人気ブログランキング |
おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
顎がくたびれました
 最近は、愚妻のおかげでいろいろな病院に付き合わされるようになりましたが、私自身はかつては病院などとは全く縁のない生活をしていました。別に持病もありませんでしたし、健康そのものでしたよ。でも、さすがに年相応にいろんな病院にご厄介になるようにはなってきましたね。あと、もう少ししたら大腸の内視鏡検査なんかも受けなければいけませんしね。これは、2年前に行ったときに、「ポリープが大きくなる2年後に来てください」と言われていましたから。
 でも、歯医者だけは、もうずっと行く機会がありませんでした。別に痛くなったりすることはないので、そのまま放っておいたら、もう40年以上も行ってなかったことに気づきましたよ。別に痛くなければ行くこともないと思っていたのですが、どうやらそうではなく、最近は「歯周病」予防のためには定期的に歯科医に行くのはもう常識になっているようなのですね。そんなとき、タイミングよく、市の検診で10年ごとについてくる「無料診断券」が届いたので、せっかくだから行ってみることにしましたよ。
 それは、7月1日から使えるということでしたから、すぐに行けるように6月末にでも予約を取ってみようと思いました。送られてきたリストには山のように歯医者さんが書いてありましたが、その中で職場から近い、結構はやっていそうなところが、ネットで予約できるというので、そこにすることにしました。しかし、いざ、ネットで予約サイトを見てみると、そこは7月の頭からは連日ふさがっていて、最も早くて11日の中の1枠しか空いてませんでしたよ。そんなに混んでるなんて、全く予想していませんでした。
 仕方がないので、その日を予約しました。そして昨日、その40年ぶりとなる歯医者さんに行くことになったのですよ。そんな長い間行ってなかったので、もう歯医者さんの様子は全く変わっていることは、分かっていました。この間まで榮倉奈々のドラマでも登場してましたからね。あれを見ると、とってもおしゃれだったので、あれを見たあたりから行ってみてもいいな、とは思っていましたよ。
 でも、その歯科医さんは、そんなにおしゃれではありませんでした。でも、椅子に座って周りを見渡すと、かつて行ったことのあるところでは常にそびえたっていた、物々しいドリルのようなものは見当たりませんでしたね。もっとそっけない、小さなのがその辺にさりげなく置いてある、という感じです。そして、椅子も自動的に回転して、後ろに倒れるというちょっとSF的なものに変わっていました。さらに、診察の時には顔にガーゼをかけるんですね。まるで美容院のシャンプーみたいです。そのガーゼが、口の部分だけ穴が開いているというのが、おかしいですね。
 結局、検査の結果、立派な歯周病だと判明したので、そこから先は新たに予約を取って普通の診療を受けることになりました。うまい具合に次の日が空いていたので、今日、又行ってきましたよ。そこで、まずレントゲンを撮った時には、その物々しい機械にびっくり。昔は口の中にフィルムを入れて撮っていたような記憶があるのですが、今ではカメラが顔の周りを回ってるんですね。
 そして、1時間近くかけて、歯石を全部取ってもらいました。かなりの量だったようですね。「こんなのが取れました」と見せてくれたので、すぐに写真を撮ります。
c0039487_21341681.jpg
 あとは、虫歯の診断などもあり、とりあえず穴が開いていた奥歯だけは、詰めてもらいました。柿ピーなんかを食べると、その穴に詰まったりしていたのですが、これだけでとても楽に噛めるようになりましたね。歯石を取った後は水がしみたりすると言われたのですが、そんなことは全然ありませんでしたね。
 次回は、さらに本格的な治療になるんですって。ですから、2時間分の予約をしてきました。
by jurassic_oyaji | 2019-07-12 21:34 | 禁断 | Comments(0)