おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 05日 ( 1 )
まだちょっと小ぶり
 きのうの台風は、各地にかなりの被害をもたらしたようですね。それが大阪の空港などという、およそそんな自然災害とは無縁のように見える都会の現代的な施設で起こったというのが、なにか示唆に富んでいるような気がしてなりません。
 仙台あたりでは直接の被害はなかったようですが、きのうはニューフィルの練習に向かう頃には久しぶりに味わうものすごい強風に、ちょっと立っていられない程でしたね。なにしろ、きのうは荷物が多かったので、まだ雨は降り出していなかったのが幸いです。最近の私は、CDや書籍の販売を一手に引き受けてしまって、まるで行商人のように大きな荷物を抱えて移動する日々ですからね。
 おかげさまで、アンサンブル大会のCDは最初の20枚は完売、その後も注文が殺到して、最終的には2アイテム合わせて33枚もの売り上げとなりました。去年は20枚作ったら少し残ってしまったのですが、今年は在庫も残らず、無駄なく売り切ることが出来ました。その最後のロットが荷物に入っていたのですが、それ以外に新田さんから預かったご本がありました。それはぜひ売り切って、本番の時に持ち帰っていただくような無粋なことはぜひ避けたい、と思い、POPを作った上に、私の持っていた同じ本を、立ち読み用に持っていきました。
 そんなもろもろの荷物(その他にも、新しく発行した日程表などもあります)をホールの机の上に並べ、さて、楽器を組み立てて音を出そうか、と思ったら、何か足りません。なんと、いつも楽器と一緒に持ってくるパート譜のファイルが、カバンの中にはなかったのです。いやあ、焦りましたね。というか、もちろん楽器を忘れて練習に行ったことはありませんが、楽譜を丸ごと忘れてきたというのは、ニューフィルに入って以来初めてのことだったのではないでしょうか。いつもはしつこいほど確認するのに、きのうは他のことが手一杯で、ついチェックがおろそかになってしまいました。
 と、後悔しても、もはやこれから戻って楽譜を取ってくる時間もないので、保管してある楽譜を使うことにしました。一応、全部のパートが1部ずつは残るように配られているので、このように忘れる人がいても大丈夫なようにはなっていますから。いやそうではなくて、あくまで急な代奏のときに対応できるように、楽譜が置いてあるんですけどね。
 それは、まだ誰も使っていないまっさらなパート譜で、端がホチキスで綴じてあるだけで製本もされていません。しかも、ニルセンの場合はおびただしい間違いがあるので、それをみんなでチェックしていたのですが、それもここには反映されていませんから、まずはそれを思い出しながら訂正しなければいけません。
 演奏が始まると、いつもはガイドなどが書き込んであるのであまり真剣に休みを数えることはないのですが、ここにはそれも全くありませんから、ひたすら落ちないように数えまくらなければいけません。でも、そんな緊張感もたまにはいいものですね。これは、初見力を鍛えるにはよい教材になるかもしれませんね。
 なんとか合奏を乗り切って休憩になると、さっき置いておいたご本には、さっそく買い手が付いていましたよ。やはり、現物を読めるようにしておいたのがよかったのでしょう。これで、こちらも全部売り切ってしまいました。それだけではなく、さらに追加注文まで受けてしまったのは、予想外の展開でした。まだ確認はしていませんが、もう新田さんの手元にはご本が残っていなかったら、どうしましょう。
 今日は台風一過というやつでしょうか、お天気が良すぎて暑いほどでした。でも、もう間違いなく秋、サンマもずいぶん安くなっていたので、今年初めての塩焼きにトライです。あ、左にあるのはご飯ではなく、大根おろしですから。
c0039487_22350819.jpg

[PR]
by jurassic_oyaji | 2018-09-05 22:36 | 禁断 | Comments(0)