おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 02日 ( 1 )
楽天が「日本一(にほんいち)」になったこともありました
 楽天があんなざまだったので、今年の「日本シリーズ」は全く興味はなかったのですが、この分ではソフトバンクが日本一になるのでしょうか。それは、明日以降にならなければ分かりません。
c0039487_21472419.jpg
 でも、かなりの接戦が続いていたようで、連日テレビのニュースやワイドショーでは、この話題で持ちきりです。そこで、ちょっと気になったのが、そういう番組の中では例外なく「日本シリーズ」を「にっぽんしりーず」と発音しているんですね。私は、これまではずっと「にほんしりーず」という発音しか聴いたことがなかったような気がしますし、自分でしゃべる時にも絶対「にっぽん」とは言ってなかったはずなので、これには強い違和感がありました。
 それで、ちょっと調べてみたら、どうやら数年前に「『にっぽんしりーず』と呼ぼう」ということになったのだそうです。それに、アホなマスコミ各社は追随した、と。
 そういうことなら、そのように言わなければいけないのかもしれませんが、私の感覚では大多数の人は「にほんしりーず」派のような気がするんですけどね。現に、今日ラジオで聴いた「本間ちゃん」は、しっかり「にほんしりーず」と言ってましたからね。
 私の独断的な感覚では、「にほん」という言葉にはなにかしっとりとした美しさがありますが、「にっぽん」になるとなにか粗野で下品な感じがしてしまいます。そう感じるのはこの「っ」という「促音」が持つ、ある種の「無駄な力」のせいなのではないでしょうかね。「にほん」はすんなり流れていくのに、「にっぽん」だとそこでちょっと堰き止められる、というか。私は、極力無駄な力は使いたくないと思っているので、やはり「にほん」の方が好きですね。
 おそらく、オリンピックなんかになると、これは間違いなく「にっぽん」が連呼されることでしょうね。やはりスポーツは「戦い」ですから、そういうところでは軟弱な「にほん」ではダメなんでしょう。まあ、力を込めて勇ましく「にっぽん」と叫び続けていれば、きっと「勝利」はやってくると信じている人は幸せです。せいぜい頑張ってください。
 そう言えば、オーケストラの名前でも、「日本(にほん)フィルハーモニー交響楽団」や「新日本(しんにほん)フィルハーモニー交響楽団」というのがある一方で「読売日本(よみうりにっぽん)交響楽団」というのもありますね。「よみうりにっぽん」は、パンフレットに「拍手は指揮者がタクトを降ろしてから」と書いている恥ずかしいオーケストラですが、「にほん」フィルの方はどうなんでしょう。
 その「読売日本交響楽団」の親会社の「日本テレビ」は、「にっぽんてれび」だということを初めて知りました。ずっと「にほんてれび」だとばかり思っていましたからね。というのも、同じ系列のラジオ局は「にっぽんほうそう」なのに、なぜテレビが「にほん」なのかと不思議に思っていたんですよ。これで長年の疑問が氷解しました。普通は「にってれ」と言ってますから、分かりませんよね。
 まあ、普通はそのように、それぞれの「趣味」で棲み分けが出来ているわけですが、この「日本シリーズ」のような「にっぽん」の押しつけがこれから進んでいくのだとしたら、これはちょっと私の美意識からは離れていくようで、強烈な嫌悪感を抱かずにはいられません。
 さいわい、私たちが使っている言葉は今のところ「にほんご」で大丈夫みたいですね。これが「にっぽんご」なんて汚い呼び方をされるようになったら、もうこの国は愛せません。
 「汚い」といえば、さっきの本間ちゃんの番組のCMで、「お仏壇のほこだて・・・」とか言ってましたが、別に「仏壇」にまで「お」を付けなくてもいいような気がしますけどね。これだと「汚物檀」だと思ってしまいますから。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2018-11-02 21:48 | 禁断 | Comments(0)