人気ブログランキング |
おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
タグ:オペラ座の怪人 ( 1 ) タグの人気記事
日本のアマゾンで、外国のスコアも買えます
 私はお酒は飲めませんし、ファッションにも全く関心がないので、酒代や洋服代などはほとんど使いません。まあ、楽器もそこそこ満足できるものを持っているので、これ以上新しいものが欲しくなることはまずないでしょう。
 その代わりといっては何ですが、CDと楽譜は結構買ってますね。CD(もちろん、SACDとか、場合によってはLPも)は、クラシックの新譜情報サイトで毎日チェックして、本当に必要なものだけを通販サイトで買うことにしているのですが、厳選して買っているつもりなのに、ついに1回も聴くこともなく山積みになってしまうこともありますね。
 もう今では、少なくとも仙台市内ではお店に行って買うことは全くなくなりました。だって、欲しいものは全く店頭にはないんですからね。そもそも、かなり大きなCD屋さんでも、クラシック売り場と言ったら片隅の小さなスペース、そこにあるのは人気のある「売れそうな」CDばっかりですから、そんなものには全く何の興味もわきませんからね。というか、クラシックのCDはそもそも「売れる」ものじゃないんですからね。それを無理に売ろうとするから、本当につまらないものばかりが蔓延することになるのですよ。私が欲しいと思うものは、おそらく全国でも何十枚ぐらいしか出回らないようなものばかりですからね。そんなものが店頭にあるわけがありません。
 ですから、私にとってCDの通販サイトはもうなくてはならないものになっています。ここだったら、待ってさえいればどんなレアなアイテムでもほぼ間違いなく手に入りますからね。
 ただ、その決済はクレジットカードで行うことになっているので、たまに厄介なことが起こります。今日届いたメールでは、「出荷準備のために決済を行おうとしたら、カードが使えなくなっていました」というものでした。たしかに、最近前のカードの期限が切れたので新しいカードが届いたばかりでした。ただ、私は直後にそのサイトで、ちゃんと更新情報を登録してあったのですけど、こんなことが起こってしまったのです。
 つまり、このサイトでは何枚かまとめて注文すると最大で40%も割引されることがあるので、いつもそういうセールを狙って注文しているのですが、そのためにかなり先にならないと入荷しないものを一緒にしないと数がまとまらないので、注文してから数ヶ月経ってから発送ということがよくあります。ちょうどその間にカードの更新があったので、注文を受けたときには問題はなかったものが、発送の時に決済しようとして引っかかったのでしょうね。そういうこともきちんと引き継いでもらえているのだと思って更新したのですが、それはこのサイトの能力を超えたことだったのでしょう。仕方がないのでもう一度新しいカード情報を入力して、手続きが進むようにしましたよ。
 結局、安く買おうと思っても、すぐにでも聴きたいものは一緒にしない方がいい、ということにもなりますよね。まあ、そのあたりの見極めが微妙で、注文してから入荷日が2、3か月伸びてしまうようなことはざらにありますからね。あ、もちろん、私が買うのはほぼ輸入品です。クラシックの国内盤CDで買いたいと思えるようなものは、まずありません。
 楽譜もいろいろ買ってますが、これは別にクラシックには限りません。この間、パフォーマンス広場で練習をしていた時に、遠くの場所にフルートの人がいて、その音が聴こえてくるのですが、その人が吹いていたのが「オペラ座の怪人」のナンバーでした。それが結構素敵に聴こえたので、その楽譜が欲しいと思いました。さっそくこれも通販サイトを検索したら、「オペラ座の怪人」だけでもたくさんの種類がありましたね。つまり、ピアノ伴奏と歌が入ったヴォーカル・スコアのほかに、フルート版とかサックス版など、ほとんどの楽器のバージョンが揃っていたのですよ。ですから、私は迷わず「フルート版」を注文しました。
c0039487_21344348.jpg
 これは海外取り寄せだったようで、届くまでに少し時間がかかりました。そして、その外国から届いた荷物を開けてみると、楽譜がえらく薄いんですね。それはなんと、フルートのパート譜だったのですよ。
c0039487_21344341.jpg
 普通、こういう曲集を買うと、まずはピアノ伴奏が付いたスコアがあって、その付録としてパート譜が付いてくるものなのですが、これはパート譜だけ。ちゃんと伴奏が間奏を弾いている間の休みの小節まで入っていましたよ。
 でも、このフルートパートの伴奏用の楽譜は、そのサイトでは見つかりません。ヴォーカル・スコアはサンプルで中身が一部見られるようになっているのですが、それはこのフルート版とはキーが違っていました。たしかに、このフルート版はまさにフルート向きのキーになっていましたからね。困ったものです。
 仕方がないので、ひたすらソロで吹いてます。まあ、そのうちトランスポーズの機能の付いた電子ピアノでも買ったら、ヴォーカルスコアも買ってみましょうかね。
by jurassic_oyaji | 2019-02-08 21:37 | 禁断 | Comments(0)