おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
メインは「幻想」
 今日の朝ドラには「スクリーントーン」が出てきましたね。マンガを描く時に、貼り付ける、細かい模様が入った透明のシールのことですよね。私は、かつてこれを頻繁に使っていました。いや、別に私がボクテくんみたいにマンガ家になるための修業をしていたわけではないんですけどね。実は、ニューフィルで「かいほうげん」を作る時に使っていたのでした。
 私がこれを作り始めた時には、そもそもは手書きだったのはご存知でしょうね。原紙を手で書いて、それをコピーして作ってました。一応大きさは今と同じ、A4を2枚並べて両面に印刷して4ページにしていましたね。それが、すぐに「ワープロ」を使って文字を書くようになります。そして、写真なんかも載せたいな、なんて思うようになってきましたね。やはり「会報」ですから、写真があった方が絶対にいいですからね。そこで、ためしに白黒のフィルムを使って写真を撮って、それを原紙に貼ってコピーしてみました。
c0039487_22115090.jpg
 でも、悲しいかな、それをコピーするとこんな濃淡が極端なものにしかなりませんでしたね。当時のコピー機では、これが普通の姿だったのですよ。あくまでコピーするのは文書に限る、という考えだったのでしょう、いや、そもそもそんな技術がなかったからなのでしょうが。
 そこで、私は、新聞の写真のように細かい点の集まりにすれば、いくらか写真らしくはならないかな、ということで使ってみたのがスクリーントーンだったのです。画材屋さんに行くといろんな種類、色んなサイズのスクリーントーンがありましたが、その中から何種類か買ってきて、試してみました。最終的には、こんな感じに仕上がるのが見つかりました。
c0039487_22115047.jpg
 これだったら、かなり細かいニュアンスまで分かるようになっているのではないでしょうか。これからしばらくは、こんな感じで写真が載せられるようになります。
 これがどれほど前のことだったのかというのは、この写真に写っている人を見れば分かるのではないでしょうか。いや、分かるのはニューフィルのメンバーだけでしょうけどね。上の写真には1人、下の写真には2人、今でも活躍しているメンバーが写っています。
 しばらくこんな状態の写真でずっと作っていたのですが、コピーに使っている職場の機械がそろそろくたびれてきたころに、メーカーの営業の人が「これからはデジタルコピーの時代ですよ」と言って、新しい製品を持ってきました。本当に「持って」来たんですよね。車に積んで。そこでためしに写真をコピーしてみたら、今までのアナログコピーとは全然違って、すごくきれいに出来てしまうんですね。ついに技術もここまで進んだか、と驚いて、その機械を導入することにしました。
 それで作った最初の「かいほうげん」の写真がこれです。
c0039487_22115057.jpg
 ここにも、今もいるメンバーが4人写っていますね。そのうちの一人は私ですけど。
 それからも「かいほうげん」はたゆまぬ進化を続けます。まず、文字しか打てない「ワープロ」は「パソコン」に替わり、コピー機もカラーになって今ではフルカラーの16ページという、自分で言うのもなんですが、かなり充実したものになっています。今では写真もこうですからね。
c0039487_22115091.png
 この次の「かいほうげん」が発行されるころには、来年春の定期演奏会の曲目が決まっているはずです。メインの曲はもう決まったので、来週前曲を集約して、今度の指揮者の篠崎さんに諮るという流れですが、そのための希望曲目を集計し終わったところです。今までは、すでにストックしてある候補曲のなかからすべてリストアップできたのですが、今回はフランスものがメインになったということで、大量に新たにデータを仕込まなければいけない曲が寄せられてしまいました。やっとそのリストが出来たのですが、もはや数が多すぎて校正するのもめんどくさくなってしまい、丸ごとネットに上げて、各パートリーダーに確認してもらうことにしました。というか、かなりの曲をすでにストックしたと思っていたのに、まだこんなにやりたい曲があったなんて、かなり意外でしたね。なんせ、私が知らない曲が結構あるぐらいですから。いったい、何に決まることでしょうね。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2018-06-13 22:13 | 禁断 | Comments(0)