おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
「ミックス」という映画です
 最近になって、急にPCの画面が見づらくなりました。特に自宅のラップトップは、不覚にも96dpiのモニターにしてしまったものですから、ただでさえ文字が小さいので、もうほとんど読めなくなってしまうレベルになってしまいました。画像ソフトの設定などは、もう「カン」で仕事をしている、という状態ですよ。今のメガネはもう作ってから4年経ちますから、そろそろ度数が合わなくなってきてもおかしくないのでしょう。この際だから新しいメガネを作りましょうかね。
 ちょうど今の時期は、市民検診のシーズンですから、きのうはその検診の一環で、いつも行っていて、メガネの処方箋も作ってもらった眼科に行きました。そこで、診察のついでに処方の予約を取ろうと思いました。ここは、いつも混んでいるので、予約制なんですよね。
 普通の診察も相変わらず混んでいて、結局2時間半ぐらい待たされました。その間に、「散瞳」の目薬も差されます。これをやると、瞳孔が開きっ放しになるので、明るいところに出るとまぶしくてしょうがないんですよね。それで、診察の時にメガネのことを話したら、まだそんなに視力は変わっていない、と言うのですね。でも、どうしてもというのなら予約してくれと言うので、一応予約を取っておきました。
 それからしばらくは、職場でPCを使ってもかなり疲れるぐらいに、視力もボロボロになっていたのですが、その目薬が切れてくると、次第に前のようにきちんと見えるようになってきました。いや、なんだか前よりよく見えるようになった気さえしてきましたよ。家に帰って自宅のPCでも、きのうまではあんなに見るのに大変だったものが、何の抵抗もなく見えるようになっていました。ということは、まだメガネを替える必要はないのかもしれませんね。おそらく、最近は疲労がたまっていたのでそれが目に来ていたものが、「散瞳」でストレスが発散されて、元に戻っていたのでしょう。本当かどうかは分かりませんが、まあ、しばらくしてまた見づらくなったら、その時に改めて処方してもらおうと、さっきの予約はキャンセルしました。
 「朝ドラ」は、いやでももう少しで新しいものに変わってしまいます。今回のは、スタート時こそ、これは期待できるのでは、と思っていたのですが、漫画家をやめたあたりからちょっとこれはヤバいんじゃないか、と思うようになっていましたね。まあ、フィクションですから何をやっても構いませんが、あまりに展開が激しい、というか「雑」なんですよね。それこそ、新田さんじゃないですけど「フィヨルドの断崖絶壁」みたいな急激な落差は、体に毒です。この急激な展開に、全国のお茶の間のお年寄りたちは付いていけているのでしょうか。いくら「朝ドラ」とは言っても、「ドラマ」であるのだったら、普通に納得できるような運び方が、お年寄りには親切なのでは。そもそも、「そうた」の10歳年上の婚約者は、いったいどうなってしまったのでしょう。
 ま、この先気になるのは律くんのお仕事でしょうか。私は、パン屋さんをやったらいいのでは、と思うのですがね。
c0039487_20482289.jpg
 いや、これは他局のドラマでした。全く同じ時期に、同じ人が全然別のキャラで並行してドラマに出ているという状況は、それこそお年寄りには理解不能でしょうね。とても、同じ人とは思えません。
c0039487_20482246.jpg
 いや、相方のスズメだって、最近話題になった映画がWOWOWでかかっていたので、キャストもろくすっぽ確認しないで見ていたら、こんな役で出てましたからね。
c0039487_20482222.jpg
 この映画も、展開が早くて大変なのですが、少なくとも朝ドラよりはよっぽど流れがきちんと伝わってきました。というか、これだったら絶対ガッキーたちが勝つだろうな、と思わせといて、スズメたちがかろうじて勝つ、という見事な展開は、今回の朝ドラの作者には絶対書けないでしょうね。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2018-09-07 20:52 | 禁断 | Comments(0)