人気ブログランキング |
おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 17日 ( 1 )
クラシックのLPがたくさん登場します
 今日は、愚妻がD病院で検査だというので、職場を休んで付き添いです。いや、その検査というのがなかなか大変なようで、以前それをやっている時にそのまま入院、ということになってしまったぐらいですから、一応用心のためについていた方がいいかも、と思ってのことだったんですけどね。
 でも、そもそも病気自体が寛解しているようで、特になんということなく終わってしまったのには、一安心です。ただ、時間はものすごくかかりましたね。まずは朝の7時に出かけて、採血の順番待ち、それから検査と診察ですが、終わったのは12時ごろでした。
 そんだけ時間がかかるのは予想していたので、待っている間の時間に読む本を、あらかじめ用意しておきました。それはこれ。
c0039487_21073118.jpg
 最近文庫化されたので、どこの本屋さんでも山積みになっていましたから、つい手が伸びてしまいました。全部で4冊もあるので、とりあえずは「1」だけを買ってみました。
 この作者の作品を読むのは、これが初めて、音楽に関しての造詣が深いそうなので、その絡みでいつかは読んでみたいとは思っていたのですが、ちょっと「純文学」はかったるいかな、という気がして敬遠してました。でも、これは読み始めてすぐにもろサービス・カットが登場したりして、エンターテインメント性もかなり高そうなので、すらすら読めましたね。このタイトルにしても、全くの予想通りの展開でしたし。
 ただ、なんと言っても「純文学」特有の持って回った語り口が、正直鼻につきますね。おそらく、そういう文章から香り立つものをありがたがって享受すべきなのでしょうが、どうもそういうのは苦手です。まあ、その中に登場するタンノイオートグラフやマランツの真空管、そしてそれこそ「ドン・ジョンニ」のLPボックスなどといいう「小物」には惹かれましたけどね。
 結局、病院で待っている間に「1」を読み切ってしまったら、どうしても「2」を読まざるを得ないような展開だったので、帰り道に買ってきましたが、そこまでの「第1部」が終わったところで、それ以降の「第2部」まで読み進むかどうか検討したいと思います。無駄な時間を使いたくはありませんから。
 検査の後、薬局で薬をもらったりしたら、もう2時近くになっていました。食事をするにしても、何度か食べてみたD病院の食堂のまずさはもう我慢の限界を超えていましたから、薬局のそばでたまたま見つけた居酒屋のランチを食べてみることにしました。全く期待は出来ませんが、少なくともD病院の食堂よりはましなものは確実に食べられるはずですからね。
c0039487_21073180.jpg
 こんな名前のお店、とりあえず、写真を見ておいしそうだった唐揚げ定食を頼みます。
c0039487_21073149.jpg
 こんな、ほとんど油淋鶏のような唐揚げで、味がしっかりついていて柔らかく、とてもおいしかったですね。このほかに小鉢が2個と味噌汁が付いています。
 ですから、お店の名前は「チキン屋」と読むのでしょうね。なんたってこれがメニューの一番上にありましたから、チキンが看板料理のはずです。ところが、あとで調べたらこれは「じはばや」と読むのだそうですね。なんで?と思いますが、そうなのだから仕方がありません。
 ちゃんとFacebookページもあって、写真はそこから借りてきました。
by jurassic_oyaji | 2019-05-17 21:09 | 禁断 | Comments(0)