おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
もちろん、お店の中はスタジオです
 朝ドラの公式サイトを覗いてみたら、スタジオのセットの写真などがたくさん掲載されていましたね。特に、前にも書いた萩尾家のリビングのセットなどは、なかなか興味深いものでした。ただ、そこにはステレオの再生装置はまだ置かれていなくて、壁に「レコード」だけが飾ってありましたね。その「レコード」は、まぎれもないSP盤、レーベルは「POLYMBIA」ですって。分かる人は分かりますよね。
 ですから、そのうち秋風先生のお屋敷のセットもここに登場するのでは、と期待しているところです。
 それと、オープンセットも紹介されていましたね。あの商店街は絶対にスタジオではないと思っていましたが、あれほどのオープンセットを作るのは大変だったろおなあ、と思っていたのに、あれは実際の商店街を模様替えして使っていたんですって。最近はそういうこともやるんですね。もちろん、普段はその家の人は生活しているのですから、いろいろ問題がありそうですが大丈夫だったのでしょうかね。あるいは、それこそ「聖地巡礼」の観光客のためならば、と、説得されたとか。
 その商店街がある場所がちゃんと書いてあったので、その岐阜県まで行って、同じ場所を写真に撮ってきましたよ。
c0039487_22170958.jpg
 これがセット。
c0039487_22170915.jpg
 これが実際の場所です。地味ですね。
 あとは、新聞販売店の看板についてかなり触れられていたので、そのセットと
c0039487_22170953.jpg
 現物です。
c0039487_22170920.jpg
 もう一品。
c0039487_22170990.jpg
 この雑貨屋さんは、
c0039487_22170861.jpg
 民芸品屋さんでした。
 お気づきでしょうが、こんな飛騨の山奥まで実際に行くわけがなく、ちゃんとGoogleのストリートビューがあったのでそれを使っただけです。まあ、ここで撮影が行われていたころのこの商店街の喧騒は、すごかったのでしょうね。
 でも、今頃は本当に観光客が押し寄せているかもしれませんね。
 このサイトでは、Twitterで最新の情報を流しているようでした。これにだけは手を出すまいと思っていたのですが、ここまで一般化してしまうとアカウントぐらいは持っていないと何かと不便なのでは、と思うようになっています。
 実際に、コンサートの感想などを集めるのには重宝するだろうな、とは思いますね。そこで、さるブログで新国立劇場でのカタリーナ・ワーグナーの演出がひどすぎるという書き込みがあったのでTweetを集めてみたら、確かにみんながひどいと言っていましたね。私も、これは出来たら見に行きたいな、と思っていたのですが、わざわざ行かなくて正解だったようです。
 それにしても、Tweetの中にあったカタリーナの写真にはびっくりしましたね。
c0039487_22170976.jpg
 昔はこうでしたよ。
c0039487_22170883.jpg
 それが、いつの間にこんなただのデブになってしまったのでしょう。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2018-05-21 22:26 | 禁断 | Comments(0)