おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
七夕でした
 定期演奏会もいよいよ本番が近付いて、プログラムの校正などという仕事が回ってくる時期になりました。それは、ゲラがPDFで送られてくるので、出先でもスマホを見ながら仕事が出来ます。ちょうど、それを受け取ったのが病院の検査待ちで時間を持て余している時でしたから、そのまま直しを入れてメールを送って終わってしまいましたよ。どこにいてもこんなことが簡単にできるようになったのですから、とても助かりますね。
 今回は私は何も書いておらず、曲目解説は新田さんに丸投げでした。ですから、その中で私が書いたものを引用されていたのは、なにかくすぐったい気持ちになりましたね。曲の中で使われているテーマの元となった歌のタイトルだって、英語のライナーノーツを見て適当に日本語に訳していたのですが、それをそのまま使っていただけましたからね。
 それで、最後の<参考資料>というところに、斯界の立派な資料に混じって、しっかり「かいほうげんNr.260」という名前がありましたからね。ただ、これでは読んだ人が何のことだかわからないだろうと思って、「かいほうげん(仙台ニューフィル会報)Nr.260」と直させていただきました。
 それと同時進行で、あたらしい、その「かいほうげん」の編集です。今回は、たっぷりの原稿が集まったので、私が書いた部分はとても少なくて済みました。なんたって、2人の方から、それぞれにエッセイが届いたのですからね。一人は久しぶりにJAO(日本アマチュアオーケストラ連盟)のフェスティバルに行ってきた方の体験記。もう一つはほぼ隔回に寄稿してくれる、コンサートの記録です。原稿はしっかりWordで送られてきましたから、量は多いものの編集は簡単でした。ただ、そこに、写真を入れるのにちょっと手間取りましたかね。そして、レイアウトが決まったところで、その写真をすこし飾ることになるのですが、その作業がとても時間がかかります。ただ、作業自体は決まったことのっ繰り返しですから、何も考えずにひたすらサイズを変えたり影を付けたりということを何十枚分も繰り返すだけです。これはさすがにスマホではできないので、HDDに入れたファイルを持ち運んで職場と自宅とでの作業になります。
 それも全部出来上がってページを数えてみると、やはりどうやっても16ページには収まらないので、今回も20ページになってしまいました。そして、あとは最初のページだけきちんと作ればほとんど出来上がりです。
 その最初のページは、だいぶ前からこの時期だったら来年秋の定期演奏会の指揮者が決まっているはずだ、と思って用意をしておきました。ところが、候補者選びに時間がかかってしまった上に、いつもの会場が軒並み取れず、そんな時のための萩ホールもかろうじて空いてはいるものの、使用可能かどうかが確定するまでには、結構時間がかかってしまいそうなので、どう頑張っても今回の発行時には間に合いそうもないのですね。ということで、今回の掲載は見送ることにしました。
 そうなると、今度は別のものを持ってきて最初のページを埋めなければいけません。それを今、一生懸命考えているところです。まあ、いくつか使えそうなネタはあるのですが、やはりトップページはそれなりの重みが欲しいところですから、たとえばこんな写真を使うわけにはいきませんからね。
c0039487_22542785.jpg
 いや、季節外れだ、というわけではなく・・・
[PR]
by jurassic_oyaji | 2018-10-12 22:55 | Comments(0)