おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
使えなかったBLUETOOTHもつながりました
 自宅のキッチンに付けてあったふきん掛けが壊れてしまいました。こういう、Amazonで買ったアイテムです。
c0039487_21434001.jpg
 もちろん、実物を見て買ったのではないので、ちょっと心配でしたが、届いたらまあ希望通りのものだったので安心しました。ただ、その取り付け方が、基本は両面テープで壁に貼り付けるというタイプだったのが不安ではありました。こんなふきんを4枚も掛けるのではかなりの重さになるはずですから、はたして両面テープのようなやわなもので耐えることなどできるのでしょうか。
 案の定、タイルの壁に両面テープで固定したふきん掛けは、ものの3日で剥がれてしまいましたよ。ダメですね。でも、せっかく買ったのだから、そのまま捨てるのはもったいないですね。一応これはネジで板壁などに固定することもできる仕様にはなったいたので、それを試してみることにしました。もちろん、タイルにネジで止めるわけにはいかないので、ちょっと厚い板を2液混合のエポキシ接着剤でタイルに貼り付け、そこに木ネジで止める、という方法を使うことになります。
 ところが、このネジを止めるという作業は、このふきん掛けをまず分解しないとできないようになっていました。確かに、このままではドライバーを入れてネジを締めるのは不可能です。まずハウジングを外し、その中の、タオル掛け本体を支えているシャフトを抜かなければいけません。私はこういう作業は得意ですから難なくできますが、普通の奥様あたりでは絶対に無理でしょうね。
 それでずっと使ってきて、何事もなかったのですが、おとといちょっと無理なひねり方をして力をかけたら、ネジの下の板が割れてしまったのですよ。もう一度、何年か前にやったことを思い出して分解して、新しい穴をあけてそこにまたネジを入れるという作業を、汗だくになってやってしまいました。でも、これであまり力を入れるのはまずいことが分かったので、もう同じような壊れ方はしないでしょう。
 と、こういうものだったら現物を見て悪いところをチェック、そこを直せば元通りの機能を回復できるようになるのですが、最近の電子機器の場合はそうはいかないのが悲しいところです。最近買ったAVアンプが、突然音が出ないようになったのには焦りましたね。もう、何の前触れもなくBDプレーヤーでCDを聴こうと思ったら、全く音が出なくなってしまったのですよ。そのアンプには、プレーヤーからはHDMIで接続してありますが、ライン出力もあるので、それはアンプの別のライン入力につないでありました。そのライン接続の方はちゃんと音が出るんですよね。ということは、HDMIの先の回路に何か不具合があるのでしょう。
c0039487_21434083.jpg
 と、そこまでは分かるのですが、こればっかりは私の力ではとても直すことはできません。とりあえず、再起動でもしてみようと電源を外してみましたが、何の効果もありません。やはり修理してもらうしかないのでしょうか。でも、これもAmazonで買ったので持っていくわけにもいきません。そこでメーカーのサイトを見てみたら、送料は着払いで修理を引き受けるサービスがあることが分かりました。まだ保証期間中なので、全部タダでやってもらえそうです。まあ、私の手におえないのですから、ここに頼むしかありません。それで、その電話案内に連絡することにしました。
 対応してくれたのは、優しそうな男の人でした。一通り状況を説明すると丁寧にうなずいているようでした。そこで、彼は「まず、電源を抜いてみてください」といいましたね。予想通りです。そんなことは、私でもわかりますってば。ですから、「それはもうやりました」というと、さらに彼は、「では、次に申し上げることを試してみてください」といって、「初期化」の手順を教えてくれました。なるほど、その手があったか、と思いましたね。言われたように、本体の2つのスイッチを同時に押すと、見事に元通りの音が出るようになりましたよ。こんな簡単なことで直ってしまうなんて。
 あとでマニュアルを読んでみたら、この初期化の手順がちゃんと載ってましたね。まあ、こういうセンスが、今の時代は必要なんでしょうね。一応私は理系なのですが、なかなかすぐには対応できません。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2018-03-30 21:52 | 禁断 | Comments(0)