人気ブログランキング |
おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
タグ:平成 ( 1 ) タグの人気記事
もうOHPなんかは使いません
 きのう、免許証の書き換えに行ってきました。この前行ったのは5年前ですけど、なにしろ人がたくさんいてえらく待たされたような記憶があったので、できるだけ早く行くことにしてました。受付開始が8時半だというので、できればその前には着いていたいと、7時半に家を出ましたよ。免許センターがあるのは、いつも行っているユニクロのすぐそばですから、勝手知ったるルート、北四番丁大衡線を走れば30分もあれば着くだろうと思っていたのが甘かったですね。早朝の渋滞はある程度想定していたのですが、自宅からだと反対の方向だからそんなには混まないだろうと思ったのに、北環状線を過ぎたあたりから全く動かなくなってしまいましたよ。
 だけど、泉塩釜線との交差点では、右折車線は車が全然いませんでした。そのまま進むと、もう渋滞はすっかりなくなっていて、なんとか9時前には免許センターに着きました。そこで驚いたのは、駐車場がガラガラだったことです。いつもはかなり端しか空いてないので、入り口までずいぶん歩かなければいけなかったのですが、もう、入り口のほぼ真ん前に停められましたよ。
 ですから、受付も並んでいる人は全くいないという、もうここに何回来たかはわかりませんが、初めて見る光景が広がっていました。まあ、この日は雪が降っていましたから、そんな影響もあったんでしょうね。
 写真なんかを撮った後の講習も、9時20分からの最初の回に入れました。私の場合は、1回違反があるので5年間有効な免許はもらえますがゴールドではないため、講習は1時間です。前回まではそれが30分なので、気が付かなかったのですが、ここではゴールド免許の人と一緒に講習を受けて、そちらは30分で帰れるのに、我々はそのあともさらに30分の講習を受けなければいけないんですね。これはかなり屈辱的なこと、ゴールド組は名前を呼ばれて新しい免許証をもらったら続々と帰っていくのに、我々はそれを指をくわえて見ているのですからね。まあ、これがいやだったらもう違反はするな、というとても腹黒いやり方なのでしょうが、これは隠れて見ていたふりをして違反をでっち上げるのと同じぐらいのいやらしさですね。
 講習自体は、最近変わった法令などを重点的に説明してくれたので、なかなか有意義なものでしたけどね。特に、横断歩道で歩行者がいたときには停止しなければいけないというやつ。そういうことは知っていたので、私は極力止まるようにしていますが、実際は止まっている人はほとんどいませんからね。そこで知らされたのが、止まっている人の割合を調べた統計データです。全国平均でそれは5%なんですって。これはかなり衝撃的でしたね。さらに、なんと宮城県はそれが3%だというのですから、もう止まる人の方が珍しいことになっているのですよ。9割以上の人が平気で違反運転をしているのですから、これはまずいんじゃないでしょうか。それが、長野県あたりは50%のドライバーが止まっているんですって。やればできるじゃないですか。それでも、半分は違反なんですけどね。
 それと、自転車の走行も、違反が重なると6000円を払って講習を受けるという「罰」があるというのですね。これも初めて知りました。でも、その「違反」そのものが、おそらくほとんど自転車乗りは知らないのでしょうから、どうにもなりません。右側を走る逆走はいまだになくなりませんし、横断歩道では一時停止が義務付けられているのに、猛スピードで突っ込んでくる自転車がほとんどで、危なくてしょうがありませんからね。
 そんなわけで、1時間後に受け取った免許証がこれです。
c0039487_22483316.jpg
 個人情報や写真はぼかしを入れてあります。でも「平成36年」というのは、本当に印刷されていますよ。確かに、昭和の末期にはこんなのはありましたが、あの時はいつ年号が変わるか分からなかったので仕方がありませんでした。でも、今は確実にそれが変わって、こんな年号は絶対にありえないことが分かっているのに、なぜそれが印刷されているのでしょうね。というか、この世には「西暦」という便利な年号があるのに、なぜこういう時にそれを使おうという発想が出てこないのでしょう。まぎれもない国家行事であるオリンピックはきちんと「2020年」と言っているくせに。
by jurassic_oyaji | 2019-01-30 22:49 | 禁断 | Comments(0)