おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
ブルーがかわいいですね
 なんたって、私のハンドルネームが「ジュラシック」ですから、最新作の「ジュラシックワールド/炎の王国」は見逃すわけにはいきません。いや、別に見逃してもいずれWOWOWで見れるので全然構わないのですが、やはりこれだけは劇場で見ておきたいですからね。
 そこで、このところのお気に入り、TOHOシネマズで上映時間を調べてみると、なんだか字幕版の上映回がずいぶん少なくなっているようでした。吹き替え版の半分もないのですよ。なんか、スクリーンも一番小さいところみたいですし。劇場で吹き替え版なんて絶対に見たくありませんから困ったものだ、と思っていたら、なんと字幕版は「IMAX」がメインで上映されるような体制になっていたのですね。「イマックス」じゃないですよ。「アイマックス」です。最近は普通の映画だったら劇場で見るより自宅で見た方がいいかな、と思うようになっているのですが、「IMAX」に限っては、絶対に自宅では再現できませんから、これはラッキー、でした。というか、仙台にTOHOシネマズが出来た時に、やっと仙台でも「IMAX」が見られるようになったのですが、いまだにその恩恵にあずかれないでいるものですから。なんたって、「ゼロ・グラビティ」を「IMAX」で見たくて、わざわざ浦和まで行ったりしてましたからね。
 ただ、「IMAX」の場合は料金設定が普通のと違っているのが問題です。普通の大人1800円の映画は私は1100円で見られますが、そんな割引がきくのかどうか、まず確かめなければ。それで、いつもは券売機でチケットを買うのですが、わざわざ店員さんが対応してくれる売り場で買ってみました。幸い、しっかり割引もきいて、IMAX+3D+メガネ買い取りで900円余計に払わされて、ちょうど2000円で見られることになりました。
 IMAXのスクリーンは、フロントからさらに上にエスカレーターで登ったところにありました。
c0039487_21091518.jpg
 入り口がスクリーンのすぐ前になっているので、そのスクリーンの大きさがよく分かります。IMAXの特徴は、普通のスクリーンより縦方向に長くなっているんですよね。ですから、それをきちんと体験するのには、真ん中辺に座るのが一番いいことが分かっていましたから、そのあたりの席をとりました。まだ公開から1週間しか経っていないのに、客席はスカスカでしたね。
 ただ、本当のIMAXは、カメラも専用のものが使われて、そういう縦にも長い画面になっているのですが、この作品の場合は、普通にワイドで撮ったものをIMAXに変換したもののようでしたね。ですから、スクリーンの上下に隙間が出来ていたのが、ちょっと悲しかったですね。それでも、3Dの画面はなかなか楽しめました。
 そして、サウンドは、ものすごい音でしたね。やっぱり、こんなのを自宅で再生することはとても不可能です。ただ、音楽はちょっと陳腐でしたね。それこそ「ゼロ・グラビティ」あたりで、最新の映画音楽の可能性を見せつけられていたので、これは全然物足りませんでした。
 結局、このシリーズは「生きた」恐竜を見られるのが、最大の魅力なんでしょうね。そのための手法は第1作から変わっていなくて、実体のないCGと、実際に「物」として動いているロボットを上手に組み合わせています。そのどちらとも、作を追うごとにクオリティが上がっているのがよく分かります。おそらく、その違いを実際に見てもらいたくて、わざわざ第1作と同じシーンを作ったりしていましたからね。はいはい、それは十分に分かりましたよ。
 まあ、その分ストーリーは、はっきり言ってどうでもよくなっているのではないでしょうかね。なにやら哲学的なことを、「レジェンド」のジェフ・ゴールドブラムに語らせてたりしますが、なんか底の浅さしか感じられません。人間までクローンだったというのは、いかにもとってつけたような設定ですね。そして、あのエンディング。これは、もう次回はない、と考えていいのでしょうね。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2018-07-22 21:10 | 禁断 | Comments(0)