おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
さすがにHD DVDは再生できません
 前回の「禁断」では「リゲティのレクイエムはほぼすべての音源を持っている」と豪語していましたね。この作品は、初演は1965年3月14日にストックホルムで、ミヒャエル・ギーレン指揮のスウェーデン放送管弦楽団と合唱団によって行われました。あいにく、この音源は今のところ公にはなっていないようですので入手は出来ません。そして、最初にレコードとしてリリースされたのが、同じギーレンの指揮で、フランクフルト放送交響楽団と、バイエルン放送合唱団によって1968年11月に録音されたWERGO盤でした。
 しかし、それ以前の1967年12月15日に、フランシス・トラヴィス指揮のバイエルン放送交響楽団と合唱団によってこの曲が演奏され、それがラジオでドイツ全土に放送されたそうなのです。この音源を、スタンリー・キューブリックが「2001年」のサントラに使用したのですね。このあたりの経緯はこちらと、そのあたりのリンクで詳しく述べられています。
 ただ、この音源はサントラ盤などには収録されていますが、単独でリリースされたことはありません。でも、私はそのCD-Rを持ってます。
c0039487_20510413.jpg
 これはかなりの「お宝」なのではないでしょうかね(「1968年」と書いてあるのは、間違いでしょう)。指揮者のトラヴィスのウェブサイトというのがあって、そこにメールアドレスも明記されていたので、ダメモトでそこにメールを出してみたら(もちろん、英語で)しばらくしたらこのCD-Rと彼の直筆のメッセージが届いてしまったのですよ。そこには、確かに「キューブリックがこの音源を映画の中で使った」と書いてありましたね。
 それ以降のものがリリースされるようになるのは、21世紀に入ってから。2002年録音のジョナサン・ノット指揮のベルリン・フィルによるTELDEC盤、2006年録音のフリーダー・ベルニウスの指揮によるCARUS盤、2008年録音のペーテル・エトヴェシュ指揮のケルン放送交響楽団のBMC盤と続きます。私が持っているのはのこの3種類だけですが、もしかしたら、他にもあるのかもしれません。
 この中のエトヴェシュ盤は、なんと2枚組になっていて、普通のCDの他に、今は亡きDVDオーディオが入っているのですよ。それを入手した時には、そんなフォーマットのソフトを再生できる環境になかったのでそのDVDオーディオは聴けなかったのですが、今回改めてそのパッケージを取りだしてみた時には、そんなソフトでも再生できる最強のプレーヤーを入手していましたので、さっそく再生してみましたよ。
 もちろん、これは私にとっては「DVDオーディオ初体験」となるものでした。ですが、やはり「初めて」の時はいろいろ不都合が起きるもので、これもカウンターは動いているのにモニターには何の画像も出ないし、音も全然出てきませんでした。やはり、さすがのマルチプレーヤーも、こんな落ちぶれたフォーマットには対応できないのかな、とあきらめかけましたが、リモコンのメニューあたりをいじってみたらやっとメニュー画面が現れました。そこには、音声フォーマットもきちんと「5.1サラウンド」が選べるようになっていたので、それを指定して再生を始めると、もうまぎれもないサラウンドで迫ってきましたよ。おそらく、最初からサラウンドでの録音を想定しての配置で演奏していたのでしょうね。合唱などはしっかりサイドから前面までを覆うかたちで半円状に定位しています。それで、あのリゲティのポリフォニーがそれぞれのパートから発せられるのをそのまま聴き取ることが出来るのですから、それはものすごいインパクトです。もうすっかり圧倒されてしまいました。
 これは、もしかしたら生の演奏より生々しい音が聴けるものかもしれませんね。よくぞこんなものを作っておいてくれたものです。
 でも、やっぱり「生」は聴いてみたいものです。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2018-11-18 20:58 | 禁断 | Comments(0)
HARBISON/Requiem
c0039487_21164520.jpg


Jessica Rivera(Sop), Michaela Martens(MS)
Nicholas Phan(Ten), Kelly Markgraf(Bar)
Giancarlo Guerrero/
Nashville Symphony Chorus and Orchestra
NAXOS/8.559841


1938年生まれのアメリカの作曲家、ジョン・ハービソンが2002年に完成させた「レクイエム」です。アメリカの現代作曲家と言ったらレナード・バーンスタインとスティーヴ・ライヒぐらいしか思い浮かばないので、もちろん初めて聞いた名前の方です。ただ、その経歴を見ると「1987年にピューリッツァー賞を受賞」とありますから、アメリカ国内では有名な方なのでしょうね。
でも、その「ピューリッツァー賞」って、確かに有名ですが、普通はその賞はジャーナリズム関係者に対する賞だったような気がするので、作曲家がそれをもらったというのには、何か違和感がありませんか。いや、実際はだいぶ前からこの賞の「作曲部門」というのはあったそうで、それこそコープランドやアイヴズといった人たちも受賞していたようですし、最近ではさっきのライヒも受賞していましたから、それなりのステータスではあるのでしょう。ただ、今年の受賞者がラッパーのケンドリック・ラマーだったというのは、どうなんでしょうね。そもそもラッパーって「作曲家」なんでしょうか。ただ辛いだけじゃないですか(それは「ペッパー」)。個人的な印象では、彼らは音楽的な作業は何一つしていないような気がするのですが。というより、過去に受賞した「クラシック」の「作曲家」たちは、自分の業績がラップと同じ評価基準で審査されたことで、気分を害したりはしなかったのでしょうかね。
そんな過去の受賞者であるハービソンが「レクイエム」を作り始めたのは、1985年だったのだそうです。完成するまでに17年もかかっていたのですね。ただ、その間の1995年には、あのヘルムート・リリンクがシュトゥットガルト・バッハ・アカデミーで行った「和解のレクイエム」のプロジェクトに参加していたそうです。確かに、そのCDのジャケットには彼の名前がありますね。
c0039487_21164543.jpg
これは、世界中から集まった全部で14人の作曲家が分担して、第二次世界大戦の犠牲者を悼むために作られた、まさに「国境を越えた」プロジェクトで、日本からは湯浅譲二が参加していましたね。この中でハービソンが担当したのは、「Dies irae」の中の「Juste judex」から「Confutatis」の前までの部分のテキストです。前半はバリトン・ソロがバルカローレ風のオーボエのオブリガートに乗った穏やかなメロディを歌いますが、変拍子によるピアノ、グロッケン、ハープの間奏の後はメゾ・ソプラノのソロで無調っぽい旋律が歌われ、そのあと荒々しいオーケストラの間奏を挟んで、ソリが歌う、というものでした。
彼は、自らの「レクイエム」では、その前に「Ricordare」から始まるテキストを加え、それをソプラノとテノールのソロに歌わせ、最後のソリは合唱に直しています。
最終的には、ボストン交響楽団からの委嘱に応える形で全曲を完成させ、2003年3月6日にベルナルド・ハイティンク指揮のボストン交響楽団によって初演されました。
全曲は1時間弱の演奏時間、「Offertorium」の前で一旦音楽は終わり、その前後のパートは全く休みなく演奏されます。
始まりの「Introit」は、なんとも不安を誘われるような雰囲気です。というのも、ベースの音がとても気持ち悪いピッチで他のパートと合っていないんですね。これはおそらく意図されたもの、「多調」という手法なのでしょうが、その上で歌っている合唱はそれに合わせているのか、あるいはもともととてもヘタなのかは分からないような歌い方なので、聴くものにしてみればどのようなスタンスで対峙すべきかが分からなくなってしまいます。
全体の音楽は、ほぼそんな感じ。作曲家の目指しているものが今一つよく分からないために、最後までその音楽に浸ることが拒否されているような感じが付いて回ります。
そんな中で、たとえば「Sanctus」などは、とても分かりやすい7拍子の明るい曲調なので、さらに戸惑いは募ります。なによりも、合唱の主体性がまるで感じられないいい加減な歌い方が、もしかしたらあったのかもしれないこの曲の魅力をぶち壊しています。

CD Artwork © Naxos Rights US, Inc.

[PR]
# by jurassic_oyaji | 2018-11-17 21:19 | 合唱 | Comments(0)
「モノリス」のテーマですね
 不思議な「事件」がありました。私がいつもニューフィルで作っている「かいほうげん」は、もちろん無料で団員に配られているものですが、私はそれによって「手間賃」としてなにがしかの金銭を団から頂いています。まあ、この仕事自体は全くのボランティアですから「報酬」として頂くわけではなく、「諸費用」として、コピー代などを請求しているだけなんですけどね。それは、毎回発行日に領収書を会計さんに提出して、頂いています。
 そうしたら、そろそろ年末だということで団の会計を締め始めていた会計さんが、「前々回の領収書がありません」と言ってきました。私は、印刷が終われば自動的に領収書を書いて届けているので、そんなことはあり得ないのですが、なぜか会計さんの手元にはないのだそうです。だいたい、その請求をするときには、「かいほうげん」だけではなく、その前後にかかった、たとえば練習会場の使用料なども請求しているので、何枚かの領収書をまとめて出しているのですが、私のところにはそれも全然残っていませんからね。
 でも、きっちりとした会計報告を身上としている会計さんとしては、やはり領収書は必要なので、新たにそれを発行してくれと言ってます。もちろん、その時にお金もいただけるので、なんだか得をした気分ですが、まあそれでみんなが納得するのであれば、別にかまわないでしょうが、謎です。「奇跡」です。
c0039487_21555684.jpg
 ですから、その領収書は、来週新しいのを発行する時の領収書と一緒に出すことになりますね。そう、少し早いペースになっていますが、実は今日、あたらしい「かいほうげん」がめでたく完成して、あとは印刷と製本だけ、ということになったのです。今回は思いのほかネタが集まって、特に発行を遅らす理由もなかったので、ほぼ1ヶ月の間隔で発行となりました。本当は今週出すことも出来たのですが、1枚だけ必要な写真が撮れてなかったので、それをきのう撮って晴れて素材が全部そろったのですね。
 そして、来週には来年秋の演奏会の曲目を決める会議が開かれるので、そのための資料も作らなければいけません。これも、各パートからの希望曲の締め切りが昨日だったのに、まだ届いていないパートがかなりありますね。もう明日中には完成させるつもりなので、それまでに届かなければ資料に載せませんからね。
 などと、忙しい毎日を続けていて、なかなか、たとえば東京までコンサートを聴きに行くなどということはできないようになっていますが、もう、これは無理にでも予定を入れないことには一生こんな状態が続きそうだなあ、と思っていたら、絶対に聴きに行きたいコンサートがあることを知って、ウキウキしているところです。
 それは、来年ジョナサン・ノット指揮の東京交響楽団の定期演奏会でリゲティの「レクイエム」が演奏される、という情報です。この曲はあの「2001年」のサントラとして有名になった曲で、私はほぼすべての音源を持っていますが、まだ生で聴いたことはありません。調べてみたら今までに2回ほど日本でも演奏されたことがあったのだそうですね。しかし、今回のノットは、すでに録音も出していますし、リゲティに関してはまさにオーソリティですから、リゲティ・ファンとしてはこの機会を逃すわけにはいきませんよね。
 ただ、実現にはまだいくつかのネックがあります。コンサートの日は7月の20日(サントリーホール)と21日(ミューザ川崎)の、土日の2日間なんですが、このあたりはニューフィルの指揮者練習が入る可能性が非常に高いのですね。まだ先方と交渉中だそうで、具体的な日にちは全く分からないのですが、ここでバッティングしていたら練習を休んで行くわけにはいきませんからね。まあ、堂々と代吹きを立てて休む人もいますが、やはり指揮者練習だけはどんなことがあっても休まないというのは、管楽器奏者としての矜持だと思っていますからね。私は。
 もう一つはチケット。去年行ったメシアンの「アッシジの聖フランチェスコ」のようなマニアックな曲でさえ、発売当日に完売してしまいましたから、これもどうなることか。ただ、もし取れなくても、当日券を当てにして行ってくるかもしれませんね。
 いちおう、会場も違うので両方とも聴いてきたいと思っていますから、当然東京でのお泊りとなるでしょうね。そんな非日常、考えるだけでそわそわしてしまいます。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2018-11-16 21:57 | 禁断 | Comments(0)
ベートーヴェン捏造-名プロデューサーは嘘をつく-
c0039487_23041473.jpg








かげはら史帆著
柏書房刊
ISBN978-4-7601-5023-6


サブタイトルの下の「サブサブ」タイトルはドイツ語で「または、アントン・フェリックス・シンドラーの伝記」です。
そう、これは「ベートーヴェンの伝記を書いた人」とか「『交響曲第5番』を『運命』と呼ぶようにさせた人」として音楽史に登場するあのシンドラーの伝記なのです。かつては、彼が作り上げた「偉人」としてのベートーヴェン像は絶対的なものとして世の中に広まっていましたが、研究が進む中ではそれに対しての疑問も浮かび上がってきています。なんと言っても、ベートーヴェンの耳が不自由になった時にベートーヴェンと出会ったシンドラーは、会話の時に相手が筆談のために使っていた膨大な量の会話帳(ベートーヴェンは喋ることは出来たので、それは記録されてはいません)を盗み出し、その大半を破棄したり、自分に都合の良いように新たな「会話」を書き込んだりしていたのですからね。これは、まさに「窃盗」と「公文書偽造」、れっきとした犯罪です。
ですから、現在では彼は「ベートーヴェンの研究における最大の汚点」とまで言われてしまっています。今ではその伝記にしても、「運命」という呼び名にしても、もはやだれも信用しなくなったのは当然のことです。
この本は、シンドラーがそのような「犯罪」に手を染めるベースになったであろう彼のベートーヴェンに対する熱い思いを克明に語ったものです。
そこで著者が用いたツールが、その「会話帳」の現物です。なんでも、この本の元になったものは、著者が大学院を卒業する時に書いた修士論文なのだそうです。当然、その論文と同じようにこの本の巻末にもその「参考文献」の一覧が表記されていて、本文中では終始参照されていますが、その数には圧倒されます。
そんな、データ的には学術論文に匹敵するものをバックボーンとして著者が作り上げたのは、とことんエンターテインメントに徹した「物語」でした。なんせ、シンドラーを始めとする登場人物のキャラの立っていること。もう一人の主役のベートーヴェンや、フェルディナント・リース、カール・ホルツといった敵役など、まるで顔が見えるように生き生きと描かれています。これがもし実写化されるようなことでもあれば、リース役はさだめし中村倫也あたりでしょうか。
このあたりの手法は、著者が前作「運命と呼ばないで」の中で「なるべく等身大のリアリティを感じてもらいたいので、流行のワードを入れたり、現代に通じる比喩的なイメージをまじえたりというデフォルメを行っています」と語っていることを踏襲しているのでしょう。あちらはマンガでしたからよかったのでしょうが、ここではそれはちょっとやり過ぎのような気もしますね。ただ、この作品の最後の最後には、当のシンドラーが涙目でワンカットだけ登場しています。それは、もしかしたら本作への伏線だったのかもしれませんね。
そのシーンは、ベートーヴェンの「第9」の初演のアンコールの現場でしたね。これを読んだ時には、その意味がいまいち分かりませんでしたが、今回の著作を読み終えた時には、この時のシンドラーの心境は手に取るようにわかるようになっていました。
なにしろ、文章のキレが良く、展開が鮮やかなんですよね。チャプターの終わりにいかにも謎めいた「これから何が起こるのか」と思わせられるようなフレーズを挟まれては、嬉々として読み続けるしかないじゃないですか。それこそ東野圭吾のミステリーを読むようなノリで、一気に読破してしまいましたよ。
ただ、残念なことに、何箇所か校閲の手をすり抜けてしまった部分が残ってしまったようですね。34ページの6行目の「懸命な判断」は「賢明な判断」でしょうし、167ページの10行目の一番下にある「シンドラー」は、文脈から考えると「ヴェーゲラー」ではないかと思うのですが。どうでしょう?

Book Artwork © KASHIWASHOBO Publishing Co.,Ltd.

[PR]
# by jurassic_oyaji | 2018-11-15 23:06 | 書籍 | Comments(0)
2日がかりでした
 職場の墓地の北のはずれに、大きな桐の木が立っていました。それが、もうすっかり枯れてしまっていたのですね。
c0039487_21215612.jpg
 葉っぱも生えていて、一見大丈夫そうですが、もう幹はすっかり枯れていて、このままでは倒れてくる危険性もあるということで、伐採してもらうことになりました。これは7月初めの写真です。
 実際に伐採工事が始まったのは、先週のこと。総勢6人のチームがやって来ました。
c0039487_21215623.jpg
 通路の前には、安全のために旗が立ってました。
c0039487_21223081.jpg
 まわりのお墓を傷つけないように、シートで覆ってあります。
c0039487_21223069.jpg
 一人が、ロープだけで木に登っていきます。
c0039487_21251748.jpg
 さらに上に上ります。
c0039487_21251787.jpg
 そして、もっと枝の先まで登り、
c0039487_21260723.jpg
 そこに滑車を取り付け、ロープを入れます。
c0039487_21260757.jpg
 そこから下に降りて、枝にロープをしばりつけます。
c0039487_21273138.jpg
 枝の根元をチェーンソーで切ります。
c0039487_21273160.jpg
 それを下から引っ張って、折ります。
c0039487_21281001.jpg
 あとは、縛ってあるロープを緩めて、
c0039487_21281031.jpg
 切った枝をゆっくり地上に下ろします。
 こんな作業を何回も繰り返して、枝から幹まで全て短く切って下におろします。
c0039487_21283873.jpg
 次の日現場に行ったら、すべての作業が終わっていました。
c0039487_21283777.jpg
 残っているのは切り株だけです。
 見事な職人技ですね。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2018-11-14 21:31 | 禁断 | Comments(0)