人気ブログランキング |
おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
タグ:仕出し ( 1 ) タグの人気記事
ジンジャーエールはありませんでした
 今日は、先日亡くなった母の四十九日の法要がありました。今までは、職場の書院に祭壇がまだ残っていて、その上に遺骨を置いてその前でお線香を上げたりしていたのですが、その遺骨も晴れて父親と同じお墓に納められ、母はやっと夫婦水入らずの生活ができるようになりました。
c0039487_21540256.jpg
 このお墓は、私の父親が亡くなった時に、父親の実家から分骨してもらったものを納めるために、母が建てたものです。ですから、母はだいぶ前から、ここに入ることを希望していました。ですから、ここにはその二人のお骨しか入っていません。父がここに入ったのは40歳の時、母は90歳の時でした。私は、何歳で入ることになるのでしょうね。
 納骨が終わると、会館(ニューフィルがかつて練習に使っていた場所)で会食となりました。お葬式と同様、個人ではなく職場としての法要ということで、出席者の半分以上が和尚さん、さらに残りの半分以上が職場の世話人さんという編成なので、親族はほんの10人足らず、まあ、かなりフランクな雰囲気の中での会食となりました。
 この会場でそのような会食は毎週のように行われているのですが、私自身がそこに参加した、というのはこれが初めてのことでした。いや、だいぶ前にそんなことがあったような気もするのですが、今ではそのあたりの状況がガラリと変わっているのには驚かされます。お料理は仕出し屋さんに頼んだのですが、そのスタッフがものすごい人数、まるで、結婚披露宴ぐらいの規模なんですね。そこで、コース料理が、まさに披露宴のようなタイミングで次々に運ばれてくるのですよ。飲み物も、一角にカウンターが設置されていて、日本酒からワインまで好きなものを頼んで飲めるようになっています。
c0039487_21540307.jpg
 これが、そのメニューです。
c0039487_21540275.jpg
 手前左がなんたらマリネ飾り、右がお造りですね。奥にあるのが、アンコウの紙鍋です。
c0039487_21540208.jpg
 そして、奥の左がサーロイン。手前にワイン塩とぽん酢があります。ワイン塩って初めて使いましたが、絶品でしたね。
c0039487_21540258.jpg
 びっくりしたのが、この釜飯。本当の炊き立てでしたよ。いったいどこで作っていたのでしょう。一応ここには厨房もありますが、こんなことができるような設備はないはずですからね。
 この仕出し屋さんのサイトに行ってみたら、どこにも「仕出し」という言葉はありませんでした。その代わりにあったのが「ケータリングサービス」という言葉です。この二つの言葉は全く同じものだと思っていましたが、本当は全然別のものだったことがよく分かりました。
 この仕出し屋さんは、実は大手葬儀社の直営でした。お葬式の時に行った火葬場でも、同じところがレストランで入っていて、それはもう、葬儀社のスタッフとは見事な連携をとってサービスを行っていました。それは、まさに結婚式と同じレベルでのサービス、もう葬祭ビジネスは、昔とはすっかり様変わりをしていることをその時に実感していましたが、改めてそんな現状を知らされた気がします。
by jurassic_oyaji | 2019-01-25 21:55 | 禁断 | Comments(0)