おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
集配には来てもらえなくなります
 お盆の時期の私の仕事には、「会報」の発送作業もあります。こちらでもそういうものを作っていて、毎年行われるお盆のイベントで直接配られるのですが、それはほんの少しだけなので、残った分は送らなければいけません。これもやはり台風の影響で、手渡しできた分がいつもより少なかったので、当然発送分が増えてしまって、1000部を超えていました。それを封筒に詰めてあて名シールを貼りつけるという作業ですね。
 それは、もうきのうのうちにほぼ終わっていて、残りを仕上げたら今日の午前中にでも郵便局に「ゆうメール」として持って行ってもらう、という段取りでした。ところが、夕べハタと気が付いて、これは普通の郵便で送った方が安いのではないか、と思ったのですね。こういう、顧客全員に送るDMは年に2回あって、年末には暦などの重たいものが入るので、定形郵便だと25グラムを超えて1通92円になってしまいます。それが、ゆうメールだと88円で送れるんですね。実は、去年まではもっとずっと安かったのですが、今年になってこんな大幅な値上げになっていたのです。ただ、「郵便区内特別」を使っても、かろうじてゆうメールの方がお得、という状況でしたから、もう少し使おうかな、という感じではあったんですね。
 ところが、今回の封書は、A4用紙1枚だけしか入っていませんから、楽楽25グラム以下で、郵便だと82円で送れるんですよ(ゆうメールには、その区切りがなく、一律50グラムまでです)。これだったら、わざわざゆうメールを使う人はいないでしょう。なんでこんなことに今ごろになって気づいたのでしょうね。
 ただ、ここで問題が。今回詰めた封筒には全てゆうメールの表示が印刷されているんですよね。ですから、そのままでは使えません。それが見えないように新たに「別納郵便」のシールを作って貼るのがベストでしょうか。でも、そんなものを作っている時間はもうありません。だったら、少し大きめの切手を買ってきて貼ってしまえば、手間は同じことですよね。
 ただ、普通の糊の切手だと、あれを1000枚舐めるのは大変そう。いや、スポンジで水を付ければいいのでしょうが、なんだか水が邪魔です。それよりも、シールになっている記念切手を買ってくれば、ずいぶん楽でしょうね。ということで、そういうものを1000枚なんて、普通の郵便局ではまず手に入れられないでしょうから(この間は、ハガキさえありませんでした)大きな「本局」まで行って、こんなのを100シート買ってきました。
c0039487_21113295.jpg
 局員さんが「これが大きくていいですよ」と言ったので、これにしたのですが、いざ貼りはじめてみると、妙にデザイン重視でいろんな形にミシン目が入っているのがあって、いい位置に貼るのが結構大変でしたね。それよりも、中にはそのミシン目が不完全で、ヘタをするとそこだけ剥がれなくて、最悪切れてしまうことがあるのが問題です。デザインに凝る前に、きちんとミシン目で剥がれるようにする方が大切なことに、郵便局は気づいていないのでしょう。
 とにかく、今日中には出さなければいけないので、貼りましたよ。1000枚。そして、それはそのままポストに入れたのでは絶対に入りきりませんから、近くの郵便局の窓口に持っていきましたよ。そうしたら、局員さんは切手が貼ってあるか、すべての封書を点検していましたね。お互い、ご苦労様なことです。
 今のゆうメール(特約ゆうメール)からは、近いうちにまた値上げしたいような案内が来ています。最初この契約をした時には、当分値上げはしないようなことを言っていたのに、2年目には何の相談もなく大幅な値上げ、そして、その直後にまた値上げのお知らせですから、これはまっとうな商売をはるかに逸脱した、ほとんど詐欺まがいの商法ですよ。もちろん、これ以上値上げになったら何のメリットもありませんから、即刻解約するつもりです。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2018-08-13 21:15 | Comments(0)