おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
MANTOVANI/By Special Request





Mantovani and his Orchestra
GUILD/GLCD 5110



前回取り上げた黛敏郎は、彼の「題名のない音楽会」で、マントヴァーニ・オーケストラのアレンジについて取り上げたことがありました。「イージー・リスニング」と言うよりは、昔ながらの「ムード・ミュージック」といった方がしっくりくる、厚い弦楽器の響きが売り物のこのオーケストラ、そのサウンドは、「カスケイディング・ストリングス」と呼ばれるもので、その名の通り、まるで滝が流れ落ちるような華麗な効果を持ったものです。このアイディアは、マントヴァーニとともに彼のオーケストラを支えてきたロナルド・ビンジというアレンジャーによって考案されたもので、ヴァイオリンを多くのパートに分けて、少しずつ音をずらしながら演奏することによって、芳醇なエコーがかかったように聞こえるというものなのです。黛は彼の番組の中で、「魅惑の宵」か何かのヴァイオリン・パートの楽譜を拡大して吊りカンにぶら下げ、そこにいた東京交響楽団(だったかな)に実際に演奏してもらい、マントヴァーニと寸分違わないサウンドが再現されることを確認してもらう、というプレゼンを行ったのでした。そう、ビンジのアレンジは、後のイージー・リスニングのオーケストラが、エコーやディレイなどのエフェクトをPAに頼り切っていたのとは対照的に、アレンジだけで、ということは、クラシックのオーケストラのように一切電気的な処理を施さない場でも、たっぷりしたエコー感を与えられるものだったのですね。さらに、マントヴァーニの場合、録音を行っていたのが英DECCAという、昔から録音技術に関しては卓越したノウハウを持っていたレーベルだったことも幸いします。特にステレオ録音になってからは、その華麗なサウンドはまさに生き生きと花開くのでした。
ところで、このアルバム、レーベルはDECCAではありませんね。これはなんとGUILDという、ヒストリカル録音専門のレーベルではありませんか。実は、ここに納められているのは、全てSPレコードから「ディジタル・リストレーション(修復)」を施されたものなのです。録音されたのが1943年から1953年、DECCAの権利が及ばない音源を集めたら必然的にこうなったのかもしれませんが、ビンジが「カスケイディング~」の手法を確立したのが1950年頃と言われていますから、はからずも、まさにその前後のアレンジの変遷がまざまざと味わえる貴重な記録にもなっているのです。
最初のトラック、1943年録音のコール・ポーターの「ビギン・ザ・ビギン」という、「最初はやっぱりきれいな人とだな」という虫のいい男の歌(それは、「ビギン・ザ・美人」)から、これが本当にSPの音だなどとは到底信じられない、ノイズも全くなく音の粒立ちもクリアな録音にびっくりさせられます。ただ、これはストリングスはほとんど目立たない、後のマントヴァーニの姿など全く感じられないただのダンスバンドのアレンジと演奏です。ところが、50年をすぎたあたりから、明らかにストリングスを前面に押し出したアレンジに変わっていきます。それはまさに劇的と言えるもの、そして、そのストリングスの音はなんと艶やかなのでしょう。コンチネンタル・タンゴの名曲「青空」(53年録音)などは、生々しさから言ったら、下手なデジタル録音など遙かに凌ぐものです。
元の録音がちゃんとしていれば、SPからでもこれほどの音が再現できるのが、最近のデジタル技術なのでしょう。クラシックでもこんな良い仕事がしてあるものがあれば、是非聴いてみたいものです。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2005-03-30 19:37 | ポップス | Comments(2)
MAYUZUMI/Bugaku, Mandala Symphony etc.




湯浅卓雄/
New Zealand Symphony Orchestra
NAXOS/8.557693J



1966年、テレビ朝日がまだNET(日本エンタメテレビ、ではなく、日本教育テレビ!・・・本当ですよ)と言っていた頃に始まった「題名のない音楽会」は、作曲家の黛敏郎が司会を担当するだけではなく、企画の段階から彼自身、あるいは彼のブレーンが制作にタッチしていた、非常に高いレベルを持った音楽番組でした。黛といえば、政界、財界には幅広い人脈を誇っていたちょっと右寄りの論客、その影響力で、視聴率など気にすることなく、良質の企画を送り出すことが出来たのでしょう(黛の没後も現在まで続いている「題名のない音楽会21」、確かによく似た体裁を持ってはいますが、ほとんどアーティストのプロモーションの場に堕してしまっているこの番組は、当初のものとは全く別の姿に変貌してしまった、巷にあふれるバラエティと何ら変わらないものなのです)。
残念ながら、私たちが黛について知っているのは、この番組の司会者としての顔がほとんどで、本来の作曲家としての側面は、「涅槃交響曲」とか「『天地創造』の映画音楽」以外にはほとんど伝わっては来ません。事実、1970年以降は「右翼であることが災いとなって(黛)」ほとんど作曲の依頼がなく、必然的に寡作となってしまったのだと言われています。
予想以上の大ヒットとなっているNAXOSの「日本作曲家選輯」、今回は、そんな黛の初録音2曲(しかも、そのうちの1曲はこれが初演)を含む4曲が収録されています。その、今まで実際に音になったことすらなかったという、作曲家がまだ10代の時の作品「ルンバ・ラプソディ」を聴けば、彼が若くしてすでにオーケストラから芳醇な響きを導き出す技術に精通していたことが分かります。ほとんど天才的と言っていいそのセンスは、テレビで見られるとおりの「カッコ良さ」、ラヴェル、ストラヴィンスキーあたりの語法を完璧に手中にしたダイナミックはサウンドは、時代を超えた普遍性をもって迫ってきます。
「涅槃交響曲」で確立された彼独特の「日本的」な語り口、しかし、それ以後に作られた「舞楽」と「曼荼羅交響曲」をここで聴くことにより、彼の音楽の本質はやはり「カッコ良さ」にあるのではないかとの印象は強まります。「舞楽」で聴かれるのは雅楽の模倣、しかし、それは「春の祭典」を彷彿とさせる本編への導入にすぎないのです。「曼荼羅」でも、仏教的なテイストはちりばめられてはいるものの、圧倒的に印象を支配されるものと言えば、彼が留学したフランスのボキャブラリーです。そう、第2部にあたる「胎蔵界曼荼羅」の後半などは、何も知らずに聴いたらメシアンの未発表の曲だと思ってしまうほど、この、鳥の声を偏愛したフランスの作曲家の語彙に充ち満ちています。
黛の音楽の持つ感覚的な魅力を前面に押し出してくれた湯浅卓雄の指揮するニュージーランド交響楽団、その、しなやかでリッチなサウンドを聴いてしまえば、黛が後半生にほとんど曲を産まなかったことが、日本の作曲界にとって大きな損失であったという事実を、受け入れないわけにはいかなくなってしまうことでしょう。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2005-03-28 19:52 | 現代音楽 | Comments(0)
Moodswings




Elvis Costello, Sting, Björk etc.(Vo)
Brodsky Quartet
BRODSKY RECORDS/BRD3501



弦楽四重奏とヴォーカル、それもロック・ヴォーカルとの組み合わせなどと言うものは、ヴォーカル・インストゥルメンタルの黎明期の「ザ・ビートルズ」ですらすでに手がけていたことでした。「イエスタデイ」や「エリナー・リグビー」でのバックに弦楽四重奏(もっと多いとも言われていますが)を起用したジョージ・マーティンのセンスは、当時の聴衆にはきわめて斬新に映ったはずです。ただ、ロックだけではなく、クラシックにも愛着を持っている人の場合は、そのストリングスの使い方には、少なからぬ違和感があったのではないでしょうか。基本的に、ヴァイオリンなどはリズムを刻むことには適していない楽器。リズムこそが命のロックとの、それが一番の齟齬だったのかもしれません。ポールがギター一本で弾き語りした「イエスタデイ」の方が、「ヘルプ!」というアルバムに収められているオリジナルバージョンより遙かに美しいと感じられるのは、私だけではないはずです。
大きく分けて2通りのコンセプトから成るブロドスキー・カルテットの新しいアルバムですが、その一つの側面、大物シンガーに自作を歌ってもらい、その伴奏をカルテットが行うという部分では、いまだこのビートルズの次元にとどまったままの安直な共演に終わってしまっているという誹りは免れません。当のエルヴィス・コステロが、「弦楽四重奏で伴奏するなんて、おめえら狂ってんな」と、看護婦さんの姿で(それは「コスプレ」)言ったというのがジョークに聞こえないほど、アルバムタイトルでもある彼の曲「My Mood Swings」での旧態依然たるバッキングは、情けないものです。リチャード・ロドニー・ベネットなどという作曲界の重鎮が自ら歌っている「I Never Went Away」あたりも、ある種のお遊びとしか聴くことは出来ません。それが、ビョークの「I've Seen It All」になると、彼女の開き直りに近いクラッシックへのアプローチにより、とても新鮮な味が出てくるのには驚かされます。異質なものを無理に融合させようとしない、これは彼女のひらめきの勝利です。
その意味では、もう一つのコンセプト、カルテットのメンバーがイギリス国内の学校を巡り、ティーンエイジャーたちとの共同作業の中から曲を生み出すというプロジェクトの成果の方にこそ、より刺激的なものを感じることができます。これは、メンバー以外に、作曲家も参加、生徒たちは曲や詞にアイディアを出したり、あるいはコンサートの企画やアートワーク(パンフレットやステージング)に加わって、何らかの形で一つのパフォーマンスに関わるというちょっと素敵なものです。中でも、イアン・ショーという人が歌っている「Venus Flytrap」と言う曲は、作詞も作曲も全て生徒によるもの、とてつもない発想のメロディーラインと、それにからみつく弦楽器が、ジャンルを超えた真の意味での「コラボレーション」を実現しています。
リズムに命をかけるロックと、メロディーを偏愛することから始まるクラシック。この2つのものが、ともに何かを作り上げようとするときには、何を大切にすべきか、あるいは、何を捨てるべきか、そんなことを深く考えさせられる、かなり重いアルバムです。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2005-03-27 00:02 | ポップス | Comments(0)
TAVENER/ The Veil of the Temple


Patricia Rozario(Sop)
Steven Layton/
The Choir of thr Temple Church
The Holst Singers
RCA/82876 66154 2(hybrid SACD)



ジョン・タヴナーの最新作は、彼にしてはちょっと珍しいRCAというレーベルからのリリースです。余談ですが、RCAは「BMG」というグループの一つのレーベルであったわけですが、このCDのジャケットには「SONY BMG」というロゴがみられます。そう、だいぶ前から騒がれていたことなのですが、「BMG」と「SONY」という世界の音楽業界を牛耳ってきた二大音楽ソフトグループが、ついに一つのものになってしまったのですよ。チョコとバニラの二色(それは、「ソフトクリーム」)。元をたどれば「BMG」は「ビクター」そして「SONY」は「コロムビア」、LP時代にはともにライバルとして君臨していた2大勢力が「結婚」してしまうのですから、もはやこの業界では何が起こっても驚くことはありません。
ここで演奏されているタヴナーの作品も、規模という点からしたらメジャーレーベルほどのものを持っています。いや、「作品」と言うよりは、夜を徹して遂行される「徹夜祷」という、実際には7時間を要するという宗教行事(ラフマニノフニに「晩祷」という合唱曲がありますが、これが、本来はこの「徹夜祷」と呼ばれるべきものなのです)そのもの、その中で演奏される音楽の部分だけを集めても、この2枚組のアルバムぐらいの長尺ものになってしまうということです。その音楽は、まさにバラエティに富んだもの、ギリシャ正教、ロシア正教、そしてチベットあたりの仏教の臭いがする様々なパーツが、ほとんど脈絡なく次から次へと現れてくる様は、壮観です。ここでは、「結婚」などという生やさしいものではなく、ほとんど「後宮」あるいは「ハーレム」の様相を呈しています。ただ、注意深く聴いてみると、その果てしない流れの中にある秩序を見いだすのは容易なことです。それは、この「徹夜祷」が行われたロンドンのテンプル・チャーチの聖歌隊と、有名な「ホルスト・シンガーズ」という大人の合唱団が、別々に歌うセット、「Kyrie Eleison」あるいは「Lord Jesus Christ」という歌詞を持つ部分です。この歌詞が、最初はホルスト・シンガーズによって、まるで中世のトゥルバドールの歌のような不思議なテイストで歌われたあと、聖歌隊によって移動ドだと「ミファミソ~、ミファミラ~、ソラソド~」という単調なメロディーが、見事な純正調のハーモニーに乗って歌い上げられるのです(ライナーには、この演奏者が逆に表記されていますが、作曲者と指揮者の写真を裏焼きのまま印刷するような校正のレベルですから、これはおそらく間違いでしょう)。しかもそれが、最初は「ニ長調」だったものが、曲、というか、式典が進むにしたがって、「ホ長調」、「ヘ長調」・・・と全音階的にキーが上昇してゆき、最後の部分では「ハ長調」になってフィナーレを迎えるという仕組みになっています(その最後の部分だけは、このメロディーが合唱ではなくソプラノソロによって朗々と歌われます)。この骨組みにさえ気づいてしまえば、その前後に繰り広げられる呪文のような東洋的な朗唱から、それこそラフマニノフのような大地の響きを持つ堂々たる合唱まで、存分に味わうことが出来ることでしょう。そして、全てを聴き終わったとき、高揚を続けてきた音楽とは裏腹に、体の中のどこかがいつの間にか浄化されているように感じるはずです。それこそが、タヴナーの音楽の目指したものなのかもしれません。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2005-03-25 19:54 | 合唱 | Comments(0)
DURUFLÉ/Requiem


Patricia Fernandez(MS)
Michel Bouvard(Org)
Joël Suhubiette/
Ensemble Vocal les Éléments
HORTUS/018



このサイトのマスターの自慢はデュリュフレのレクイエムの録音のコレクション。花粉症はちょっと辛いでしょうが(それは「ハクション」)。したがって、私佐久間としても、新譜が出たのなら、チェックしないわけにはいきません。しかし、このアイテムはCD店の新譜コーナーではなく、普通のところにあったので、危うく見逃すところでした。おまけに指揮者も合唱団も、全く聞いたことのない人たち、指揮者に至っては読み方すら分かりません。ジャケットもなんだか投げやりなデザイン、これでちゃんとした演奏が聴けるのかと不安になりましたが、マニアにとってはたとえどんなものであっても価値があるのだろうと、とりあえずゲットです。
かなりおどろおどろしいオルガンの響き(これは、第2稿オルガンバージョンです)の中から聞こえてきた合唱は、しかし、独特の美しさを持ったものでした。パートのまとまりやきちんとしたハーモニーといった、基本的な能力を全て満たした上で、さらに何か猥雑な雰囲気を漂わせるという、かなり高度な嗜好を満たしてくれるような魅力が、そこにはあったのです。そして、しばらく聴いているうちに、このような肌触りは、この曲にはもっともふさわしいものではないだろうか、という気になってきました。デュリュフレのレクイエムは、よくフォーレの同名曲と並べて語られることが多く、この2曲がカップリングされているアルバムも数多く存在しています。しかし、構成的には似ている部分があったとしても、そこで繰り広げられている音楽のテイストは、かなり異なっていることに、気づくべきでしょう。そんな、デュリュフレにはふんだんに含まれていても、フォーレにはちょっと似つかわしくはないような雰囲気、それが、この演奏からは止めどもなく発散されていたのです。
それに気づいてしまうと、ちょっとうるさく感じられたオルガンも、そんなある種の猥雑さを確かに助長しているものだと分かります。そう、このオルガンバージョンのオルガンの役割は、イギリスの団体によくあるような、取り澄ました合唱をただサポートするものではなく、オーケストラ版のエキスとも言うべきものを提供することだったのです。
実は、レクイエムの中ではバリトンソロのパートを合唱が歌っているのですが、これがまた凡庸なソロよりずっと素晴らしいのです。ですから、余白に入っているプーランクの「パドヴァの聖アントニオのラウダ」という男声合唱のための曲での、この合唱団の男声パートの伸びやかと軽やかさに、またびっくりさせられてしまうことになるのです。ただ、残念なことに、「Pie Jesu」でのメゾソプラノソロが、このようなアプローチとは完璧に相容れない重苦しいものであるために、このトラックだけが全く別の世界のものとなってしまっています。なぜこんなソロを使ったのか、理解に苦しむところです。
このCD、しかし、どうやらそのお店にあったのはこの1枚だけだったようで、それ以後補充される様子はありません。一つ間違えば、こんな素晴らしいものを見逃してしまって入手できなかったかもしれないと思うと、幸運さを喜ばずにはいられません。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2005-03-22 19:33 | 合唱 | Comments(0)