人気ブログランキング |
おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
タグ:幻想交響曲 ( 2 ) タグの人気記事
BERLIOZ/Symphonie Fantastique
c0039487_20120655.jpg





Jean-François Heisser, Marie-Josèphe Jude(piano vis-à-vis)
HARMONIA MUNDI/HMM 902503



ベルリオーズの没後150年でもなければ出ないような珍盤です。あの「幻想交響曲」をピアノ用に編曲したものを演奏しています。まあ、古くはリストあたりが作ったソロピアノ・バージョンがありましたが、今回は2台ピアノのための編曲、それを「1台」のピアノで演奏しているというのが最大の特徴です。
c0039487_20120700.jpg
これがそのピアノ。1928年に作られたプレイエルの「piano vis-à-vis(向い合せピアノ)」です。2台のグランドピアノを向い合せに合体すれば、こんな長方形に収まってしまうのでしょう。これだったら、ピアノ・デュオの演奏家の需要がありそうな気がしますが、なんでも70台ほど製造されただけで、もはや生産はされていないのだそうです。この楽器は、録音が行われたパリのフィルハーモニーの楽器博物館に保存されていたものなのだとか。
今回使われた楽譜は、ここで演奏しているピアニスト、ジャン=フランソワ・エッセールが30年ほど前から手掛けていたものだそうです。複雑に入り組んだベルリオーズのスコアをピアノで再現するには、やはり一人では限界があるでしょうし、二人で分担するにしても連弾では音域も限られてしまいますから、2台ピアノというスペックには期待できます。
実際に聴いてみると、まず「1台」の楽器ではあっても、アクションの位置は左右に離れていますから、定位はしっかりその位置になっていて、それぞれの奏者の分担ははっきり聴き分けることができます。そうなると、オーケストラでは隠れてしまってほとんど聴こえないようなパートのフレーズもしっかり聴こえてくるので、色々新しい発見もありました。ただ、やはりオーケストラとしてのサウンドはすっかり染みついているので、別にそのようなものが聴こえても、それがこの作品に対する価値を高めるものではないような気もします。
逆に、オーケストラでは弦楽器が弓の木の部分で演奏(コル・レーニョ)したり、駒のそばで演奏(スル・ポンティチェロ)するような指定があって、そこではとても効果的なサウンドが実現できることになっているのですが、残念なことにピアノではそのような効果を出すことは絶対にできません。本当にやりたければ、もう1台「プリペア」された楽器が必要になってくるでしょうね。
ただ、第5楽章でその「コル・レーニョ」をバックに管楽器がこんな難しいことをやっているような場面では、ピアノはその機能性を発揮できるはずです。
c0039487_20120747.jpg
これはフルートのパート譜ですが、そこに指定されているトリルは、長い音符では可能ですが、赤丸のような八分音符に付いたものは、まず楽譜通りに演奏することはできません。でも、ピアノだったら難なく弾けてしまう・・・と思っていたのですが、今回のCDではその八分音符の上のトリルが見事になくなっているのですよ。そんなに難しかったんですね。フルートで演奏できないのは当たり前でした。
実は、リスト版でもここはトリルではなく前打音でごまかされていましたね。
c0039487_20120764.jpg
ただ、さっきのリンクの演奏では、ここはその部分だけではなく、このパッセージの中の全てのトリルが省略されていましたけどね。
もう一つ、今回のCDで気になったのが、同じ第5楽章の「鐘」の音です。ここではベルリオーズはしっかりCとGの音を指定していて、今ではオーケストラで演奏するときにはそのピッチの鐘を使うことが当たり前になっています。さらに、作曲家は「不正確なピッチの鐘しかない時は、ピアノで演奏した方がよい」とまで言っています。それを、ここでは半音を重ねて、わざわざ「不正確」な音で演奏しているのですね。これは全く理解不能です。
c0039487_20120784.jpg
さらに、この二人のアンサンブルにもかなり問題があります。アインザッツが合わないところがかなりあるのですね。しかも、第1楽章の最後の「アーメン終止」(↑のreligiosamente以降)のように、絶対に合わせてほしいところでも全然合ってないのですから、どうしようもありません。

CD Artwork © harmonia mundi musique s.a.s.

by jurassic_oyaji | 2019-03-02 20:16 | ピアノ | Comments(0)
「ワーナー」のレーベルです
 きのうは、ニューフィルはパートごとの分奏の日、木管はトレーナーの先生を呼んで「幻想」全曲という予定でレッスンがありました。ただ、5つある楽章の中で、第2楽章にはファゴットが全く出番がないので、それは最後にやろうということでとりあえず第4楽章あたりから始めました。
 しかし、この曲は思いのほか難所が多く、1か所で引っかかるとなかなか先に進みません。結局、第4楽章→第5楽章→第1楽章まで行ったところで、第3楽章に手を付ける前に時間が一杯になってしまいましたよ。もちろん、ファゴットも先に帰るわけにはいきませんでした。
 ところで、この「幻想交響曲」を作ったベルリオーズは1803年に生まれて1869年に亡くなっているので、今年は「没後150年」になるということに、つい最近気が付きました。この曲をやることを決めたときには、誰もそんなことには気が付いていなかったはずです。というか、分かっていればチラシにも入れていたのに。まあ、きのう送った「企画書」にはかろうじて間に合いましたから。
 先日の指揮練での「幻想」のリハーサルのときに、篠崎さんは雑談で昔聴いていたミュンシュとパリ管のLPレコードでは、第3楽章の途中で盤を裏返さなければいけなかったというお話をされていましたね。篠崎さんが聴いていたのは国内盤でしょうから、「エンジェル」レコードだったはずですが、最初にEMIからリリースされたときのジャケットはこんなのでした。
c0039487_22013596.jpg
 ちょうどその裏返す場所(↓)には、フルートのソロがあるので、その話は私のタイミングがちょっとのろくて止められた時だったと思います。68小節目の赤線の部分で「A面」が終わるので、それを裏返すためにここで一旦音楽が止まってしまいますから、それが刷り込まれていてなんだかここで休まなければいけないような気になるのだそうです。もちろん、CDになってからはそんな必要はありませんから、普通に楽譜通りの演奏が聴けるようになったのですけどね。
c0039487_22013594.jpg
 ところが、その同じ録音のCDというか、新しくリマスタリングが行われたSACDが手元にあったので聴いてみたら、その場所にはしっかり4秒間の「空白」があったのですよ(05:05から05:09までの間)。
c0039487_22013549.jpg
 これは、「マスターテープから直接リマスタリング」というのが売りのSACDだったのですが、その「マスターテープ」というのは、おそらくカッティング用のマスターでしょうから、この曲の場合はA面用とB面用との2本が用意されていたのでしょう。その1本目は、当然第3楽章の68小節目の赤線の前で終わっていますから、その後にすぐB面用の2本目の頭をつなげなければいけません。しかし、それを行ったエンジニアはスコアが読めなかったのか、そもそもこの曲を知らなかったのか、そのつなぎ目に空白を設けてしまったのですね。
 実は、もう1枚、2001年にデジタル・リマスタリングが行われたCDもあったので聴いてみたのですが、やはり同じ場所に同じ長さの空白がありました。その時のリマスタリング・エンジニアと、SACDのエンジニアは同じ人でしたね。
 これは、NMLにも同じ音源があったので聴いてみたのですが、それも全く同じ状態でした。それはどんなマスターが使われているのかは不明ですが、現在入手できるデジタル・データは、すべてこの「空白入り」のものになっているということになりますね。
 でも、篠崎さんのようにLP時代の「幻想」を聴いて育った人だったら、逆にこれには何の違和感もないかもしれませんね。
c0039487_22013588.jpg
 イアン・ジョーンズというそのエンジニアも、もしかしたらそういう世代の人なのかもしれませんね。
 EMIがなくなって、今ではこの録音は「ERATO」というレーベルでリリースされています。NMLの音源もこれでしょうから、これにもしっかり「空白」が入っているんでしょうね。
c0039487_22013546.jpg

by jurassic_oyaji | 2019-02-20 22:03 | 禁断 | Comments(0)