人気ブログランキング |
おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
タグ:魔法使いの弟子 ( 1 ) タグの人気記事
主部はすべて3小節単位になってます
 きのうは私の誕生日でした。最近はFacebookでほかの人の誕生日のお祝いメッセージなどはほとんど送っていないので、そろそろ罰が当たるのでは、と思っていましたが、まだまだ見放されてはいなかったようで、結構なコメントが寄せられました。どうもありがとうございました。ただ、一番目のコメントの返事を書いた時に、うっかり私の実年齢を入れてしまったので、なんだかそれに反応したようなコメントが後に続いたというのが、もしかしたら罰だったのかもしれませんね。
 そんな高齢になっても、いつもの仕事は滞りなく終わらせることができました。きのう発行予定だった「かいほうげん」は、もう月曜日には印刷が終わっていましたからね。プリンターはかなり使い込んだ、それこそ年季の入った機種なのですが、最近は別にトラブルは起こさずに、黙々と印刷作業を行ってくれています。今回も、もう色むらすらないとてもきれいな紙面が出来上がっていたので、安心して任せられます。
 と思っていたら、なんだか、あるページだけでトナーの汚れが目立つという、ちょっと不思議な現象が起こっていたのに気が付きました。
c0039487_21540645.jpg
 こんな風に、ほかのページは何の異常もないのに、4ページ目、つまり2枚目の表の印刷の時だけ、このような、おそらくドラムに付いたその前のトナーが除ききれなかったために起こる汚れが発生していたのです。なぜ、この場所だけなのかは不明ですが、最初は何の異常もなかったものが、10枚ぐらいでこのようになってきて、さらにひどくなる、という感じですね。でも、一度印刷を停止すると消えてしまい、また出てくる、という繰り返しです。仕方がないので、本当は全部まとめて印刷したかったのですが、それを10枚ごとに切って行うというやり方に変えました。こんな現象は、おそらくサービスの人を呼んでも再現できないはずですから、これはもう少し様子見です。たぶん、こんなのに当たった人はあまりいないはずでしょうし。
 あとは、一応私もなぜか担当に加わっている印刷物も、デザインの決定稿が出来たので、晴れて公開することができました。もう公式サイトやFacebookには出ていますが、こういうのです。
c0039487_21540686.jpg
 別に私がデザインしたわけではなく、私たちは出来てきたデザインに感想を述べて、よりよいものに仕上げる、という立場だったのですが、今回はその「感想」がかなり過激だったので、大幅に手直しをお願いすることになってしまいました。いわば「難産」だったんですよね。まあ、その結果、素晴らしいのが出来上がったので、まずは一安心です。こんなこともたまにはあります。
 練習の方は、「魔法使いの弟子」の3回目の合奏です。前曲は1回おきにしか合奏はやらないというスケジュールなので、なかなかやれません。それを、きのうはほぼ本番に近いテンポで押し切るという無謀なことをやっていたので、もうついていくのに精いっぱい、とても大変でした。でも、そのおかげで、今までのようにやみくもに自分のパートだけを練習していたのでは到底うまくいかないことがはっきり分かってきました。ほかのパートをきちんと聴いてそれに乗っていさえすれば、いずれは指も回ってくるのではないか、という気がします。
 つまり、今日になってスコアをきちんと見てみたら、木管が必死になって格闘しているところのまわりではいともシンプルなテーマが演奏されていて、それがきちんと3小節ずつに分けられていることが分かりました。そして、その時の木管も、きちんと3小節ごとにグルーピングが出来ていたのですよ。それに気が付いてしまうと、しっかりそのへんてこなフレーズたちに意味が見えてきました。というか、こんなことはもっと早い段階で気づくべきだったんですけどね。
 これで、次の合奏の時には、完璧に吹くことができるようになっていることでしょう。おそらく。
by jurassic_oyaji | 2019-01-23 21:56 | Comments(0)