人気ブログランキング |
おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
タグ:ヴァレンタイン ( 1 ) タグの人気記事
今週は木、土、日が練習
 明日はヴァレンタインデーなんですね。ラジオなどではもうその話でもちきりですが、いつの間にか、この日は「好きな男性にチョコレートを贈る日」ではなく、「自分のためのご褒美にチョコレートを買う日」に変わっていたのだそうですね。どの番組のMCもほぼ同じことを言っていましたから、きっと本当のことなのでしょう。いったい、誰がそんなことを決めたのでしょうね。
 いや、そもそもこの記念日には花束を(男性から)贈るというのが「本場」の習慣だったはずですから、それを(女性からの)チョコレートに変えた時点で、その首謀者は明らかです。そして今度は、その「用途」を「拡大」するために、「好きな人」というめったにはいない人だけではなく、「自分」という、「どこにでもいる人」をターゲットにしてみようと、首謀者たちは考えたのでしょうね。それにまんまと乗せられて(というか、片棒を担いで)ヘビーローテーションを展開しているのが、MCたちなんですよ。
 まあ、それはそれとして、明日はたまたまニューフィルの練習日ですから、おそらくチョコレートを受け渡しする「現場」に立ち会えることでしょう。
 その時には、チョコレートだけではなく、今度の定期演奏会のチラシとチケットも渡されるはずです。先週には印刷が出来上がってきたのですが、ついさっきまでそれを袋に詰める作業を手伝っていました。私が着いたころにはもうほとんど作業が終わっていて、私はもっぱらポスターを丸めるのを手伝っただけですけどね。それで、そのチラシとポスターは、団員だけではなく、市内外さらには県外までの多くの施設に展示されることになるのです。そう、また、私もチラシ配りに忙殺される日々が始まることになるのです。
c0039487_22283434.jpg
 これがチラシとチケットの現物です。チケットに同じフォントで曲目が書いてありますが、今回はすべての曲目の字数が全く同じになるという珍しいことが起こっていました。

デュカス/魔法使いの弟子(12字)
ラヴェル/スペイン狂詩曲(12字)
ベルリオーズ/幻想交響曲(12字)

 ねっ、ですから、印刷して並べるときっちり縦横が揃ってくれますよね。これは、最初に公式サイトに掲載した時に気が付いていましたから、なんか特別な感じがしましたね。ですから、例えば1曲目などは「交響詩『魔法使いの弟子』」と書くこともできるのですが、それはあえて避けて、この「奇跡」を大切にするようにしていました。
 残念ながら、チラシやポスターでは、メインの曲を大きめのフォントにしたために、そのような意図は全く伝わらなくなってしまいました。まあ、それが穏当なところ、プロのデザイナーの仕事なのですから、仕方がありません。
 でも、確かにメインは尺が長いので大変ですが、練習していて大変なのは、もっぱら「小さな字」で印刷されている曲の方なんですけどね。私の場合、「魔法使いの弟子」でも1番フルートなのですが、その大変さと言ったら想像を超えていました。さらに、その大変さが、おそらく聴いている人にはほとんど伝わらないだろう、というのが悔しいですね。おそらく作曲家も、これが楽譜通りにきちんと聴こえることなんか期待してはいなかったのではないか、というような気さえしてきます。
 「スペイン狂詩曲」では2番ピッコロなので、音自体はそんなに面倒ではないのですが、全体の中にはめるのがとても大変です。そもそも、こういう音楽にニューフィルのメンバーは慣れていないので、そういうセンスがあまり身についていないのでしょうね。
 それに比べたら、「幻想交響曲」はとてもすっきりしていて吹きやすいですし、魅力的なソロもたくさんあるので、うまくいけばとても楽しく吹くことが出来そうです。問題は「うまくいかない」時もあるということでしょうか。いまだに、練習会場で音を出すと、コンディションがボロボロになってしまうことがあるんですよね。そうならないためには、ひたすら練習を重ねるしかないと思っているのですが、もう今週末には篠崎さんがやってきますからそんなことは言ってられません。
by jurassic_oyaji | 2019-02-13 22:34 | 禁断 | Comments(0)