おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
「オペラ座の怪人」が終わりました
 劇団四季の「ファントム」が終わってしまいましたね。結局今回の仙台でのロングランでは、私は3回観にいったことになります。そのうち2回は初日と千穐楽、結構濃いですね。まあ、同居人などはそれに加えて5回か6回行ってますから、負けますけど。
 そもそも、この全国を回るプロダクションのスタートと言うべき横浜公演にも、行ってましたね。それがおととしの4月でした。その時にはピットに生オケが入っていましたね。ピッコロなんかちょっと危なっかしくて、はらはらしながら聴いてました。仙台ではもちろんカラオケですから、そんな心配はありません。今回のPAはかなりいい音だったので、これは楽しめましたね。楽器だけではなく、ヴォーカルもかなりのクオリティになっていました。このあたりの技術は日進月歩ですね。昔は本当にひどい音を聴かされていましたが、もうそんなことはありません。
 あとはキャストですね。最初に仙台で観たときにファントムをやっていた高井さんがあまりに素晴らしかったので、それ以後は誰を聴いても満足できなくなってしまいました。ただ、今回の仙台公演のプログラムには、そのまさかの高井さんの名前があったのですよ。期待してしまいましたね。でも、そこにはファントムのキャストが5人もいたのですね。高井さんは5人目。初日はもちろん、一番目に書いてある人でした。こういう地方のロングランでは、せいぜい2人ぐらいしか歌わないという噂は聞いていましたから、まず出番はないでしょうね。
 12月に行ったときには、ファントムは2番目の人に代わっていました。そして、千穐楽では最初の人に戻っていましたね。まあ、それでもなかなかの声は聴かせてくれたのでまずは満足です。
 問題はクリスティーヌでした。このロールもやはり2人聴きましたが、12月に聴いた人の方が、初日と千穐楽の人よりもずっと素敵でした。つまり、このキャストはファントムとセットになっていたようですね。特に千穐楽ではまるでオペラ歌手のようにピッチが上ずっていて、最悪でしたね。それと、やはりこの日本語の訳詞は馴染めません。
 まあ、そんな当たりはずれはありますが、音楽と構成の見事さには毎回しっかりと心を動かされていました。特に、オープニングからファントムとクリスティーヌがファントムの住み家にたどり着くまでの一連のシーンは、もう見事としか言いようがありません。もう息つく暇もなく、どんどんシーンが変わっていく中で、素晴らしい音楽が次々に現れるのですからね。
 もちろん、これは、劇団四季に限ったことではなく、この作品自体の持つ魅力です。少し前にハリウッドで映画化されたものなども含めてもいいかもしれません。この映画、キャストに問題はありすぎましたが、映画でなければ表現できないような細かいシチュエーションがきっちり描かれていて、ステージ版で疑問だったところがことごとく理解できるという優れものでしたね。例えば、最初のカルロッタの出番のところでは、このプリマドンナが鼻持ちならない自己中女だということを、客席内を掃除しているおばちゃんたちが耳をふさいでいるカットを挟むことによって、見事に表現していましたね。
 あと、映画版では、オーケストラがステージ版のしょぼいメンバーではなく、弦楽器などは大幅に増員されていましたから、序曲で最初にオルガンで出てくるテーマがストリングスで盛り上がるところなどは、絶対にピットのオケでは出せない豪華さがありました。まあ、逆にそれを聴いていたので、今回の仙台公演でもある程度修正して聴くことができたのですけどね。
 今回初めて気づいたのですが、ロイド=ウェッバーの曲には「ナポリ」が多用されているのですね。これはおそらく彼の「手癖」なのでしょう。この作品でも4曲ぐらいに使われていたような気がします。
 1月14日の千穐楽は、奇しくもどんと祭の当日。休憩時間に客席の扉が開いているので、外を歩く裸参りの鈴の音が聴こえてくるというシュールなシチュエーションでした。ロビーの自販機の前には、キャストの寄せ書きが垂れ下がっていて、その前には人だかりです。
c0039487_22071978.jpg
 そして、いよいよ最後のカーテンコール。ここでは予想通りムッシュー・アンドレとムッシュー・フィルマンが挨拶を述べていましたね。もちろん客席は全員がスタンディング。そのあとも延々とカーテンコールは続き、誰一人として外に出ようとはしていませんでした。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2019-01-16 22:08 | 禁断 | Comments(0)
LJOS
c0039487_23041068.jpg





Fauna Vokalkvintett
2L/2l-151-SACD(hybrid SACD)



去年の11月ごろにリリースされていた、ノルウェー語で「光」という意味のタイトルの、クリスマスの曲を集めたアルバムです。当然、その年のクリスマスでの需要に間に合うように、去年の6月と9月に録音が行われていたのですが、あいにくクリスマス前にはなにかと忙しくて聴くことができませんでした。
ここで演奏しているのは、ノルウェーの5人組女声ア・カペラ・グループ「ファウナ・ヴォーカルクィンテット」です。銭湯でライブをやってはいませんが(それは「サウナ・ヴォーカルクィンテット」)。彼女たちはそれぞれ合唱団の指揮者や作曲家、あるいはトラディショナルな民族音楽のアーティストなどと、様々なジャンルから集まってきているようです。
このレーベルは合唱関係では多くの編成のものを出してきていますが、このようなタイプのアンサンブルというのはあまりなかったのではないでしょうか。彼女たちが録音している風景を見てみると、真ん中に立てられたサラウンドのアレイを囲むようにして歌っています。つまり、それを再生すると、聴いている人はあたかも彼女たちに囲まれた真ん中にいるように感じられることになるのですね。この人数だからこそ、そんな親密な体験を味わえるのでしょう。
もちろん、この2Lレーベルのことですから、これは単に物珍しさを狙ってのことではありません。今世紀初頭にDVDオーディオやSACDが登場して、「サラウンド再生」が可能になった時には、いち早くそのフォーマットを支持します。2005年にリリースされたSACDのライナーノーツで、レーベルの主宰者モーテン・リンドベリは「モノラル録音は白黒写真、ステレオ録音はポラロイド写真、サラウンド録音はリアルな肉体」と言い切っていますからね。これは、サラウンドになって初めて、その生々しい存在感を実際に再現できるという比喩なのでしょう。
そして、よりリアルなサラウンドを目指して、チャンネル数も増え、それに従ってメインマイクが設置されたアレイの形もだんだん進化してきました(ハイフンの後の数字はサブウーハーの有無ですから、チャンネル数には関係ありません)。

c0039487_23041145.jpg
↑5.1:1本のアレイの上にフロントに3本、リアに2本のマイクをセットします。
c0039487_23041096.jpg
↑7.1:より緻密な音場を実現させるために、マイクをさらに2本増やします(7.1.4からの合成)。
c0039487_23041049.jpg
↑9.1:上下の音場を再現するために、5.1の上にさらに4本マイクを加えます。
c0039487_23041056.jpg
7.1.4:同じように、7.1の上にマイクを4本加えます。


ということで、現在ではこの「11チャンネル」での録音が、このレーベルで採用している最高のフォーマットになっています。こうなると、もう5.1までしかサポートされていないSACDでは再生できませんから、メディアはBD-Aになります。
しかし、今回はたった5人のアンサンブルということで、あえて「5.0」のフォーマットを採用しています。これで、5人の声は、それぞれ1本ずつのマイクに主に収録されることになりますね。それを再生すると、見事にフロントに3人、リアに2人のシンガーが立っているように聴こえてくるのです。
ここに収録されている2曲目、「Jeg er så glad hver julekveld(クリスマスイブは幸せな気持ちに)」は、こちらに映像がありますから、それを見るとだれがどのパートなのかがよく分かります。まず、全員暗譜なのがすごいですね。
最初にリア左からベース(アルト)のパターンが始まり、それを受けてフロントセンターがソロを歌います。そこにフロント左がベースの裏打ち、フロント右がカウンターメロディを加えます。残ったリア右は、ソリストとのハモリを入れます。
こうして聴いていくと、彼女たちの声は、それぞれに特徴があることがよく分かります。それが、ソロの時とハーモニーの時とでは全く歌い方を変えて、とろけるようなハーモニーの上に個性的なソロが展開されています。
こんな美しい歌声に囲まれるのはまさに至福のひと時、今年のクリスマスまで毎日聴いても飽きないぐらいです。

SACD Artwork © Lindberg Lyd AS

[PR]
# by jurassic_oyaji | 2019-01-15 23:06 | 合唱 | Comments(0)
MAHLER/Symphony No.2
c0039487_21254388.jpg


Ruby Hughes(Sop), Sasha Cooke(MS)
Osmo Vänskä/
Minnesota Chorale(by Kathy Saltzman Romey)
Minnesota Orshestra
BIS/SACD-2296(hybrid SACD)


オスモ・ヴァンスカがミネソタ管弦楽団の音楽監督に就任したのは、2003年のことだったんですね。いつの間にかもう15、6年も経っていたことになります。その間にはオーケストラのロックアウトなどがあって1年ほど辞めていたこともありますが、すぐに復帰していましたね。でも、どうやら2022年には本当に辞任することが決定したそうです。ですから、20年近くは同じオーケストラのシェフだったことになるわけで、今の世の中ではかなり長い就任期間と言えるのではないでしょうか。もっとも、その前任地のラハティ交響楽団では、1988年から2008年まで音楽監督を務めていましたから、そこまでの長期政権ではなかったのですね。
その間に、ヴァンスカはこのオーケストラとベートーヴェンとシベリウスの交響曲ツィクルスを完成させています。シベリウスは前のオーケストラとも同じレーベルでの録音がありますが、こちらはすべてハイブリッドSACDによるサラウンド録音です。
そして、最近ではマーラーのツィクルスへの挑戦を始めていました。これまでに「5番」と「6番」がリリースされています。ただ、「5番」を聴いた時にはせっかくのSACDなのに、あまりに録音がお粗末だったので、ちょっとがっかりしていましたね。なんか、弦楽器がとてもしょぼかったような。
そして、最新の録音がこの「2番」です。いやあ、驚きました。「5番」とは全然違った素晴らしい音じゃないですか。何よりも、前回はなんともバランスが悪かった弦楽器が、もろに前面に出て来るようになっていましたよ。いくら金管や打楽器が鳴っていても、決して弦楽器が埋もれることなくきっちり聴こえてきます。もしかしたら、録音のせいだけではなく、人数も増えているのかもしれませんね。
そして、ヴァンスカがこのパートに対して思いっきり「濃い」表情をつけているので、いたるところから濃厚なメッセージが漂ってきて、マーラーではこのパートがいかに大切かがとてもよく分かります。
ところで、第1楽章と第2楽章の間に、マーラーは「5分以上」の休みを取るように指示していますが、CDではあまり意味がないのでそんなに長く休むことはあり得ません。しかし、普通はここで10秒前後の少し長めのポーズを入れたものはよく見かけます。それが、このSACDでは25秒もとってあるので、なんとなく作曲家の気持ちが伝わってくるようです。
そして、第4楽章以降で登場する声楽陣もとても素晴らしいものでした。二人のソリストは浮ついたところのない暗めの音色で、確実な存在感を披露していましたし、特にこの合唱の出だしのピアニシシモは鳥肌が立つほどの見事な静寂感を生み出していました。そして、フル・ヴォイスになった時のインパクトも恐るべきものでした。
もちろん、サラウンドで聴いたのですが、最初のころはそれほどホール全体の響きが伝わってくるものではありませんでした。それが、終楽章でホルンのバンダが絶妙の距離感をもって聴こえてきたあたりから、サラウンドならではの魅力が加わってきました。そして、合唱が出てくる少し前のピッコロとフルートのソロの絡みのあたりでは、そのバンダの中のティンパニだけが後ろから聴こえてきました。サラウンドでは、打楽器の反響の方がそのように聴こえてくることが多いようですが、それを契機に、なんだか全体のサウンドがガラリと変わって、豊かなホールトーンがきちんと聴こえてくるようになったような気がしましたね。
そうなると、この部分ではいつもフルートとピッコロにしか耳が行ってなかったものが、バンダも含めた全体のサウンドがしっかり聴こえるようになっていました。不思議なものですね。
ヴァンスカの任期中に、このマーラー・ツィクルスを完成できるのかどうかはわかりませんが、今回みたいな体験ができるのなら、休みなどは取らずに(それは「ヴァカンス」)、せめて「8番」だけは録音して下さいね。

SACD Artwork © BIS Records AB

[PR]
# by jurassic_oyaji | 2019-01-13 21:28 | オーケストラ | Comments(0)
ワインビュッフェがあったそうです
 愚妻が退院して、まずは入院中のような忙しさはなくなりましたが、まだ静養が必要な状態なので、家事などは極力私がやることにしています。それでも、料理は材料を用意しておけば、少しは作れるようにはなってきました。まあ、完全復帰はまだ先の話ですが、それまでは私の出番はまだまだ続くことになるでしょう。
 今日あたりは、ニューフィルの総会と新年会が予定されていたのですが、そんなわけで、午後からの総会は議事録を作ったりするので出席しなければいけませんが、新年会の方は夕食の材料を調達する都合上、欠席することにしました。これは、写真さえあればなんとかなるので、それは出席する人にお願いすることにしましょう。
 ですから、一応3時半から戦災復興記念館の会議室で始まる総会に参加して、まあいつもだと1時間ちょっとで終わるはずですので、それから藤崎に行って、久しぶりに定義山の三角油揚げを買ってこようと思いました。でも、総会の議事は、特段問題になるような案件はなかったのですが、新年会が6時に始まるのにあまり早く終わるとその間の時間が空いてしまうので、なんだかだらだらと雑談のような話で引き延ばされてしまい、結局藤崎に着いたのは5時半を過ぎてしまいました。
 本当は、時間があればその向かいにある眼鏡屋さんに行って、もう少ししたら買い替えるはずの新しい眼鏡の品定めでもしておこうかと思っていたのですが、もうそんな暇もありませんから、まっすぐ藤崎の地下に向かいます。そんなときは、わざとゆっくりと動かしている下りのエスカレーターにイライラしますね。
 そして、目指すショーケースに行ってみると、いつも三角油揚げが並んでいるコーナーには卵のパックがぎっしりと並んでいました。売り場が変わったのかなとほかの場所を見てみても、どこにもありません。ということは、もはやここでは扱うことをやめてしまったのでしょうか。
 そこで、そばにいた店員さんに聞いてみると、「もう今日は全部売れてしまって、全然残っていません」ですって。うっかりしてましたね。なんせ、これは居酒屋などの業者もやってきてまとめて買っていったりするものですから、時にはこんなこともあるのでしょうね。仕方がないので、コンビニでおでんを買って帰りましたよ。
 家へ帰って、そのおでんを食べようとしていると、新年会に行っているNさんから、さっそく写真が届きました。メッセンジャーで送ってくれるように頼んでおいたのですよね。去年の新年会は本当に少人数で悲惨でしたが、今年はその倍ぐらいの出席者がいたことがその写真で分かり、少しホッとしました。なかなか楽しそうな写真だったので、すぐFacebookページにアップしましたよ。もちろん、これも「かいほうげん」の重要なコンテンツになります。
c0039487_23485620.jpg
 それと、総会で今年の秋の定期演奏会の指揮者練習の日程が固まってきたことが報告されていたので、それもきっちりアップすることにしました。その時の指揮者さんはとても多忙な方なので、スケジュールを決めるのがとても難航していたようですね。もうすでに私のところには予定は届いていたのですが、一部まだ確定していないところがあったので、まだアップはしていなかったのですが、それも決まったということで、晴れて公開です。
 その結果、前にも書いたように私の7月の東京行の予定には全くかぶらなかったものの、9月にも予定がとらなくて、結局8月に1回、そして10月の週末に毎週残りを消化するというすさまじいことになってしまっていました。
 その会場も、なかなか取れていないようで、仙台市内の会場が全く使えない週などは、北部の美里町のホールを仮押さえしてあるのだそうです。もしここに決まったら、おそらくまた地図を用意することになるだろうと、ちょっとグーグルで走ってみたら、結構大変なことが分かりました。できればこんなところは使わなくて済むようになってもらいたいものですね。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2019-01-12 23:49 | 禁断 | Comments(0)
ポップ体がなくなってました
 職場での集計作業は、丸5日間かかってやっと終了しました。きのうまでにデータは全部エクセルに打ち込んであったので、あとはそれを帳簿に書き写すだけという単純作業ですから、まあ、今日の午前中ぐらいで終わるだろうと思っていたのですが、もともとそんなITになじむような仕事ではなかったので、かなり手間取ってしまうことになってしまいました。
 つまり、振替用紙に顧客が書いてきた名前をそのまま書き写して入力したのですが、その内容が帳簿にある名前の中に見つからないことがあったりするんですよね。その帳簿は、4年分が書き込めるように作ってあるのですが、作ったのは3年前で、名前などはその当時のデータで入っています。ですから、今年書き込む時にはその名前そのものがかなり変わっていることになります。もちろん、おおもとの顧客の住所録などはそのたびに更新していますが、それはこの帳簿には反映されないので、名前が見つからない時にはその都度住所録と照合して直しています。ところが、中にはこちらに何の連絡もなしに、名簿のあて名が変わっていたりしますから、そんなときは直接電話をかけて問い合わせたりしなければいけません。
 それと、振替用紙に書いてくる名前が、とても達筆で読めないこともありますね。それも、ほかのデータ、住所や電話番号を住所録と照合して、名前を特定しなければいけません。最悪なのは、全く何も書いていないものが届いている時です。ATMで送るとたまにこういうものが出てきます。それはどうしようもないので、ゆうちょ銀行に問い合わせますね。これは、少し前だと、まだ先方もそんな事例を想定していなかったので、ほとんどけんか腰で対応されたことがありましたが、今ではしっかりそういうケースのマニュアルが出来上がっているようで、今回はいともスムーズに対応してもらえて、1時間もしないうちに答えが返ってきましたよ。ま、これは、そういうことではなく、きちんと記入しないと送れなくなるようなシステムを作る方が先なのではないか、と思いますけどね。
 ということで、まずは一仕事が片付いたので、そろそろ新しい「かいほうげん」の準備にかからなければいけません。今回は、ちょっと油断をしていたらもう前号を出してから2ヶ月近く経っていましたから、できればこの連休中には少しでもできるところを作っておかなければ。
 それで、いつものように外付けHDDにこれまで集めた素材をコピーして、この連休に自宅で仕事をしようと思いました。このHDDはなかなか使いやすいので、もう1個買おうかなとAmazonを覗いたら、これに合うケースがあったので、それを買ってみました。これで、持ち運びは楽勝です。
c0039487_22174000.jpg
 そこで、ちょっとした実験をやってみることにしました。「かいほうげん」は基本的にWordで作っているのですが、作り方としてはトピックスごとにファイルを作っていって、最後にそれを全部まとめてフルサイズのファイルに仕上げています。そうしておけば、印刷はそのまま出来ますし、PDFでサイトにアップするときにも一つのファイルで済みますからね。ところが、今まで使っていたWord2010とWord2013では、この作業を行うと、元のデータとは微妙に変わってしまっていたのです。まず、横のサイズが少し小さくなって、行内の文字数が減ってしまいます。その結果、段落の後に余白がないときには、その分行数が増えてしまって、ページからテキストがはみ出したりしてしまいます。あるいは、挿入した画像に合わせてレイアウトを施したテキストが、めちゃめちゃになってしまいます。もっとひどいときには、フォントが変わってしまったり、段落の設定が変わって、変な字下げなどが出来てしまうこともあります。
 これは、両方のバージョンで、ファイルも「.doc」と「.docx」の両方で何度も試してみたのですが、常にそのような「障害」が発生していました。ですから、そのたびに段落を少しいじったりして辻褄を合わせるような操作が必要になっていました。
 今度新しく買ったPCでは、Word2016がインストールされていました。それで、あまり期待はしないで、家から持ってきたデータでそんな作業をやってみたのですね。そうしたら、明らかにそれが改善されていたのにはちょっとびっくりです。少なくとも、一番ひどい、勝手に段落の形が変わってしまうことは全くなくなったようです。ただ、行内の文字数が減ってしまう現象だけは相変わらずですけどね。やればできるんじゃないですか。
 ただ、OSが変わって、今まで使っていたフォントが使えなくなってしまったのは残念です。どうして、前のフォントを残しておこうとしないのでしょうね。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2019-01-11 22:18 | 禁断 | Comments(0)