人気ブログランキング |
おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
LISE DAVIDSEN
c0039487_07302523.jpg



Lise Davidsen(Sop)
Esa-Pekka Salonen/
Philharmonia Orchestra
DECCA/483 4883



1987年生まれと言いますから、今年で32歳になるノルウェーのソプラノ歌手、リーゼ・ダヴィドセンのデビューアルバムです。ジャケットには彼女のアー写だけ、タイトルも彼女のフルネームという、まさに「デビュー」にふさわしいデザインですね。なんたって、ルックスが抜群ですからね。太ってませんし(それは「デブー」)。彼女は2018年5月にDECCAとの専属契約を結んでいますが、この破格の扱いからは、この歌手がいかにこのレーベルで期待されているかが分かります。
彼女は、まずはメゾ・ソプラノとしてキャリアをスタートさせたようです。その頃には、「ノルウェー・ソリスト合唱団」のメンバーとして活躍していました。この合唱団は、今ではBISレーベルから多くのアルバムをリリースしていますが、彼女が在籍していたのはその前のようですね。ただ、2016年にリリースされた「As Dreams」というアルバムでは、1曲だけソリストとして参加していました。そのほかにも、DACAPOやCHANDOSといったレーベルからも、彼女が参加したアルバムは出ていました。
その頃にはもうソプラノに転向し、多くのオペラハウスで歌うようになっていました。そして、今年の夏には「タンホイザー」のエリーザベトとしてバイロイト音楽祭でのデビューを飾ることになっています。
彼女のデビューアルバムに選ばれたのは、その「タンホイザー」の中からの有名な2つのアリアと、リヒャルト・シュトラウスの「4つの最後の歌」をメインとした曲目です。というよりは、シュトラウスとの因縁がかなり重視された選曲のようですね。というのも、「タンホイザー」は、彼が1894年にバイロイトで指揮をした演目で、その時にエリーザベトを歌っていたソプラノ歌手に一目ぼれして、その数週間後には結婚してしまうのですからね。
そして、このアルバムで歌われているシュトラウスの歌曲は、その妻パウリーネのために作られています。
さらに、「4つの最後の歌」に関しては、1950年にロンドンで初演されたときと同じオーケストラ、フィルハーモニア管弦楽団がこのアルバムでは演奏しています。その時の指揮者はフルトヴェングラーだったのですが、ソロを歌ったのはキルステン・フラグスタート、ダヴィドセンと同じノルウェーの大歌手でした。
シュトラウスは、この前年に亡くなっているので、この曲を実際に聴くことはできませんでした。タイトルも、「4つのオーケストラ伴奏の歌」だったものが、出版社によって「4つの最後の歌」と変えられてしまいました。実際はこれが「最後」ではなく、もう1曲、このアルバムでも歌われている「Malven」が作られているというのに。
サロネンの小気味よいビートに乗って最初の曲、「タンホイザー」の殿堂のアリアが聴こえてきたときには、まるで、同じ北欧のソプラノ、ビルギット・二ルソンの再来かと思ってしまいました。その声は、ずっしりとした重みがあるにもかかわらず、高い音はいともしなやかに伸びていたのです。そこには、ドラマティック・ソプラノにありがちな過剰なビブラートは全くありませんでした。そんなものには頼らなくても、いくら高い音でも楽々と出せてしまうのでしょうね。バイロイトでは、間違いなく大喝采を浴びることでしょうし、世界中のオペラハウスに立つ彼女の姿は、これからは頻繁に目にすることができるようになるのでしょうね。
シュトラウスの「アリアドネ」の中の「Es gibt ein Reich」とか、オーケストラ伴奏の歌曲を聴いていると、今度は同じレパートリーでよく聴いていたジェシー・ノーマンを思い出しました。ノーマンほどの桁外れのパワフルさこそないものの、表現の巧みさにはとても良く似たところがあるような気がします。いずれのフィールドでも、彼女の活躍は約束されています。
このアルバムでは、バックのオーケストラの木管やホルンが、歌手のピッチとの間にほんの少し違和感があるのが、ちょっとした瑕疵でしょうか。

CD Artwork © Decca Music Group Limted

# by jurassic_oyaji | 2019-06-18 07:33 | 歌曲 | Comments(0)
同じ車種ばかり事故を起こしているような
 このところ、「高齢者の自動車事故」が頻繁に起こっていますね。正確には、事故の「報道」が頻繁に行われていますね。もう、これでもかというぐらいのその「報道」は続いています。確かに、こういうことは連続して起こることがよくあるのかもしれませんが、これだけ連日そういうことが繰り返されていると、そこには何か別の力が働いているのではないか、と疑いたくもなってきませんか?おそらく、今までにも同じような事故は実際は頻繁に起こっていたのに、これほど大々的に取り上げられてはいなかったのだ、とか。
 まあ、本当のところは私などにわかるわけはありませんが、最近では事故の異常性以上に、それを報道する人たちの異常性の方が際立っているように感じられてしまいます。まあ、これはどんなことにでも言えるのですが、メディアの報道の姿勢には間違いなく常識を欠いた誇大なものがあって、それがどんどん加速していっているようです。結局本質的な議論はなされることはなく、表面的な事象を大げさに煽り立てることだけに終始しているのですね。
 その結果、世の中ではある年齢以上の人が車を運転すること自体が「許されないこと」とされてしまう風潮が高まってしまっています。確かにそういう面があることは事実ですが、今のメディアのようにことさらにそういう面だけを強調する姿勢には、なにか別の意味での恐ろしさを感じてしまいます。
 今私が乗っている車は、もうそれこそ神経質なまでに安全装備が充実していますよ。なんせ、他の物体がそばに近づいてくるだけで派手にアラームが鳴りだしますし、ある程度以上近づくと自動ブレーキがかかってしまいますからね。最初のうちは、駐車場の料金所で、今までの車の感覚で近づいていくと急にその自動ブレーキが作動してしまって何度も驚かされました。逆に、どこかにぶつけて止まってしまったのかと思ってしまいましたからね。
 これは、バックをしたときなども、まだ距離があるのに急に止まってしまうことは何度も経験しています。それから、前の車との車間距離を極端に詰めようとしても、やはり派手にアラームが鳴りだします。ですから、この車に乗っている限りは、「煽り運転」なんて絶対に出来ないことになっているのですよ。いや、やりませんけどね。
c0039487_22024063.jpg
 ですから、そもそも急発進したところで、なにかが目の前に迫ってくればそこでかなりの力でブレーキがかかることになっているので、コンビニの中に突っ込むなんてことは、その機能が正常に作動してさえいればありえないことなんですけどね。こういう事故でよく登場するあのトヨタの車には、そういう機能は搭載されてはいないのでしょうか。
 ま、私の場合は、この間の免許書き換えの講習で言われたことをしっかり守って、横断歩道で歩行者が渡ろうとしている時にはしっかり止まることにしています。交差点を左折するときも、まず注意をするのは自転車が突っ込んでこないことの確認です。講習では、自転車は横断歩道の前では一時停止が義務付けられているのだそうですが、そんなことを知っている自転車乗りにはいまだかつて会ったことがありませんから、自転車は横断歩道は猛スピードで走ってくるものだと決めつけて、そういう対応を心掛けるようにしていますよ。
 要は、そういう注意のための機能が衰えてきたときには、自主的に免許を返納すればいいだけの話なのですよ。メディアに踊らされて、変な罪悪感で委縮した運転になってしまうことの方が、よっぽど恐ろしいのではないでしょうか。
# by jurassic_oyaji | 2019-06-16 22:03 | 禁断 | Comments(0)
Flute Music from the Harlequin Years
c0039487_22011255.jpg




Thies Roorda(Fl)
Alessandro Soccorsi(Pf)
NAXOS/8.579045



タイトルが「ハーレクイン」となっていたので、あの女性向け恋愛ライトノベルを連想して、いったいどんなアルバムなのかと思ってしまいましたよ。
いや、それは全くの勘違い、「ハーレクイン」は英語読みですが、フランス語では「アルルカン」、イタリア語だと「アルレッキーノ」となって、「道化役者」のことなんですね。このジャケットのひし形の模様は、そのアルルカンの衣装の特徴的なデザインなのでした。
それが音楽にどう結び付くのかというところで、フランスの芸術家、ジャン・コクトーの登場です。甘いものが好きなんですね(それは「黒糖」)。「アルルカン」というのは、彼が1918年に出版した小冊子「Le Coq et l'Arlequin(雄鶏とアルルカン)」のタイトルに使われていた言葉でした。この中でコクトーは、それまでの音楽の潮流であったワーグナーに代表される「ロマン主義」と、ドビュッシーが確立した「印象主義」を「アルルカン」に模して強烈に攻撃します。そして、それに対抗してエリック・サティの音楽を「雄鶏」という言葉で擁護したのです。「これからの音楽は、シンプルで素朴なものが求められる」という主張でしょうか。具体的には、サティの周辺に集まった作曲家たち、いわゆる「六人組」のメンバーの音楽を支持するという表明です。
この主張は、第一次世界大戦で疲弊したヨーロッパ文化に対する一つの指標として、「六人組」、あるいはフランス音楽のみならず、他国の作曲家にも大きな影響を及ぼすことになりました。そんな時代の一つの流れを、ここでは「アルルカンの年」と言っているのです。
このアルバムでは、そのような時代に活躍した11人の作曲家のフルートのための作品が紹介されています。それらの作曲家は必ずしも「六人組」のシンパだけではなく、ワーグナーやドビュッシーの信奉者も含まれていますから、作風は必ずしもコクトーの主張に沿ったものとは限らないあたりが、ユニーク、その中には、世界初録音のものもありますから、とても興味深い内容となっています。
取り上げられているのは、「六人組」の中からはオネゲル、ミヨー、オーリック、プーランクの4人、そこにフランス人のブレヴィル、ルーセル、デュカス、イベール、さらにフランス以外のタンスマン(ドイツ)、ハルシャーニ(ハンガリー)、アンタイル(アメリカ)が加わります。
最初を飾っていたのが、初めて名前を聞いたフランスの作曲家、ピエール・ド・ブレヴィルの「Une flûte dans les vergers(果樹園のフルート)」という、曲自体も初めて聴く(世界初録音)ものです。まずは、フルートだけで始まるのですが、その時に聴こえてきた高音の美しさに、驚かされてしまいました。それは、まるで日本の篠笛のような素朴な響きの中に、言いようもない魅力を秘めていたのです。途中からはピアノも入ってきますが、その絡みも絶妙です。これは、新しいレパートリーになるかもしれませんね。
ところが、聴き進んでよく知っている曲になると、なにか音楽がもっさりとしていることに気づきます。とても生真面目に演奏しているのですが、それが自然な流れを遮っているのですね。さらに、低音になるととても空虚な音のように聴こえてきます。ピッチもこのあたりは低め。
ライナーの中にこのロールダというフルーティストはカルク=エラートの作品も録音しているとあったので、確かめてみたら、しっかりこちらで聴いていました。確かに、この時にはテクニックは素晴らしいものの、音にはなじめませんでしたね。
実際、今回も聴き続けているうちにその不思議な低音と、だらしない歌い方にはだんだん我慢が出来なくなってしまいました。
とは言っても、プーランクのリコーダーとピアノのための作品「Villanelle」をピッコロで演奏したものとか、こちらも初録音のバルトークやコダーイの弟子のハルシャーニの「フルートとピアノのための3つの小品」などは、とても魅力的、ぜひ他の演奏家でも聴いてみたいものです。

CD Artwork © Naxos Rights(Europe) Ltd

# by jurassic_oyaji | 2019-06-15 22:02 | フルート | Comments(0)
スポーツ観戦は苦手
 楽天と広島の交流戦、無事楽天が勝ちましたね。あんだけの点差があれば安心して見てられます。もちろん、私は実際に球場に行くことはなく、テレビで見ていただけですけどね。
c0039487_22021062.jpg
 いや、あの球場には行ったことはありますよ。もう何十年も前のことですけどね。高校の定期戦というのがあって、その応援で全生徒が強制的に行かされたした。そんな時から、あの球場はあったんですよ。今では名前も、そしてシートの感じも全然変わってしまいましたが、球場の土台そのものはずっとそのまま使っているはずですからね。
 今日のテレビは、NHKで中継されていました。この局は、まずCMが入りませんから、ずっと球場の雰囲気を楽しむことができます。結構客席のお客さんの様子なども撮っているので、試合だけではなくいろいろな人の動きが分かって、興味は尽きません。
 さらに、この局の場合はサラウンドで放送していますから、まるでその場にいるような音響が楽しめます。なぜか、民放ではサラウンドでやっているのを聴いたことがありません。これは、NHKだけのものなのでしょうか。あとは、試合が伸びてもしっかり最後まで放送してくれるのはありがたいですよね。ただ、その場合は定時の番組はきちんと放送しなければいけないので、野球中継はサブチャンネルに移ってしまって、その瞬間にはっきり画質が低下してしまうのが悲しいですね。地デジの場合はそもそもBSより画質は悪いのに、それをさらに半分にしているのですから、もうかつてのアナログ放送以下のひどい画質になってしまいますが、まあそれは我慢しましょう。それでもしっかりサラウンドは続いていますからね。
 この球場を本拠地にしたプロの野球チームが仙台に出来て、実際に生のプロ野球を見る機会が増えたのでしょうが、さっきも書いたように私はまだその恩恵には一度も預かったことがありません。いや、そんなチャンスは何回かありました。合唱団に入っていたころには、試合前に「君が代」を歌うためにその合唱団が呼ばれたことがあって、それに参加するとその試合はタダで見ることが出来たんですよね。でも、私はその歌を人前で歌うことにかなりの抵抗があったので、まずその時点でそんなお誘いには乗ることが出来ませんでした。
 それと、そもそもプロ野球を観戦するということ自体に、ものすごく高いハードルを感じてしまうのですね。これは、もしかしたらクラシック音楽のコンサートが敷居が高くてなかなか行くことができないというのと、とても良く似た心理のような気がします。普段馴染んでいない社会に飛び込んでいくだけの勇気が、なかなか出ないんですよ。クラシック音楽の場合は、たぶんじっと音を立てないで聴いていることに抵抗がある人が多いのだと思うのですが、スポーツ観戦(そう、野球に限らずスポーツ全般が、私は苦手)の場合は、逆に「静かに観戦する」ということが許されないというところに、抵抗を感じてしまうのですよ。いや、それこそがスポーツ観戦の醍醐味だ、みんなと一体感を持てるなんて、素晴らしいことじゃないか、と言われるのは重々承知していますが、ダメなんですね。テレビで客席がアップになったりすると、みんなが一緒になって踊ったりしてますよね。あんなこと、とてもできません。というか、そういう中でひたすら座り続けている人を見つけると、私もあんなふうになってしまうのだなあ、と思ってしまいます。
 テレビで観戦している時には、結構叫んだりしてるんですけどね。
# by jurassic_oyaji | 2019-06-14 22:02 | 禁断 | Comments(0)
BRUCKNER/Symphony No.4
c0039487_20322860.jpg




Andris Nelsons/
Gewandhausorchester Leipzig
DG/479 7577



現在40歳のラトビア出身の指揮者アンドリス・ネルソンスは、かつてはそれほどのカリスマ性は感じられない普通の指揮者だったような気がしますが、最近になって俄然その存在感を見せつけるようになってきたのではないでしょうか。なんせ、現在はボストン交響楽団とライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団という最高ランクの2つのオーケストラの指揮者を任されているのですからね。さらに、来年のウィーン・フィルの「ニューイヤー・コンサート」の指揮者に決定しているぐらいですから、もはやだれにも負けないステータスを手中にしていると言えるでしょう。
レコーディングでは、現在はDG(ドイツ・グラモフォン)の専属アーティストとして、シェフを務める2つのオーケストラと、それぞれ別の作曲家の交響曲のツィクルスを逐一制作中です。ボストン交響楽団とはショスタコーヴィチ、ゲヴァントハウス管弦楽団とはブルックナーです。
さらに、ウィーン・フィルとも、こちらはなんとベートーヴェンのツィクルスが進行中です。まだCDはリリースされてはいませんが、すでに2016年から録音は始まっていて、ベートーヴェンの生誕250年にあたる2020年に、おそらく全集という形でまとめてリリースされるのではないでしょうか。同時に、その年にはウィーンでコンサートも開催されるそうです。もはや、DGにとってはかつてのカラヤンやバーンスタイン並みのアーティストと同じ扱いになっているのでしょう。
今回は、2017年に録音され、2018年にリリースされていたブルックナーとしては第2弾にあたる「交響曲第4番」を聴いてみました。まずは、レコーディング・エンジニアをチェックです。それこそ、カラヤン、バーンスタインの時代では自社のエンジニアがトーンマイスターを務めるのは当たり前だったのですが、もはやこのレーベルはそのような制作の現場は完全に「下請け」に任せるようになってしまいましたから、それぞれに別のエンジニアが担当しています。ネルソンスの場合も、ボストン交響楽団との録音では、そのオーケストラの専属エンジニア、ニック・スクワイヤがクレジットされていましたが、ゲヴァントハウスでは、なんと「ポリヒムニア」のスタッフが参加していましたよ。
「ポリヒムニア」というのは、かつてのPHILIPSのエンジニアが集まって作った録音チームです。当然、そこではPHILIPSレーベルのトーンポリシーが貫かれているはずですから、かつてのDGではまず考えられないことが起こっていることになりますね。
もっとも、最近では、たとえばバーンスタインのベートーヴェン全集のBD-Aへのリマスタリングなどは、ポリヒムニアが行っていますし、DG からのライセンスでPENTATONEからリリースされているマルチチャンネル盤(たとえばクーベリックのベートーヴェン)なども、当然リマスタリングはポリヒムニアですから、最近ではある程度のつながりは生まれていたのでしょう。
ただ、最初の録音から手掛けるというのは、初めてお目にかかりました。これはかなりショッキング。とは言っても、出来上がったものは、ネルソンスが作り上げようとしている、まさに新しい時代のブルックナーにふさわしい、とてもクリアな音に仕上がっていました。彼のブルックナー(第2稿ノヴァーク版)は、派手に鳴らすところは鳴らしきる半面、とても静かなところではほとんど聴こえるか聴こえないほどまでに静かな音を出させています。そんなメリハリのきいた音楽が、ここでは見事に再現されています。第3楽章の冒頭で、ホルンがはるか彼方から聴こえてきたと思っていたら、見る間にすぐそばに近づいてきたような錯覚に陥ったのは、もしかしたら録音上の仕掛けがあったのかもしれませんね。
このツィクルスでは、必ずワーグナーの小品がブルックナーの前にカップリングされています。今回は「ローエングリン」の第1幕への前奏曲。そのサクサクとした運びが、アルバム全体の雰囲気を予感させているようです。

CD Artwork © Deutsche Grammophon GmbH

# by jurassic_oyaji | 2019-06-13 20:33 | オーケストラ | Comments(0)