おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
オーケストラは素敵だ







茂木大輔著
中央公論新社刊(中公文庫)

ISBN4-12-204736-6



「のだめカンタービレ」は、いよいよあさってから「月9」のテレビドラマとなって放送が始まります。それだけではなく、来年1月からはアニメまで登場するのだとか、「のだめ」ファンにとっては、しばらくはテレビの前から離れられない日々が続くことでしょう。もちろん、これを受けて立つ本屋さんサイドでも(あるいは楽器店の楽譜売り場でさえも)、対応に余念はありません。「のだめ」専用のコーナーを設置、16冊の単行本はもとより、CDブック、キャラクターブックなどの関連商品を集めて、お客さんを待ち受けるということになります。と、とある書店で、そんな「のだめグッズ」たちに混ざって、こんな文庫本が平積みになっているのを発見してしまいました。コシマキには二ノ宮先生のコメントとイラストまで入っていますよ。著者の茂木大輔という方は、確かNHK交響楽団の首席オーボエ奏者、クラシックつながりというのは分かりますが、ここまで「のだめ」に便乗できるなんて、一体何があったというのでしょう。
と、軽くとぼけてみましたが、もちろん、茂木さんと「のだめ」とは少なからぬ因縁で結ばれているのは、よく知られていることです。単行本の10巻以降では、エンドロールに「取材協力」ということで紹介されており、確かにそのあたりから物語の中では、楽器に関する蘊蓄にはただならないものが漂うようになっていますから、作品への貢献度には相当なものがあることがうかがえます。さらに、もっと直接的なつながりとしては、こちらの「千秋真一指揮/R☆Sオーケストラ」という演奏者のクレジットがあるCDが挙げられます。もちろんこの指揮者とオーケストラはマンガに登場する架空のものですから、それを実際に演奏している人たちは別にいるわけでして、そこで「千秋役」、つまり指揮をしているのが、茂木さんだったというのです。CDショップではこれも、ドラマ化に合わせて大々的に面陳されているということですから、茂木さんの若々しい指揮ぶりにも、いとも簡単に出会えるということになっています。ちなみに、今回のドラマの中で実際に演奏するオーケストラのメンバーは、オーディションによって集められたといいます。彼らが演奏したサウンドトラックやライブの模様のCDも、近々リリースされるとか、こうなってくるともはやマンガを超えた一つのムーヴメントになってしまった感がありますが、このような状況にも茂木さんは何らかの形で関与されていることでしょう。
こんな、クラシックのアーティストとしてはとんでもない注目を集めてしまっている茂木さんですが、「エッセイスト」しても超一流だったことは、昔から知られていました。杉原書店というところから出版されている「パイパーズ」という管楽器の雑誌に連載されていたエッセイを集めた最初の単行本「オーケストラは素敵だ」正・続(音楽之友社1993/1995)は、そんな茂木さんが、ドイツでの修業時代の思い出や、日本でN響に入団してからのエピソードを集めたものです。

この2冊の単行本、人によっては、もしかしたら「旧約聖書」と「新約聖書」ほどの輝きを持っていたはずです。なにしろ「実話」ですから、そのエピソードには説得力があります。現役のオーケストラプレーヤーが、日々の演奏活動を語るときに、そこで紹介されるメインの出来事以外の、それにまつわるほんのちょっとしたことには、何と重みのあることでしょう。例えば、首席奏者が2人いるオーケストラでの出番の決め方など、最初に読んだときにはとても眩しい思いさえ湧いたものでした。さらに感動的だったのが、バッハ・コレギウム・シュトゥットガルトでの試用メンバーとしての体験談です。この中では、多くの挫折を経験した後に栄光をつかむという、ほとんど涙さえ誘うほどのものが、その熟達の筆致で迫力をもって語られています。
今回新しく発行されたのは、その10年以上前の2つの著作から、適宜編集して1冊の文庫本にまとめられたものです。全く同じものを読み返す時に、読者は最初に読んだ時に感じた目から鱗が落ちるような知的な衝撃や、実話故に迫ってくる熱い感動の追体験を期待するはずです。しかし、もぎ、今回それが全く得られなかったとしたら、その原因は、著者が「あとがき」で書いている「一度体験した奇跡と同じ高さはもう、次回には奇跡ではないのだ」という思いとは、微妙に異なる次元のものなのではないでしょうか。それは、読み手の中に、そして、もしかしたら書き手の中にもかつては確かに存在していたはずの一途な純粋さが、今となっては失われてしまった証なのかも知れません。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2006-10-14 19:56 | 書籍 | Comments(0)
Nodame Cantabile
c0039487_14215518.jpg  








「のだめカンタービレ」の最新号、第16巻が発売されました。今回も前回同様おまけ付きのプレミアム仕様があるそうですが(今度はシャーペン)私が興味があるのは作品としての「のだめ」だけですから、そんなものは付いていない普通のバージョンを買ったのは言うまでもありません。
 最近、フランスが舞台になってからは、何か話に勢いがなくなってきたような感じがありましたが、この巻ではかなり昔のテンションが戻ってきたようです。オーディションも終わり、新しいメンバーを加えてのリハーサル、千秋のねちっこい練習も終わって、いよいよ常任指揮者就任として最初の定期演奏会も、大成功のようで(メインのニールセンは次巻まわしですが)まずはおめでとうございます。これから先のレパートリーの伏線も登場、音楽的にもますます深みが出てきそうな予感です。
 ストーリーが好調だと、ギャグも決まってきます。ポスター用の写真を選んでいるところも素敵でしたが、ポスターをそのままポケットティッシュにしてしまうのなどは、もう大笑いでしたよ。
 さて、恒例のあら探しです。別に、こんなことはどうでもいいのですがついつい目が「間違い」に行ってしまうのは私の性ですから、おつきあい下さい。今回は表紙がマリンバ、ちょっと体に隠れてはっきりは分かりませんが、5オクターブぐらいはありそうな楽器ですね。ご存じの通り、マリンバの鍵盤はピアノなどの鍵盤と同じ並び方をしています。「白鍵」に相当するものは手前、「黒鍵」は向こう側、従って、その奥の鍵盤はところどころ間が抜けていますね。つまり、1オクターブ(ドからシ)の中に手前の鍵盤は7枚、奥の鍵盤は5枚入ることになります。その分、間が空くわけですね。
 さて、私の悪い癖は、こういう鍵盤の絵を見るとついその数を数えてしまうこと。大昔のことですが、さる楽器メーカーの領収書のまわりに書いてある鍵盤の模様がとんでもないインチキだったのを発見してから、味を占めたのでしょうね。このマリンバの鍵盤も、一目見るなりプロポーションに無理があることが分かりました。
c0039487_1422193.jpg
 オクターブの中の鍵盤を、白鍵はブルー、黒鍵はピンクの矢印でくくってみました。どうでしょう。上に行くにしたがって、見事にずれていきますよね。2オクターブ目あたりから白鍵の幅がはっきり狭くなっていますから、それが敗因でしょう。さらにもう一つ、黒鍵の並び方は2枚、3枚の順になるべきものが、4オクターブ目では3枚のグループが先に来てませんか?
 これは、「改訂版」が出ることはあるのでしょうか。

[PR]
# by jurassic_oyaji | 2006-10-13 20:51 | 禁断 | Comments(0)
マエストロ








篠田節子著
角川文庫

ISBN4-04-195904-7



篠田節子といえば、クラシック音楽に関してはただならぬ知識と経験の持ち主なのだと、言われています。その作品にも音楽を題材にしたものが数多く見られ、例えば「ハルモニア」のように、映像と音を伴ったワンクールのテレビドラマとして新たな形で紹介されたものもありました。特別な才能でチェロを弾くことを覚えた少女の物語、これは単に文字を読むだけでなく、実際の音楽が聞こえてきた方がより説得力を持つものが出来上がると、そのドラマを見たときには感じたものです。
そんな彼女の、別の作品をドラマ化したものを、最近見ることが出来ました。「マエストロ」というタイトルの2時間ドラマです。この原作は、実はそもそもは1992年に出版された時には「変身-Metamorphosis-」というタイトルだったものを、昨年の末に文庫化した際に、構想時のタイトルであった「マエストロ」に改題したものです。そして、その際に加筆、修正も行われたということです。
物語は、若いヴァイオリニストが主人公、美貌の持ち主の彼女は、さる宝飾メーカーのイメージガールとして、高額なグァルネリの楽器と完全防音の高級マンションを与えられ、そのメーカーの準備する、常に満席になることが約束されているコンサートで、300粒のダイヤが編み込まれたチョーカーを首に飾って演奏するという優雅な生活を送っています。もちろん、その見返りとしてその会社の常務であるクラヲタ男の愛人という立場に甘んじるのは、仕方のないことでしょう。実力的には、彼女は「一流半」でしかないのですから。しかし、そのグァルネリの修理のために訪れた楽器職人から、「スペアに」ということで渡されたヴァイオリンに出会うことにより、彼女の運命は・・・。まあ、細かいことは実際に読んで頂き、かつて世間を騒がせた「芸大偽ガダニーニ事件」などによって明らかになった音楽家と楽器商との癒着の実体や、その楽器商が扱っているオールド・ヴァイオリンの知られざる素性といった、生々しい現実までをも味わってもらうことにいたしましょう。
このような、単行本1冊分の内容を、2時間のドラマの中に収める場合、どうしても時間が不足してしまうという事態が生じるのは、物理的には致し方のないことです。そんな状況の中で、今回のドラマの場合、ほとんどのエピソードをくまなく織り込んだ点は、評価されるべきでしょう。この物語はいわばミステリーですから、全ての伏線を提示するのが最低限求められること、その意味ではこのドラマには何の疑問のない完璧なプロットが出来上がっていました。ただ、最後の部分、主人公が音楽家としてそれこそ「変身」するというくだりは、若干説明不足のような感は免れませんが、それは些細な傷でしょう。
しかし、やはり時間的な制約の影響は見られ、本筋とはあまり関係のない部分に多少の省略がなされてしまっていました。それは、主人公の楽器を修理する楽器職人の経歴についてなのですが、原作ではきちんとドイツ帰りの他の職人に弟子入りしてヴァイオリン作りを学んだことになっているのが、ドラマでは単なる仏壇職人が全くの独力でヴァイオリンを作るようになったとされているのです。普通にドラマを見ている人には、たいして問題になるようなことではありませんが、我々クラシックファンにとっては、これは一大事です。いくら天才といえども、ヴァイオリンという楽器は見よう見まねで作れるようなものではないはず、ましてや、それがイタリアのオールドに匹敵するほどのものになることなどあり得ません。もちろん、それを真似た精巧な偽物なども、作れるはずがありません。
この楽器職人の回想の場面で、バロック・ヴァイオリンとモダン・ヴァイオリンとの違いに言及している部分が原作にありますが、ここもドラマではカットされていました。しかし、これは逆に、極めて適切な処置だったのでは、と思えます。最近の音楽界における「オリジナル楽器」の隆盛はめざましいもの、それに伴って、例えばバロック・ヴァイオリンに関する情報などは日々更新されています。しかし、ここで描かれているのは、その様な「新しい」情報ではなく、旧態依然とした「古い=誤った」情報に基づくものなのです。それは、1992年の初出の段階では許されても、文庫化され、さらにドラマ化された2005年以降には到底通用しないものです。ドラマの制作者がそこまで考慮したとは到底思えませんが、結果的には活字メディアよりははるかに露出度の高い映像メディアで、その「誤った」情報が流れるという事態は避けられたのです。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2006-10-13 00:19 | 書籍 | Comments(0)
M.HAYDN/Requiem



Werner Ehrhardt/
Kammerchor Cantemus
Deutsche Kammerakademie Neuss am Rhein
CAPRICCIO/71 084(hybrid SACD)



このCD、ミヒャエル・ハイドンの「ハ短調のレクイエム」の「世界初録音」となっています。こちらでご紹介したように、あのモーツァルトのニ短調のレクイエムにも影響を与えたとされる「ハ短調」のレクイエムには、すでにいくつかの録音がありますから、これは何かの間違い?と思っても、やはり珍しい曲であることには変わりはないので、一応購入してみました。そして、現物を手にしてよく見てみたら、ミヒャエル・ハイドンの作品番号である「MH」番号が、前のものとは異なっているので、まずは一安心です。すでにあったものは「MH 155」、1771年の作品ですが、今回は「MH 559」、これはずっと後の1792年以降に作られたものだということです。
この、言ってみれば「レクイエム第2番」、自筆稿は残っているのですが、作曲家の生前には演奏されてはいませんし、それ以後も演奏された形跡はないというのです。もちろん出版もされてはいません。この時代、通常こういう曲は特定のパトロンからの委嘱によって作られるものなのですが、その様な事実もないということで、これはハイドンが個人的に親しかった人の死を悼んで作っていたんでは、という推測が成り立ちます。そして、その人というのが、そう、それこそザルツブルク時代に何かと親交のあった、あのモーツァルトだったという可能性だって、なくはないのです。
そう思って、今回世界で初めて「音」になったこのCDを聴いてみると、まさにモーツァルトと、そして彼の絶筆となったレクイエム(ウィーンで初演されたのは1893年ですから、ザルツブルクにいたハイドンがそれを聴いて実際に自作に反映させたかどうかは謎ですが)へのトリビュートとして感じられてくるから、不思議です。あたかも「第1番」の中にあったモーツァルトの作品の萌芽が、「神童」の手によって花開くのを見届けたかのように、この作品の中には前作にはなかった多様で充実した世界が広がっているのを、誰しもが認めないわけにはいかないはずです。
ソリストを伴わない、合唱とオーケストラだけの編成、しかも、「Requiem aeternam」という歌詞の「Introitus」には曲が付けられてなく(実際に典礼で使うときにはグレゴリオ聖歌を使うつもりだったのでしょう)、いきなり「Kyrie」から始まるというちょっと変わった構成が取られています。そして、前作よりも格段のヴァラエティを持つようになったのが、7つの部分に分けられている「Dies irae」です。最初の「Dies irae」の激しさはまさにモーツァルトの作品の中にあったもの、その曲の後半となっている「Tuba mirum」も、アイディアとしてはかなりモーツァルトに近いものが感じられます。実は、そんな細かいことよりも、後半の「Sanctus」や「Benedictus」の最後の「Hosanna」の部分に、目も覚めるようなポリフォニックな処理が施されていることに、注目すべきなのかも知れません。この壮大なフーガは、まさにモーツァルトの「Kyrie」の二重フーガに匹敵するものではないでしょうか。
さらに終曲「Agnus Dei」には、ハイドンならではの素晴らしいアイディアが散りばめられています。後半「Commnio」の部分で「Cum sanctis tuis」という歌詞のところからは、やはり見事なフーガが展開されるのですが、それが一瞬収まると、なんとア・カペラで「quia pius es」と歌われるのです。その美しさといったら。そしてその後に、初めて「Requiem aeternam」の歌詞が出てくるという仕掛けです。その後、テキストに従い、音楽は「Cum sanctis tuis」のフーガに戻ります。そして、続くア・カペラの合唱で全ての曲の最後を迎えるという意表をついたエンディングには誰しも唖然とすることでしょう。2度目にそのア・カペラが出てくる頃には、そのテーマは実はフーガの中にすでに散りばめられていたことに気づかされます。何という巧みな技でしょう。
実は、ハイドンにはもう一つ1805年に着手したレクイエムがあるのだそうですが、これは翌年彼が亡くなってしまうため完成はされなかったという、まさにモーツァルトの曲のような運命をたどっています。この「第3番」が録音されて、私たちの耳に届く日は来るのでしょうか。その時には、この「第2番」のような余裕のない演奏ではなく、少なくとも合唱に関してはもっとハイレベルなもので接したいものです。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2006-10-10 23:33 | 合唱 | Comments(0)
Sendai Classic Festival 2006
 ブログ版の「おやぢ」、最近は確実にアクセス数が増えているという感触があります。ごくたまにですが、瞬間的に300/日などというすごい数字が出たりして、「ウソだろう」とびっくりすることもあったりします。前後の流れから、ちょっとこんな数字はまずあり得ません。ただ、ここで確認できるのは単なる1日あたりのアクセス数だけ、しかし、もっと詳しいアクセス解析も、別の登録をすれば可能になる、という表示が、最近目につくようになってきました。そこで、どれほどの「解析」が出来るのか、という興味があって、その「登録」とやらを行うことにしてみましたよ。実際には、「アクセス解析」と言うにはほど遠いちゃちなものでしたが、それでもリンク先のプロヴァイダぐらいは分かります。そして、日々のアクセスが、今までの3倍近くになっています。これはつまり、単なる表示の違いなのですが、今までのは「ユニーク・アクセス」という、一人の人が何回アクセスしても「1回」としかカウントしない、実質的なアクセス数なのに対し、今回のものは無制限にカウントする「トータル・アクセス」だという違いなのです。そうなると、毎日常に3桁の数字が計上されることになりますから、これはなかなか気持ちのいいものですね。ですから、さっきのあり得ない数字というのは、おそらくこの「トータル」の分が流れ出してしまった結果なのでしょう。
c0039487_1423294.jpg
 そんな自己満足に浸っている間、この連休の3日間、「仙台クラシックフェスティバル」というものが開催されていました。地下鉄沿線の青年文化センターと楽楽楽ホールを中心に、クラシック音楽を親しみやすい形で提供しようという、どこかで聞いたことのあるような企画です。「せんくら」という、何とも力の抜けるような略称を最初から連呼して、ひたすら市民の中に浸透したような錯覚を植えつけようとした努力の甲斐があったのか、なかったのか、私には知るよしもありませんが、とりあえずきのう、一つのコンサートに行ってきました。
 一つのコンサートは休憩なし、45分で終わるようになっています。その2人の歌手によるリサイタルは、出演者が自らMCを行ったり、曲目もよく知られている歌ばかり、あっという間に終わってしまったような印象があります。普段2時間近くのコンサートを普通に経験している身には、いかにも中途半端な感じは避けられませんでした。こういうのが「初心者」に対する配慮なのかどうかは、私には分かりません。ただ、開場が開演の15分前というのは、いかにも遅すぎます。これではゆっくりトイレに行っている暇もありませんし、そもそも開場前の狭いロビーの混みようといったら、ひどいものでしたから。多くの出演者を同じ会場で演奏させるのですから、当然リハーサルの時間も取らなければいけないのでしょうね。その結果、何とも慌ただしいコンサートが出来上がりました。やはり「クラシック」にはジックリと落ち着いて接したいというのが、正直な感想です。
 もう1点、受付でプログラムのようなものをもらえるのだと思ったら、何も渡されませんでした。ただ、会場にはそれらしきものを持っている人もいるので、ロビーに出てみたらテーブルの上に山積みになっていて、ほしい人は勝手にもっていくということのようでした。これもすごく不親切、他の会場で入手している人もいるので、あえて渡さなかったのでしょうが、せめてこういうものがあるということのアナウンスぐらいあっても良かったのでは、と、思ってしまいました。あと、あのスタッフが着ていたダサいベストは、ぜひとも来年はやめてもらいたいものです。私としてはヤンキーっぽいハッピなんか、インパクトがあって良いのではないかと思うのですが。顔にペイントをしたりして(それは、同じ時期にやっている「ヨサコイ」のコスチューム)。
 もう自分の出番の終わったヘルムート・ドイッチュが、すぐ前の席に奥様と一緒に座っていたのを見られたのが、最大の収穫だったでしょうか。
[PR]
# by jurassic_oyaji | 2006-10-09 20:34 | 禁断 | Comments(0)