おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 27日 ( 1 )
ただの「寝台」で良いような・・・
 早いもので、この間デザインが完成したチラシやポスターの印刷が来週には出来上がってきます。そうなると、いつものように私の広報活動が開始されることになって、いよいよ「臨戦態勢」に突入するわけです。そこで、それに必要な手順を思い出すために、半年前の「禁断」を読み返してみました。そうすると、それの直前にSさんの訃報が届いていたことも分かりました。もう半年、いや、まだ半年しか経ってなかったんですね。
 ただ、彼が亡くなっても、彼のFacebookのアカウントは削除されないでいるようでした。というか、亡くなった直後に書き込みがあったのでびっくりしたのですが、それは娘さんが書き込んでいたのですね。とてもしっとりとした、美しい言葉が並んでいました。そんな形で、本人はいなくなってもそのままにしておこうと思われていたのでしょうね。
 それがその後どうなったのか、せっかく思い出したのでちょっとそのFacebookを覗いてみたら、まず、亡くなったあとのお誕生日メッセージがしっかりありましたね。たしかに、ここだけのつながりではお亡くなりになったことが伝わらない人もいて、メッセージを送られることもあるのでしょうね。ただ、その中には、間違いなくそのことをご存知だと思われる方までいたのが、ちょっと不思議です。自分で出さなくても、勝手に届いたりすることがあるのでしょうか。まあ、おせっかいなFacebookのことですから、それはあり得ますね。
 その後、今度は他の人のタイムラインの記事にSさんがタグ付けされたものもありました。もちろん、それは故人が写っている写真ではない、ごく最近のもののようですから、これも勝手にタグ付けされたのでしょうね。そういうことは私もかなり体験していますから。
 ま、お盆も近いので、そんな「ミス」もなんだか笑って済ませられそうな気がします。Sさんがあの世で、なにか操作をしているんですよ。
 私も、1年で一番忙しいそんなイベントの準備で、なにかと作業が立て込んできました。それに加えて、さっきのチラシが出来上がるのと同時に出来ていなければいけない、メディア向けの企画書も作らなければいけなかったのを、「禁断」のバックナンバーで思い出させられたので、その作業にも手を付けてみました。でも、これを作る時に一番手間がかかる「企画の趣旨」みたいな部分は、いくらでも書くことがあるのですぐに出来上がって、チラシとチケットが手に入ったら、即刻送ることが出来ることでしょう。
 そんな中で、別の用事でほぼ毎日病院に行ってます。そこで、いつもエレベーターを使う時に気になっていた掲示を、写真に撮ってしまいました。
c0039487_21133903.jpg
 気になっていたのは、「寝台車」。まあ、「寝台」は「ベッド」ですから、それに「車」が付いているのだったら、この病院の中にはゴロゴロしていますよね。それがエレベーターに乗って来たって、何の不思議もないのでしょうが、私の感覚では、「寝台車」といったらこれですよ。
c0039487_21133949.jpg
 「ブルートレイン」ですよね。「はやぶさ」とか「あさかぜ」といったやつ。それがこのエレベーターに乗るんかい?、と突っ込みたくなってしまったものですから。
 でも、気になって調べてみたら、今ではそういう「寝台車」とは別の意味で、この言葉がよく使われているようなんですね。つまり、私は初めて知ったのですが、病院でお亡くなりになった方を葬儀場までお運びする「寝台を乗せる車」のことを、「寝台車」というのだそうですよ。うーん、それだったらエレベーターにも・・・乗りませんっ!
 あの「車のついたベッド」は、本当はなんて言うんでしょうね。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2018-07-27 21:15 | 禁断 | Comments(0)