おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 06日 ( 1 )
ユニクロのダウンコートは手洗いしかできません
 来週はもうニューフィルの定期演奏会です。普通だとこの時期はまだ寒かったりしますから、いつぞやは本番の日に雪が降ったこともありましたね。でも、今年はかなり暖かいようですから、そんなことはないはずです。重いコートを脱いでいらしてください。
 ですから、今年の桜は早いというのがこのところのもっぱらの話題ですね。確かに、仙台で3月中に満開になるなんて、普通はあり得ません。よく言われることですが、「満開の桜の下で入学式」というこの季節の風物詩は、あくまで東京を基準にしたものでしかないのに、それをさも全国的な基準のように言いふらすのは、地方を軽視した都会人の驕りでしかありません。つまり、彼らは東京には雪なんか降らないと信じ込んでいるので、冬になっても冬タイヤに変えることもせずに、大雪が降ったと言っては大騒ぎしているのですよ。愚かな人たちです。
 ということで、地方の人間にとっては「季節外れ」の職場の桜の写真です。
c0039487_21250288.jpg
 手前の桜がちょっと遅め、つまりこれが咲き始めなので濃いピンク色ですが、後ろの方にあるのはほぼ満開で白くなっています。私は、白くなってしまった桜はあまり好きではなく、このようにまだ赤みの残っている方が好きですね。というか、このようにまわりが白い中でひときわピンクが目立つ、というのは最高です。こういうのが、毎年居ながらにして楽しめるのですから、たまりません。
 そんな風に、かなり季節が先取りされているのが今年の春ですから、もしかしたらタケノコも出てくるのが早いかもしれませんね。下手をしたら連休を待たずに「満開」ではなく、収穫できる状態になってしまうかもしれませんよ。もちろん、全く出てこない年もあるので、その辺の情報は的確に流すようにしますから、注意をしていてくださいね。
 何のことかわからない人もいるかもしれませんが、要は伸びすぎたタケノコを掘っておかないと次の年には大変なことになるので、そのための掘削作業をお手伝いしてもらうということなんですけどね。そんな、「ただタケノコを掘るだけ」の行事に興味がある方は、ぜひ参加してみてください。もちろん、掘ったタケノコはお持ち帰りできますから。
c0039487_21250210.jpg
 暖かくなれば、冬に着た衣類も必要なくなります。近所のクリーニング店で「ダウン何着でも半額」というセールをやっていたので、家じゅうのダウンジャケットを持って行ってみました。私のは、おととし買ったもので、2シーズンも着れば当然汚れているでしょうからクリーニングは必要です。ところが、それを店頭に持っていくと、その私のジャケットだけ「これはお取扱いできません!」と言われてしまいましたよ。どうも、私のは普通のダウンのように糸で縫いつけてあるのではなく、接着剤で止めてあるだけのようなのですね。そういえば、確か「シームレス」とか言ってましたね。よく見ると、横方向には「縫い目」は全くありませんでした。ですから、これをクリーニングに出すと、その接着剤が融けてしまって、中のダウンが寄ってしまうんですって。「それでもかまわなければお引き受けしますけど」とか言ってますが、ほぼ間違いなくそうなることが分かっているのなら、出すのはやめたいですよね。確かに、店員さんがそのコートのタグを見せてくれましたが、そこには「手洗い」と書いてありました。世の中にはクリーニングできないものもあるのですね。やはり「汚された過去」みたいなもので、どうしてもきれいにできないものというのは、いくらでもあるのでしょう。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2018-04-06 21:26 | 禁断 | Comments(1)