おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 25日 ( 1 )
オリジナル楽器ともいいます
 ニューフィルの定期演奏会の時の私の仕事の半分、バックアップのためのハイレゾ録音は、まさにその「バックアップ」の役目を十分に果たして終わりましたが、もう一つの仕事、スティル写真の公開はまだ手つかずでした。一部は公式Facebookに上げたり、多少手を加えて「写真集」を作ったりはしたのですが、全体の写真に関してはすぐにアップというわけにはいきませんでした。なにしろ枚数が膨大ですから、その整理が必要ですからね。
 それでも、この間の週末と、この2,3日の間に少しずつ作業を進めていて、夕べの深夜、日付が変わる頃に何とか全部の写真をアップすることが出来ました。リンク先などは公式サイトの掲示板でお知らせしてありますので、ご覧になってください。もちろん、その掲示板のパスワードをご存知の方しかアクセスは出来ませんから。
 今回は、今までのものをリニューアルして、サンプルの画像を少し大きめ(1.3倍)にしてみました。私の場合、ウェブデザインなんて全然勉強してませんから、プロが作るようなスマートなサイトは作ることはできません。ただひたすら、HTMLで出来ることを自分なりにアレンジして作っているだけです。ですから、こういうダウンロード用のページも、サンプル画像の一覧表から単純にリンクを張ってあるだけです。その一覧表には100枚ほどのサンプルが表示されていますから、その特定の部分からリンクが出来るような「イメージマップ」というものを作らなければいけません。これは、手持ちのエディターにそれを作る機能があるので、実際にその画像を四角形で指定して、その場所が特定できるようになっています。
 その一覧表というのが、エクスプローラで表示されるアイコンそのものなんですよ。つまり、フォルダーに100枚の写真を入れて、その写真に001.JPGから100.JPGまでのファイル名を付けてやれば、それがそのままエクスプローラの画像の下に番号としてついてくれます。あとは、それをプリントスクリーンで画像に直して(6枚ぐらいの画像を貼り合わせます)縦長の画像が出来上がります。ただ、縦はいくら長くても構いませんが、横幅はあんまり広くしたくはなかったので、今まではそれを1000pixで抑えていました。でも、それだとちょっと小さくて細かいところまで見ることが出来ないので、それを1280pixまで広げたのですね。
 それと、今までの写真はカメラによって縦横比が異なっていたので、画像の間隔がまちまちでしたが、それに合わせてイメージマップも作っていましたから、それをほかのフォルダーで使う時には、細かい補正が必要でした。それを、今回は、一覧表の画像を作る時点で、すべて同じ間隔になるように補正してあるので、そのサイズに合うように画像を配置してやれば、イメージマップは1種類作るだけで全部に使えることになりました。
 おそらく、何のことを言っているのか分かる方はほとんどいないでしょうが、そもそも文章で説明するのは非常に難しいことを伝えようとしているので、無理を承知で書いていますから、無理に理解しなくても結構ですよ。要するに、今まではページごとに別のイメージマップを用意していたものが、今回は1つだけですむようになった、ということです。
 ですから、そこから先はもう単にソースの一部を置換するだけで済みますから、あっという間に6つのページからリンクした565枚の写真がアップされてしまいました。これで、次回からは仕事がずっと楽になるはずです。
 その前には、久しぶりの練習です。まずは12月の「角田第9」のためのリハーサルですね。椅子を並べ終わってさっそくピッコロの音出しをしていたら、後ろのトランペットの席からにぎやかな声が聴こえてきたので見てみると、なんとみんなでバロック・トランペットを吹いているではありませんか。
c0039487_14500627.jpg
 ついにニューフィルにもピリオド楽器の波がやって来たようですね。
 私は、と言えば、ピッコロを変えて(こちらはモダン楽器ですが)初めての「第9」なので、ちょっと緊張しましたが、最後の「うちのごはん」あたりまででも結構ちゃんと音が出ていたようで、一安心。「第9」の後も「禿山」、「常動曲」でのピッコロが待ってます。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-10-25 22:06 | 禁断 | Comments(0)