おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
BACH/A Flauto Traverso




Benedek Csalog(Fl tr)
Miklós Spányi(Cvcd, Fp)
RAMÉE/RAM 0404



このジャケット、ちょっと素敵ですね。というか、実はこの写真がいったい何なのか、すぐには分からないというのが粋です。足が3本ある鍵盤楽器のようにも見えますが、しかし、それにしてもこのメカニカルは姿はいったい・・・。これは、店頭でCDを手に取ってみても、分かりません。つまり、裏側を見てみても、やはり同じような写真があるだけなのです。そこで、好奇心にひかれてCDを購入、シールを破ってデジパックを期待しながら開いてみるのですが、やはりそこにも同じ角度の写真しかありません。さらにもう1度開いてみて、初めてこの物体を上から写した画像が目にはいる、という、込み入ったことを、このアルバムの制作者はやっていたのでした。このデザインも含めて、企画からプロデュースをやっているのが、バロック・ヴァイオリン奏者のライナー・アルント、彼のこだわりに満ちたアルバム作りは、ちょっと魅力的です。
ベネデク・チャログ(フルート)と、ミクローシュ・シュパーニ(キーボード)というハンガリーのアーティストを起用して作られたバッハのフルート・ソナタ集、まず、ここでは伴奏楽器としての鍵盤楽器の選択に、そのこだわりを大いに感じることが出来ることでしょう。バッハの時代の伴奏用の鍵盤楽器といえば、まずチェンバロがもっとも一般的なのでしょうが、ここでは現在のピアノの前身であるフォルテピアノと、ちょっと面白い発音メカニズムを持つクラヴィコードが使われています。クラヴィコードでは、鍵盤の先に付いた「タンジェント」と呼ばれる金属片が弦を持ち上げる(ちょうど「駒」のような働きになります)ことによって音が発せられます。ですから、鍵盤を叩く力がそのまま音の大きさに反映され、さらにその鍵盤を動かすことによって、ある種のビブラート(ベーブンクと呼ばれます)までかけることが出来るのです。これが、弦をはじいたり(チェンバロ)、叩いたり(フォルテピアノ)する時間がほんの一瞬で、それ以後はなんの操作を加えることの出来ない他の楽器との大きな違いになります。
そんなクラヴィコードの特質を最大限に生かした演奏を、前半のホ長調とホ短調のソナタで聴くことが出来ます。この楽器のオーソリティであるシュパーニは、チェンバロとは全く異なった次元の豊かな表情を見せてくれています。音量の変化が音色の違いとなり、これもまた表情豊かなチャログのトラヴェルソと相まって、ちょっと今まで味わったことのないカラフルなバッハの世界を体験することが出来ることでしょう。特にホ短調の最後の楽章など、アイディア満載の大きなスケールを感じることが出来ます。音色も、バロックを彩った雅な音、というよりは、まるで20世紀にシンセサイザーで作られたような肌触り。これはちょっと不思議なものです。元来クラヴィコードはとても小さな音しか出ないので、コンサートなどでその微妙なニュアンスを体験するのは難しいものですが、このような録音だとそれは難なく叶えられます。そのためか、常に同じピッチの共鳴音が聞こえるのは、まあ我慢することにしましょう。
後半は伴奏がフォルテピアノに変わります。この2曲はオブリガート・チェンバロのためのものですから、ちょっと弱々しい感じのクラヴィコードよりはこちらの方が適していると考えたのでしょう。これもまた、聴き慣れたチェンバロとも、そして現代のピアノとも全く異なる音色と表現力、ただ、この場合バランス的にトラヴェルソが弱く聞こえてしまうのがちょっと残念でした。
先ほどのジャケットの写真、実は18世紀後半に作られた羅針盤なのだそうです。そんな昔に作られて、現代でも十分通用するメカニズムという意味で、このアルバムを飾っていたのでしょうか。裸身盤だと良かったのに(なんだそれ)。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2005-11-04 19:40 | フルート | Comments(0)
SUMERA/Mushroom Cantata & Other Choral Works



Tõnu Kaljuste/
Estonian Philharmonic Chamber Choir
Tallinn Chamber Orchestra
BIS/BIS-CD-1560



1950年に生まれて2000年に亡くなったという、非常に分かりやすい一生を送ったエストニアの作曲家、レポ・スメラの合唱作品集です。スメラという人は、幅広いジャンルで作品を残しており、例えば「交響曲」なども6曲作っています(全て、この同じレーベルからリリースされています)。そのようなオーソドックスなものだけではなく、コンピューターによる音楽や、電子音と生音を融合させたユニークな作品なども手がけており、映画のための音楽も70曲ほど作っているということです。もっとユニークなのは、1988年、つまり彼が38歳(!)の時から4年間、エストニアの文化大臣を務めていた、というものです。平均年齢60何歳という、どこぞの国の内閣ではとても考えられない人事ですね。もっとも、その国の「象徴」には年齢制限はありませんが(それは「スメラミコト」)。
このアルバムに収められている4つの合唱曲は、いずれもこれが世界初録音となるものばかり、いずれも、スメラの非常に特徴のある作風を反映した、聴き応えのあるものです。彼の作曲様式は、言ってみれば「折衷」ということにでもなるのでしょうか。古典的な和声や対位法はきちんと踏まえた上で、20世紀に我々が獲得することの出来たあらゆる技法を効果的に散りばめるというものです。一見難解に聞こえるようであっても、聴き終わってみれば楽しい思い出が残っているという、極上のエンタテインメントの要素が、どの曲にもしっかりと含まれているのです。
「声と楽器のための協奏曲」は、混声合唱と弦楽合奏のための曲です。「協奏曲」というだけあって、急-緩-急という3つの楽章から成る古典的な構成を持っています。その両端の楽章には、いろいろ難しいことをやっていても、最終的にはリズミカルでハッピーな結末を迎えるという、彼の本質(?)がよく現れています。そして、真ん中のゆっくりした楽章は、まさに彼の先輩であるペルトと非常に似通ったテイストを感じることが出来るという、わかりやすさです。この曲のテキストがブックレットに載っていますが、それは「翻訳不可能」という、エストニア人にしか分からないような世界なのだそうです。逆に、「言葉」ではなく「音」として楽しむという右脳的な聴き方が許されるだけ、親しみやすさは増すことになります。それでも、最後には「カシオペア!」とか「グローリア!」という言葉が連呼されますから、嬉しくなってしまいます。
「あなたの祖国は、長く暗黒にあるかもしれないが」というのは、3分ほどの短いア・カペラ曲。ここでも、さまざまな「技」が楽しめます。
「マッシュルーム・カンタータ」は、フルートとピアノ、そして打楽器を伴う混声合唱のための4楽章の曲です。この楽器編成だと、まるでカール・オルフのような雰囲気が醸し出されてきます。事実、同じようなリズムパターンの繰り返しなどは、明らかにこの周辺の作曲家の影響でしょう。フルートの使い方が効果的、最初はただのオブリガートだったものが、次第に超絶技巧になっていくのは見物です。
最後の曲は、30分近くかかる長大な「海からの島の乙女の歌」。元々ダンスとのコラボレーションのために作られたものですが、そのドラマティックな構成には驚かされます。と言うのも、ここでは合唱の他に7人の「俳優」が加わって、「セリフ」とか「叫び」とか「笑い」などを提供しているからです。実際には、どこからが合唱でどこからが俳優なのか分からないような、「微少音程でハモるセリフ」などもあって、音楽と演劇が渾然一体となったスメラの世界が果てしなく繰り広げられます。
久しぶりの顔合わせとなるカリユステとこの合唱団、地声からベル・カントまでを縦横に使い分け、この多彩な世界を見事に描ききっています。どんな無茶なことをやらされても、基本の三和音がどんな時にでも美しく響いている幸福感は、無上のものです。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2005-11-02 22:56 | 合唱 | Comments(0)
MENDELSSOHN/Der Onkel aus Boston

Kate Royal(Sop)
Carsten Süß(Ten)
Helmuth Rilling/
Gächinger Kantorei Stuttgart
Bach-Collegium Stuttgart
HÄNSSLER/CD 98.221



ヘルムート・リリンクは1933年生まれだそうですから、もうすでに70歳を超えていたのですね。今でこそ、バッハのカンタータを全曲録音しようとしている人はたくさん出てきましたが、彼が世界初のカンタータ全集を録音した時には、まさに「偉業」と讃えられたものです。もちろん、この偉大な業績は、それ以後にどんな全集が現れようが、バッハ演奏史においては永遠に語り継がれていくことでしょう。最近のオリジナル楽器による演奏家の活躍なども視野に入れて、彼自身の演奏スタイルも柔軟に変えていくという、フットワークの自在さも見逃せません。
「シュトゥットガルト・バッハ・アカデミー」の主宰者としてのリリンクは、最近ではバッハに限らない、幅広い作曲家の作品を取り上げ、その事によってバッハの裾野の広さを世に知らしめているような活動を展開しているように見えます。その、最も新しい成果が、この、メンデルスゾーンの知られざるオペラ「ボストンからの叔父」の蘇演です。最近何かと話題のモーツァルト同様、小さい頃から音楽の才能を発揮した早熟な(「ぼく、十(とお)からのおやぢ」)メンデルスゾーンが、これは14歳の時に作ったオペラということになります。当時の彼は、ベルリンの「ジンクアカデミー」で、有名なツェルターに作曲の指導を受けていたわけですが、この時期に3つの1幕もののオペラと、この3幕の作品を作っているのです。これらのオペラは、メンデルスゾーン家の内輪のコンサート(といっても、聴衆にはツェルターなどそうそうたるメンバーが名を連ねているのですが)で上演されただけで、その後は全く演奏されることはありませんでした。
この録音は、その、まさに180年ぶりの「再演」ということになります。ただ、この時期のドイツオペラに本来はあったはずの「セリフ」は一切カットされて、音楽のみが演奏されています。ブックレットの写真を見ると、ステージ上にオーケストラと合唱団、そして配役の扮装をしたソリストたちが並んでおり、舞台装置などは一切ない「コンサート形式」の上演であったことが分かります。トータルで1時間40分、まあ手頃な長さでしょう。
作品としての魅力は、なかなか捨てがたいものがあります。序曲の冒頭でホルンのコラールが聞こえてくるあたりは、まさに「ドイツオペラ」としての特色を出そうと意図したものなのかもしれません。幕の中で聴かれるバレエ音楽も、なかなか素敵なものです。特に、第2幕にある「大きなバレエ」では、木管楽器のソリスティックなアンサンブルが耳を楽しませてくれます。最近の「バッハ・コレギウム・シュトゥットガルト」でのフルートのトップはヘンリク・ヴィーゼ、彼の伸びやかで輝かしい音色はとても魅力的です。
ただ、基本的には作曲の勉強の成果、といった趣をぬぐい去ることは出来ません。そこにあるのは、オリジナリティよりは、少し前の作曲様式の模倣、この作品の中にモーツァルトの「後宮」や「魔笛」と非常によく似たテイストを感じたとしても、それは致し方のないことなのでしょう。時折見え隠れするロマンティックな翳りが、メンデルスゾーン自身のものとしてきちんとした形になるには、もう少し時間が必要になってくるのです。
このオペラを完成させた年のクリスマスに、メンデルスゾーンは後に100年ぶりの蘇演を行うことになるバッハの「マタイ受難曲」の楽譜をプレゼントされます。その時点では、彼はこのオペラが180年後に初めて再演されることになろうとは、夢にも思っていなかったことでしょう。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2005-10-30 19:20 | オペラ | Comments(0)
MOZART/FLute Concertos



Sharon Bezaly(Fl)
Juha Kangas/
Ostrobothnian Chamber Orchestra
BIS/BIS-SACD-1539(hybrid SACD)



ハイブリッドSACD仕様、しかも、「日本語解説」が付いている上に、豪華総天然色の、分厚いこのレーベルの完全カタログ同梱されていて1400円前後のバジェット・プライスという、信じられないような価格設定になっている、BISの「お姫様」シャロン・ベザリーのニュー・アルバムです。ただ、「日本語解説」と聞いて、この前のノリントンの「巨人」のようにブックレット自体に日本語が印刷されていることを期待したのは、間違いでした。あの時と同じ輸入業者なのですが、このレーベルに関してはそこまでの力が及ばなかったのでしょう、「タスキ」の裏側にちょっと長めのインフォが付いているだけ、という程度にとどまっていました。こういうものを、普通は「日本語解説」とは呼びません。
ベザリーを最初に聴いたのは、1999年4月に録音されたモーツァルトのフルート四重奏曲でした。なかなか清潔な演奏、音もきれいだしテクニックも確かなのに、なんの訴えかけも感じられないのには、失望したものです。それから丸6年、2005年の4月に録音されたこの協奏曲集では、彼女のモーツァルトはどのような変化を見せていることでしょう。
まず、最初に気づくのは、その録音の不思議なバランスです。決して大人数ではないオーケストラの音は眼前に大きく広がっている(そのために、弦楽器の粗さがかなり目立ちます)というのに、肝心のソロ・フルートの音像がはるか後ろに定位しているのです。これは、前作でのアホの協奏曲でも見られた録音ポリシーなのですが、あくまで主役はフルートであるモーツァルトの曲でなぜもっとソロを前面に出さないのか、理解に苦しむ措置です。あるいは、これが「サラウンド」で聴く時のベストポジションなのでしょうか。もしそうだとしたら、それはエンジニアの考え違いでしょう。少なくとも演奏を通じて聴衆に何かを訴えたいと思っているアーティストであれば、このような扱いを受けて黙っているはずはない、と、私は確信します。
したがって、ただでさえ主張の乏しいベザリーの演奏からは、このような音場ではますますそのメッセージを受け取るのは困難になってきます。そこにあるのはひたすら肌触りよく流れる心地よい音のつながり、その中から作曲者がこれらの曲に込めたであろう、ある種の緊張感を探し出すことは不可能です。6年前にはあまり見られなかった、音符をあとからふくらますという彼女の趣味は、これをさらに助長しています。音の頭が明確でないために、例えばニ長調の協奏曲の有名なロンド主題は、



のように聞こえるという、大変みっともないことになってしまいました。
ところで、このアルバムで使われているカデンツァは、フィンランドの作曲家カレヴィ・アホが作ったものです(いえ、誰も「カレシ、アホ」なんて言ってません)。先ほどもちょっと触れた協奏曲など、彼女の「才能」を高く評価しているアホは、多くの作品を彼女のために作っています。その流れから出てきたこれらのカデンツァ、実は、私はこれを聴きたいためだけに、このアルバムを買ったようなものなのです。これと同じようなケースで、以前、シュニトケがギドン・クレメルのために書いたベートーヴェンの協奏曲のためのカデンツァは本当に衝撃的なものでしたから、ここでもそんな斬新なものを期待したって、良いではありませんか。しかし、聞こえてきた多くのカデンツァは、平凡極まりない陳腐なものでした。それこそいにしえのドンジョンあたりのものと何ら変わらないテイスト、いったいどこに「作曲家」としてのアホのアイデンティティがあるというのでしょう。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2005-10-28 14:01 | フルート | Comments(0)
MOZART/Piano Concertos 6,15&27


Pierre-Laurent Aimard(Pf)
Chamber Orchestra of Europe
WARNER/2564 62259-2
(輸入盤)
ワーナーミュージック・ジャパン
/WPCS-11886(国内盤 1123日発売予定)


また、モーツァルトです。まだモーツァルト・イヤーになっていないうちからこんなに取り上げているなんて、いったい来年にはどんなことになっているのでしょう。それにしても、「生誕250年」などという半端な数字でこれだけ盛り上がるのですから、すごいものです。というより、こんなものはただの口実、とにかくみんなモーツァルトが好きなんです。本当はいつだって大騒ぎをしていたいのでしょうが、それもなんですからこういう「当たり年」にかこつけて、おおっぴらに聴きまくろう、演(や)りまくろう、ということなのでしょう。もちろん、私もモーツァルトは大好き、こういう時でないと出せないようなちょっと変わったアルバムを、大いに期待しているところです。
エマールがモーツァルトの協奏曲を録音してくれた、というのも、もしかしたらこの流れの恩恵なのかもしれません。殆ど「現代物」のスペシャリストとして、メシアンやリゲティの演奏で衝撃的な世界を見せてくれたエマールでしたが、ベートーヴェンの協奏曲に手を染めたあたりからレパートリーに広がりを見せてきたのは、ご存じの通りです。もっとも、そのベートーヴェンは、相方のアーノンクールの趣味が前面に出すぎていて、私にとってはちょっと、でしたが。
今回のモーツァルトでは、まず曲目の選択からして、一本筋の通ったものになっています。6番、15番、27番と、彼の若い時期から晩年までの長いスパンを網羅しているとともに、全ての曲が「変ロ長調」で書かれているという共通点があるのです。ライナーノーツを執筆しているリンゼイ・ケンプによると、この変ロ長調というキーは、モーツァルトにとって「もっとも分かりやすい種類の幸福と結びついている」ものなのだそうですから、そのあたりの情感の反映が時代と共にどう変わっているかを検証するのが、エマールの目論見だったのかもしれません。
6番と15番では、この「幸福感」が存分に味わえます。オーケストラはベートーヴェンの時と同じヨーロッパ室内管、しかし、指揮者はおかずにエマールが自ら「director」という立場でオーケストラの面倒を見ています。「conductor」というほどの強い意志は示さず、もっぱらオーケストラの自発性を生かそうというスタンスなのでしょうか。ここでは、ピアノとオーケストラの音楽性は見事な調和を見せていて、伸び伸びとしたモーツァルトの「明るさ」を心ゆくまで楽しむことが出来ます。6番の3楽章で大活躍するホルンの生き生きとしたことといったらどうでしょう。
ところが、27番になると、様相は一変します。1楽章のオーケストラのイントロがこんなに「暗く」聞こえてくる演奏は、今まで聴いたことがありません。もしかしたらエマールは、ここで「変ロ長調」と同じ調号である(平行調とも言う)「ト短調」を意識しているのでしょうか。しかし、ピアノもオーケストラも申し合わせたように妙な「溜め」を作っていて、音楽が停滞して流れていかないのにはちょっとついて行けません。2楽章も、その重々しい足取りは変わりません。そして、まるで羽根が生えて舞い上がるような軽やかさを持っていて欲しい3楽章のロンドでも、そんな期待が満たされることは決してありません。思わせぶりな暗さ、妙な引っかかり、そして不思議なアクセント、こんな音楽はまるで先ほどのアーノンクールの趣味そのものではありませんか。このオーケストラに染みついたこの「偉大な」指揮者の陰が、ここにもチラチラしているのではないか、そんな印象を強く受けるものでした。言ってみれば、とても相性が良いと思って「幸福」な気分で付き合っていたら、いきなり情夫が顔を出して、美人局だと分かったようなもの。こんな品のない喩えは、このサイトではいつもだぜ
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2005-10-26 20:12 | ピアノ | Comments(0)