おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 07日 ( 1 )
だいたいこのあたりで眠くなります
 今差し迫ってのミッションが、ニューフィルのプログラムのための原稿書きです。まあまだまだ締め切りは先ですし、いざとなればこの前作った「かいほうげん」用のトークをコピペすればいいだけですから、そんなに焦ることはないのですがね。「セルフコピペ」だったら、何も後ろめたいことはありませんから。余談ですが、最近別のことでネット検索をしていたら、さるアマオケのプログラム解説が、WIKIを一字一句変えることなくコピペしてましたね。私もそれをやってみて、「だって、俺が書いたんだもん」とか言ってみましょうかね。
 いや、そんなことを言ってないで、そろそろ真面目に準備を始めておかないと。
 ということで、「禿山の一夜」を語る際には避けて通れない「ファンタジア」について、ちょっと調べてみました。これは、さっきのネタには入れてませんでしたからね。
c0039487_22044557.jpg
 「ファンタジア」というのは、ディズニーが1940年に作ったクラシック音楽だけを使ったアニメ。その中で、「禿山」は最後から2番目に登場します。「魔法使いの弟子」にはミッキー・マウスが登場しますが、こちらのキャラクターはこんな魔物です。
 これのDVDを確かに持っていたはずだと思って探してみたら、ありました。
c0039487_22043951.jpg
 左側のが、2010年にアメリカで発売された「60th Anniversary Edition」のDVD、これはそれまで日本で公開されたことのなかった「オリジナル版」で、ナレーターが登場して解説をするというカットが入っています。もちろん、初出のメディアでしたので、わざわざアメリカのAmazonから買いました。そうしたら、リージョン・コードが日本とは違っていて再生できないので、「リージョン・フリー」のプレーヤーまで買わなければいけなかったんですよね。
 これが、画面も音声も、昔映画館で見たものとは全然違っていて、とても素晴らしかったのに驚きました。というのも、その前に右の1982年にリリースされたCDがあって、そこには映画の音があまりに貧しかったので、わざわざ新しく録音し直したものが入っているんですよ。でも、いま比べてみると、DVDの方がよっぽどいい音ですね。
 そう、20年近く前に買ったリージョン・フリーのプレーヤーは、まだちゃんと再生できました。そして、このDVDではサラウンドの音声も入っているのですよ。なんと言っても、この映画の売りはサラウンドでしたから、それがご家庭で聴けるなんてすごい、と思ったのですが、さすがにこのプレーヤーにはHDMI端子はまだ装備されていなかったので、それは体験できませんでした。でも、今出ているブルーレイだったら、確か7.1まで入っているはずですから、機会があったら聴いてみたいものです。
 ただ、PCだと、リージョン・コードが違っても再生できるんですね。ちゃんと切り替えられるようになってました。ところが、これは回数制限があって、全部で5回しか切り替えられないのですよ。ま、今回1回使って、あとはもう「リージョン1」をかけることはありませんけどね。必要なスティル画像も全部キャプチャーして、その中の数枚をここでも使っていますから。
c0039487_22042914.jpg
c0039487_22040450.jpg
 そんな画像の中には、こんなヤバいのもありました。この映画は、アニメとは言ってもお子様向けではなかったことが、よく分かります。
 まあ、それはあまり関係はなくて、聴きたかったのはここで演奏されている「ストコフスキー版」だったんですけどね。なにしろ、この曲がここまで有名になったのは間違いなくこの映画のお蔭ですから、その時には人々はどんな音楽を聴いていたのかは知っておく必要がありました。
 まあ、ストコフスキーのことですから、現行のリムスキー=コルサコフ版を下敷きにして、オーケストレーションを大幅に変えたものだろう、ぐらいには思っていたのですが、実際はかなりカットがありましたね。それは、ほとんどが繰り返しの部分なのですが、1つ重要なテーマがカットされていたのは、何か意味があったのでしょう。
 問題は、それを忠実にコピーしたはずのさっきのCD。最初にトロンボーンと低弦で出てくる「悪魔のテーマ」のリズムの6小節目が、リムスキー=コルサコフ版の二分音符2つではなく、原典版の付点二分音符+四分音符の形になっているのですよ。この楽譜を用意して指揮をしていたのはアーウィン・コスタル、彼の名前は、たぶんあさっての「禁断」にも登場するはずです。...to be continued...
[PR]
by jurassic_oyaji | 2018-03-07 22:05 | 禁断 | Comments(0)