。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2005-04-03 23:15 | オペラ | Comments(2)
RUTTER/Gloria



Stephen Cleobury/
Choir of King's College, Cambridge
City of Birmingham Symphony Orchestra
EMI/557952 2



クロウベリーとキングス・カレッジ聖歌隊によるラッター作品集、「レクイエム」などを収録した前作に続いての第2集となります。曲目は、1970年代の「グローリア」、90年代の「マニフィカート」、そして、2002年に作られたばかりの「詩編150」の3曲です。
「グローリア」に関しては、前任者がレイトン/ポリフォニーのアルバム(HYPERIONを紹介していましたね。実は、今回の演奏は、レイトンのものとは版が違っています。彼らが録音していたのは、バックがブラスバンド(もちろん、木管の入っていない、イギリス流のブラスバンドのことです)とオルガンのバージョンですが、今回録音されたのはフルオーケストラバージョン、弦楽器と、そしてハープまで入った、まさにフル編成のゴージャスな響きを聴くことが出来ます。したがって、同じ曲であっても、今回は以前のものとはかなり印象が異なって聞こえます。特に、2曲目は、ほとんどオルガンだけで演奏されるモノクロームの世界だったものが、木管の輝かしい響きに彩られて、かなりカラフルなものに変わっています。しかも、演奏自体がレイトンのアグレッシブなものに比べて、クローベリーはいかにもおっとりした感じ、その結果、まるで全く別な曲のように聞こえてしまいます。楽器編成が変わることによって求められる表現までも変わってくるというのはよくあることですから、これはあるいは別の曲と考えて、それぞれの魅力を味わうべきものなのかもしれません。このフルオーケストラバージョンの持ち味は、ヒーリングにもつながろうかというゆったり感。あるいはこちらの方が、ラッター本来のテイストなのでしょう。ここでは、もう一つの聖歌隊(Gonville & Caius College Choir)が加わって、合唱の方も厚みを増し、ふくよかさは一層際だっています。
「マニフィカート」で、合唱がキングス・カレッジだけになると、ちょっと「いつもの」心細さが顔を見せてしまいます。さらに、この曲の随所に現れるソロパートは、ちょっと耳を覆いたくなるようなお粗末さ、作曲者の自演盤(COLLEGIUM)にはちょっと及ばないレベルに甘んじてしまっています。
最後の「詩編150」は、エリザベス女王の「ゴールデン・ジュビリー」にあたって作られたもの、ここでも補強された聖歌隊は、金管とオルガンだけの編成のオーケストラをバックに、華々しい響きを出しています。歌詞は英語ですが、一部にラテン語で「Laudate Dominum」と歌う箇所では、トレブル3人のソリが、ここで求められている無垢な響きを見事に形にしています。
合唱パートには多少の難がありますが、バーミンガム市交響楽団の演奏は隙のない見事なもの。特に、艶のある木管の響きは、心にしみるものがあります。それにしてもこの録音、なんと残響の長いことでしょう。ざんきょう(参考)までに、録音が行われたのは、キングス・カレッジのチャペルです。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2005-04-01 19:09 | 合唱 | Comments(0)
MANTOVANI/By Special Request





Mantovani and his Orchestra
GUILD/GLCD 5110



前回取り上げた黛敏郎は、彼の「題名のない音楽会」で、マントヴァーニ・オーケストラのアレンジについて取り上げたことがありました。「イージー・リスニング」と言うよりは、昔ながらの「ムード・ミュージック」といった方がしっくりくる、厚い弦楽器の響きが売り物のこのオーケストラ、そのサウンドは、「カスケイディング・ストリングス」と呼ばれるもので、その名の通り、まるで滝が流れ落ちるような華麗な効果を持ったものです。このアイディアは、マントヴァーニとともに彼のオーケストラを支えてきたロナルド・ビンジというアレンジャーによって考案されたもので、ヴァイオリンを多くのパートに分けて、少しずつ音をずらしながら演奏することによって、芳醇なエコーがかかったように聞こえるというものなのです。黛は彼の番組の中で、「魅惑の宵」か何かのヴァイオリン・パートの楽譜を拡大して吊りカンにぶら下げ、そこにいた東京交響楽団(だったかな)に実際に演奏してもらい、マントヴァーニと寸分違わないサウンドが再現されることを確認してもらう、というプレゼンを行ったのでした。そう、ビンジのアレンジは、後のイージー・リスニングのオーケストラが、エコーやディレイなどのエフェクトをPAに頼り切っていたのとは対照的に、アレンジだけで、ということは、クラシックのオーケストラのように一切電気的な処理を施さない場でも、たっぷりしたエコー感を与えられるものだったのですね。さらに、マントヴァーニの場合、録音を行っていたのが英DECCAという、昔から録音技術に関しては卓越したノウハウを持っていたレーベルだったことも幸いします。特にステレオ録音になってからは、その華麗なサウンドはまさに生き生きと花開くのでした。
ところで、このアルバム、レーベルはDECCAではありませんね。これはなんとGUILDという、ヒストリカル録音専門のレーベルではありませんか。実は、ここに納められているのは、全てSPレコードから「ディジタル・リストレーション(修復)」を施されたものなのです。録音されたのが1943年から1953年、DECCAの権利が及ばない音源を集めたら必然的にこうなったのかもしれませんが、ビンジが「カスケイディング~」の手法を確立したのが1950年頃と言われていますから、はからずも、まさにその前後のアレンジの変遷がまざまざと味わえる貴重な記録にもなっているのです。
最初のトラック、1943年録音のコール・ポーターの「ビギン・ザ・ビギン」という、「最初はやっぱりきれいな人とだな」という虫のいい男の歌(それは、「ビギン・ザ・美人」)から、これが本当にSPの音だなどとは到底信じられない、ノイズも全くなく音の粒立ちもクリアな録音にびっくりさせられます。ただ、これはストリングスはほとんど目立たない、後のマントヴァーニの姿など全く感じられないただのダンスバンドのアレンジと演奏です。ところが、50年をすぎたあたりから、明らかにストリングスを前面に押し出したアレンジに変わっていきます。それはまさに劇的と言えるもの、そして、そのストリングスの音はなんと艶やかなのでしょう。コンチネンタル・タンゴの名曲「青空」(53年録音)などは、生々しさから言ったら、下手なデジタル録音など遙かに凌ぐものです。
元の録音がちゃんとしていれば、SPからでもこれほどの音が再現できるのが、最近のデジタル技術なのでしょう。クラシックでもこんな良い仕事がしてあるものがあれば、是非聴いてみたいものです。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2005-03-30 19:37 | ポップス | Comments(2)