おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 26日 ( 1 )
今年も藤崎の屋上
 前回の禁断に使ったビアガーデンの写真、最新のネットから拾ってきたのですが、なんか見たことがあるので、去年の禁断を見てみたら、やはり全く同じ写真が使われていましたよ。おそらく、その時も画像検索で最初にあったものを使っていたのでしょう。なかなかしぶとい写真です。まあ、今年もネットでこの写真を見て、これにつられてどんなにすごい料理があるのかと期待してここにやってくるのでしょうね。実際は、年を追うごとにクオリティは下がっていく一方だというのに。今年はソフトクリームがなかったのが致命的です。
 まあ、でも、今にも雨が落ちてきそうになっている空模様の中、奇跡的に最後までお天気が崩れることはなかったのは、幸いでした。なかなか充実したニューフィルの「真夏のアンサンブル大会」に「水を差されて」はいやですからね。
c0039487_21372074.jpg
 この催しも、すっかり団内行事として定着したような気がします。管楽器を中心に万遍なく各パートから参加者が出ていてそれぞれにパート内外のパートナーとひと時のアンサンブルを楽しんでいたようです。もちろん、お客さんは出演者のみ?
c0039487_21372037.jpg
 私も、「内」でひとつ、「外」で一つエントリーしていました。まずはフルートパートの4人全員でのアンサンブルは、日頃一緒にやっている人たちばかりですから、きちんと楽譜を用意して何回か合わせれば、すんなり形が出来てきます。今回は、最後にルロイ・アンダーソンの「Syncopated Clock」をやったのですが、出来合いの楽譜はもちろんフルート4本だけの編成でした。でも、なんだか物足りないので、これにウッドブロックを加えたら、もっと「Clock」らしくなるだろうと思って、みんなに提案してみました。楽器はうちにあるんですよね。なぜか。あ、「木魚」じゃないですよ。
 そうしたら、みんなも大賛成、おそらく、やってくれそうな人もいるので、その人に頼む方向で決まりです。あとで私が連絡を取ったら、すぐに引き受けてくれましたから、楽譜を作って送っておきましょう。
 さらに、この曲には途中で目覚まし時計の音が入るところがあります。オケだと本物のベルを鳴らしたりするのですが、フルートだけでもここのロングトーンをフラッター・タンギングで吹けば、それらしくなるのでは、と思いついたのでこれもみんなに提案です。ただ、これは全パートに出てくるのですが、フラッターが苦手な人もいたので、それは得意な人(私も)が引き受けることで話が付きました。
 それは、打楽器のSさんが、今回は打楽器パートは出演していなかったので、唯一の出番となりました。運営委員長ですからね。1曲でもやれてよかったですね。もう、本番前のリハーサルで1回合わせただけで、完璧なウッドブロックを披露して下さいました。
 「外」のほうでは、ベートーヴェンのセレナードです。これも他の二人がとても頑張ってくれたので、私は伸び伸びと吹けました。最初にこのホールで弦楽器と一緒にアンサンブルをやった時に、あまりのふがいない出来がトラウマになってしまうほどだったのですが、今回でそれを払拭することが出来たようです。このアンサンブル大会は、確実に私のスキルアップにつながっています。
 もちろん、演奏には結構「事故」はありました。そして、演奏以外でも大変な事故がありました。今回も私は録音と写真撮影を任されていました。特に写真は来週の指揮練の時に発行予定の「かいほうげん」に使うので、全部の出演者を撮らなければいけませんから、私が出ている時でも確実に撮れる人で、ビデオを担当していた実行委員のIさんにお願いすることにしました。
 私の最初の出番が終わって引っ込むときに、そのIさんが「カメラが動かなくなりました」と青くなって私のところにやって来ました。確かに、電源を入れても何の反応もないので、もしかしてと予備のバッテリーに交換したら、無事に動くようになりました。バッテリー切れだったんですね。まだかなり残っていたと思っていたのに、意外と無くなるのは早いので、用意していて正解でした。
 バッテリーが切れたのが、私たちが演奏を始める直前だったので、当然演奏している写真はありませんでした。さいわい、いつものNさんもカメラを用意していたので、そこにはちゃんとありましたから、「かいほうげん」と、Facebookページには、きちんと全グループの写真を入れることが出来るようになりました。
 今日はそんなことと並行して、録音の編集もやっていました。できれば、今度の火曜日にはCDを作って持っていきたいですからね。せっかくなので、演奏前のコメントまで含めてCDに入れようと思ったのですが、そうすると曲の切れ目でCDを分けると、ちょっと2枚に収めるのは難しいことが分かりました。ですから、この際、コメントは全てカットして演奏だけを入れることにしましたので、ご了承ください 
 しかし、みんなコメントが長いんですね。それぞれあと30秒ずつ短くしゃべっていれば、なんとか全部入れられたんですけどね。それにしても、私の声は聴きづらいですね。本人でも何を言ってるのか、さっぱり分かりませんでした。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2018-08-26 21:38 | 禁断 | Comments(0)